よさこい祭り


神戸税理士が送るよさこい

プロフィール

TAM

  • Author:TAM
  • 製造◆昭和良年長月晦日
    形式◆男性♂
    住所◆関東州横浜市
    出身◆四国州新居浜市
    仕事◆広告業
    趣味◆旅行、写真、ギター
    性格◆冷静かつ大胆
    出没◆横浜・川崎界隈
    好物◆讃岐うどん
    常備◆富士ミネラル麦茶

    本家◆広告業界渡り鳥

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

img340.jpg

長~い冬が明けると祭りのシーズン。年中よさこいをやってる関東地方とはいえ、一定規模以上の大会が開かれるのはやはり春になってから。今年も続々と祭りが開催され、さっそく日程の重複という事態も起こっている。

3月19日~20日 がんこ祭り2006:今年で6回目の開催となるこのイベントは、「浜松よさこい祭り」と呼ばれていたものをリニューアルし、名称変更したもの。今回から地方車使用によるパレードも導入され、より多くのチームが踊れるよう8会場が用意されている。参加は100チームを予定。

4月2日 よさこいアリラン:「ワンコリアフェスティバル」の一環として開催されるよさこいイベント。2年ぶりに開催されるこのイベントは代々木公園で行われ、前回以上の出場チームを見込む。会場はステージと流しがあり、流し会場はスーパーよさこいでお馴染み、NHK前けやき並木ストリートを使用する。

4月2日 よさこいチャリティーライブ:船橋で行われる屋内型よさこいイベント。出演はREDA舞神楽、CHIよREN北天魁、飛翠迅、旗士団。会場は船橋市民文化ホール、入場料は前売り500円、当日600円。

4月23日 大師よさこい:「かわさき楽大師」昭和まつりの一環として昨年から始まったよさこいイベント。川崎大師隣の大師公園にメインステージを置き、昭和まつり会場内や表参道、仲見世前でも演舞を行う。今年は開催規模を拡大し、全50チームの参加を見込む。

4月22日~23日 あっぱれ富士:富士市で行われるよさこいイベント。今年で4回目の開催となるこの大会は、22日が前夜祭、23日が本祭で、静岡県下を中心とした約40チームが参加する。

5月20日~5月21日 湘南よさこい:一昨年「須賀よさこい」として始まったこの大会、今年から2日間の開催となり規模が大幅にアップ。湘南スターモール流しをはじめ、馬入ふれあい公園の平塚アリーナや公園内での定点踊りもある。ゲストは関西京都今村組。

4月2日は「よさこいアリラン」と「よさこいライブ」が重複しているが、筆者的には欧米で有名な超日本的神事「かなまら祭り」と重複しているのが一番痛い。

◎がんこ祭り2006
http://hamayosa.com/
◎よさこいアリラン(ワンコリアフェスティバル)
http://www.onekoreatokyo.com/
◎大師よさこい(かわさき楽大師)
http://www.e-daishi.net/
◎湘南よさこい
http://www.sukayosakoi.com/
◎あっぱれ富士
http://fuji4351.hp.infoseek.co.jp/
◎かなまら祭り(若宮八幡宮)
http://tomuraya.co.jp/wakamiya.htm

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

honiyasuper.jpg

写真を撮っていると、時々現れる白いもやのようなものや光の輪。風景写真によく見られる現象だが、よさこいの写真にもたまにこれが出現する事がある。これらはカメラやレンズの構造によって起こるもので、強い光源があるとそれがレンズ内部で複雑に反射し、画面を白っぽくしたり、時に円形や多角形の輪を作ったりもする。一般的に前者のような白かぶりをフレア、後者のような形のはっきりしたものをゴーストといい、どんなカメラでも一定の条件を満たせば起こってしまう。

