よさこい祭り


神戸税理士が送るよさこい

プロフィール

TAM

  • Author:TAM
  • 製造◆昭和良年長月晦日
    形式◆男性♂
    住所◆関東州横浜市
    出身◆四国州新居浜市
    仕事◆広告業
    趣味◆旅行、写真、ギター
    性格◆冷静かつ大胆
    出没◆横浜・川崎界隈
    好物◆讃岐うどん
    常備◆富士ミネラル麦茶

    本家◆広告業界渡り鳥

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20061128180502.jpg

中央公園に到着すると、ステージ脇には横浜百姫隊がスタンバイしていた。この時間帯はかなり賑わっているんだろうと思っていたら、ステージ前は拍子抜けするぐらい人が掃けていて、すんなりセンターど真ん中に陣取る事ができた。チームはアーケードで捕らえていたのだが、本町との間にある信号がなかなか変わらず、道路越しにゴールを見るに留まっていた。まぁステージが得意なチームなので、アーケードよりも中央公園で見た方がいいか(^^) 当初と予定とは変わってしまったが、この後新選組から踊って弥雷まで、順次演舞を見ていった。

いよいよこの会場最後の演舞、しかしこの時、よからぬ事が頭をよぎった。ここでアーケードに移動すれば、とらっくの最終演舞を見る事ができ、うまくすれば進行が遅れている本町の帯屋町筋も見られる。流し会場は開始時間が同じでも、ステージより終わる時間が遅いので、必ずどこかで追いつく事ができる・・・、そう思った時にはもうアーケード会場にいた(笑) 演舞中の高知市役所を横目で見ながら本町へ抜け、熱風舞人を追い越してゴール地点へ、ここでようやく本丁筋を捕らえた。ゴール地点まで見届けて、後続の帯屋町筋を見た後、急いでアーケード会場へリターン(爆汗)

タイミングはドンピシャ、スタート地点にいるとらっくが動き始めた。すでに会場は暗くなり始めていたが、普通に演舞を見るにはいい感じだったので、写真撮影は控えて、しばらく演舞を見る事に専念した。しかしここである異変に気づいた。さっきよりあきらかに列が長いのだ。何が起こったのかと思ったら、とらっくの後ろにALL☆STARの踊り子がいて、一緒に踊っているのだった。さっきは舞坂戸連、今度はALL☆STAR、人気チームとのコラボでにわかに盛り上がる会場。ゴール付近まで行って、踊り抜けるところを見ていたら、ここでチームはまた新たな技を繰り出した。一度踊り抜けた踊り子が、再び列の最後尾に付いて踊り、掃けるとまた列の後ろに付くというルーピング。会場ラストの演舞とはいえ、これじゃいつになっても終わるはずもなく、時間ギリギリまでこの「無限ルーピング」は続くのだった(^^)

時間は夕方5時、封鎖されていた道路は元通りになり、三々五々散っていく観客。しかし沼津のよさこいはこれが終わりでなく、狩野川のファイナルステージが待っている。多少のインターバルがあることを踏まえ、誰もいなくなった中央公園へ移動し、ここでようやく本日最初の食事にありついた。寒さに震えながらおにぎり1個とハム2枚を平らげ、狩野川へ移動しようと準備をしていたら、突然怪しげな男が声をかけてきた。またもやOちゃんだ!! アリラン、川崎大師、横浜總持寺、高知、日曜市、ハマこい、原宿、坂戸・・・、今年は全国のあらゆるところで偶然この男に会ってる。まさかこんな薄暗いところでまた発見されようとは・・・、恐るべき直感とその洞察力。

狩野川へ移動すると、ちょうどファイナル進出の発表が始まるところで、ステージ前はチーム関係者でごった返していた。一昨年は洪水で流され、昨年は階段むきだしだった狩野川演舞場、しかし今年は水際までステージが設置されている。いくらか見やすくなっているものの、今年は例年以上に気温が低く、水面を渡る風が体温を奪い去っていく。使い捨てカイロでも持っているんだった・・・、そんな事を思ってるうちに発表は終わり、日専連もその11チームの中に残った。寒いので適度に会場内を動き回り、人と話をしたり写真を撮ったりしながら、ステージが始まるまでの時間を適度にやり過ごした。

最終ステージはぶっ通しで行われ、ファイナル進出の11チームとゲスト3チームの、全14チームの演舞を階段席から観覧。参加全80チームの頂点に立ったのは、武州よさこい上總組だった。帰りは同じ方向に帰るO氏に送ってもらい、何の余韻も残さないまま自宅にたどり着いた。O氏に感謝! いつか代わりに旗でも振ってあげよう(嘘々) 

初日が中止となり、いまひとつ不完全燃焼だったよさこい東海道。でも今年もえい祭りだった、と日記には書いておこう(^_^;
スポンサーサイト

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

20061123232513.jpg

よさこい東海道の審査は、流し会場のアーケードと本町で行われ、ここでファイナルに進む11チームが選ばれる。本町は今年新設された会場で、アーケードとほぼ同じ規模の、歩道に屋根の付いたストリート。それぞれ200メートルの会場は、信号を1つ