例に挙げたほにやの写真は、画面中央部に緑色の光の玉が複数見える。これはまといのお兄さんの歯こぼれではなく、また彼が里見八犬伝の犬士というわけでもない。ではなぜこのような写真になったか、それは後方にある照明の光に起因する。カメラのレンズは、何枚かを組み合わせてひとつのレンズになっていて、光はそれぞれのレンズやカメラ内部で複雑に反射し、フレアやゴーストを生む。オーブと呼ばれる光の玉はストロボ光の反射によるっておきるが、フレアやゴーストは太陽光や強い光源に起因し、程度の差はあれ高価なカメラ&レンズでも起こりうる。

夢のない話だが、これは心霊写真とは一切関係のないただのミスショット。(心霊写真なんて滅多に撮れないのだ) しかしこの現象をうまく使えば、より効果的な写真を撮る事もでき、南の島の灼熱の太陽とか、朝日の当たる巨大なビルとか、その風景をきらびやかに見せる事も可能。この写真は狙ったわけではない、偶発的なショット。しかしそれが面白い効果を出す事もあるので、とりあえず写真集には入れてみた。いずれは自分の後ろに現れる「オーラ」も撮ってみたいと思う。江原さんにシャッター押してもらおうかな(笑)

※タイトルの本当の意味がわかった人はどのくらいいるんだろう?

◎オーラの泉(テレビ朝日系列)
http://www.tv-asahi.co.jp/aura/

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

20060117124415.jpg

JTといえばタバコの会社。正式名称は日本たばこ産業(株)といい、民営化前は日本専売公社という国有会社だった。そのJTが1月12日より「ひろえば街が好きになる運動」というCMを全国で放映し始めた。祭りとゴミ拾いを一体化させたこのCMは、青森ねぶた祭り、高知よさこい祭り、徳島阿波踊りの順で流され、キャンペーンの様子を祭りごとに伝えている。

よさこい祭りのシーンは「十人十彩」と「上町よさこい鳴子連」が登場し、十人十彩の踊りから、上町の踊り子がゴミを拾うカット(静止画)になって、最後に16分割のマルチ画面になる。その間15秒、追手筋周辺での「ひろえば街が好きになる運動」の様子は、参加した人々の笑顔で締められる。清掃活動の人数1451人、集めたゴミの総重量725kg、これが高知での実績。阿波踊りの3722人、1866kgには及ばないが、祭りの規模を考えるとまずまずの成果を残したといえよう。

祭りの収録は2005年8月。CMは全国版(60秒/30秒)と北海道版(30秒)があり、北海道版は最後にさっぽろ雪まつりの告知が入る。もちろんよさこい祭りがYOSAKOIソーラン祭りに差し替えられる事なく(笑)、全国版を短く編集したものがそのまま流されている。ラストのわずかなカットも高知よさこい祭りなので、お見逃しないよう。

◎JT・TVCM(全国版)
http://www.jti.co.jp/sstyle/manners/ad/change/tvcm/tvcm03.html
◎JT・TVCM(北海道版)
http://www.jti.co.jp/sstyle/manners/ad/change/tvcm/tvcm04.html

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

DSCF0002.jpg

近所のスーパーの前を通りかかると、「よさこい高知県産なす」という箱がいくつも積まれていた。中身は普通のなすで、箱の横には高知なすのイラスト・ロゴと、高知県商協連という文字が書かれてあった。高知なすといえば、高速道路をガンガン走るトラックをイメージするのだが、通常そのトラックにはよさこいの文字はなく、大きな高知なすのロゴが貼ってあるだけ。何でよさこいなんだろう? というよりも「よさこい高知県産なす」って何?

高知で行われた国体は「よさこい高知国体」、ウエスタンリーグの高知秋季教育リーグは「よさこいリーグ」、芋菓子で有名な高知・渋谷食品のケンピは「よさこい」と、高知にはジャンルを問わずよさこいの名前が付くものが多い。しかし漬物・水なす工房の「よさこい」は大阪、ふじ乃の和菓子「よさこい」は埼玉、「よさこいラーメン」があるのは札幌と、他所でよさこいとは関係なくネーミングされているものもかなりある。よさこい=高知だったものが他県でも名乗られるようになり、それが現地の名産として定着すると本家も黙っていられない、だからよさこい高知県?

食べると踊りたくなったり、夜に出かけたくなったりするわけでもない「よさこい高知県産なす」。 しかし冬の出荷量は全国一、 夏のピーマンと並んでいまやその地位は不動のものとなった。という事は「よさこい高知県産ピーマン」なんて箱にも、そのうちお目にかかれるかもしれない(笑)

◎渋谷食品「よさこい」
http://deepsea.cup.com/sibuya/gaiyou.html
◎水なす工房「よさこい」
http://www.mizunasuyosakoi.com/
◎ふじ乃「よさこい」
http://www.kawagoe.com/fujino/order_yosakoi.html

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

P1000255.jpg

写真を撮っていると、たまに不思議なものが写っている事がある。2005年の高知よさこい祭りでは約3000枚の写真を撮影したが、そのうちの1枚に気になるものがあった。全国大会の日、ゴール付近で撮ったのがこの写真。ほにやの旗手(まとい)の前に金色の月が出現している。女の子が手から投げたように見えるこの月の光の正体は、いったい何なのだろうか? 写真を拡大してみてみると、光はエッジのはっきりした綺麗な三日月になっていて、背景の発光体でない事が確認できた。

ほにやの2004年の作品はかぐや月。この時の衣装には、胸に光る三日月が付いてて、形も角度もかなり近い・・・。1年前の月の光が追手筋に突如出現!? 何から何まで摩訶不思議なこの写真、あえて写真館には掲載しなかったが、ずっと気になっていたのでブログにて公開。チームに渡した写真ディスクには入れてるので、関係者は見てると思うが(表紙にも使ってるので)、全国のファンから送られてくる大量の写真に埋もれて、もうどこにあるかわからないかもしれない。

どっちにしても気になる写真、でもなぜこうなったのかは何となくわかってたりして。(もちろん無加工無修正)

◎第52回よさこい祭り
http://4.pro.tok2.com/~tam/kochi/

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

P1000122.jpg

最近フジテレビや日本テレビなど、東京キー局でよく流れている住宅情報館というCMがある。箱根駅伝を見た人は何度かそれを目にしてると思うが、実はこのCMで踊っているのは、よさこいチームのメンバー。「城南建設グループ&JDS舞魂神童子」は、昨年結成されたカレッジJDS所属のキッズチーム。ハマこいや川崎大師サマーフェスタ、かわさき市民祭りなど、地元川崎をベースに活躍し、ハマこいでは初出場で優秀賞を受賞している。

カレッジJDSは、かつて横浜三越獅子丸舞魂というチームを出していて、一昨年のハマこいでは見事大賞を受賞している。横浜三越閉店に伴いチームは解散したが、そのスタイルを引き継いで出来たのがこのチーム。大人チームからキッズチームへリニューアルされたものの、キッズとは思えないようなエキサイティングな演舞を披露する。

ローカルでよさこいチームが出演しているCMはよくあるが、首都圏では意外と少く、筆者の記憶にあるのは桔梗屋のCM(甲斐◇風林華山)くらい。これもローカルで流れていただけなので、在京キー局でそれらの類が流れているのは見た事がなかった。液キャベというのはあるけど、あれは元々バーチャルだから比較の対象外。そういう意味で今回のCMは、プライムタイムや正月特番に流れた初めてのよさこいチーム出演CMだといえる。但し、JDS舞魂神童子はダンススクールのチーム、スタイルはよさこいというよりもハマこい、いや、ダンス&ショーといった方がいいのかもしれない。よって当然のごとくCMでは鳴子を持ってない。

◎カレッジJDS
http://www1.u-netsurf.ne.jp/~jds/index.htm
◎住宅情報館
http://www.jounan-kensetsu-grp.jp/

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

| ホーム |


 BLOG TOP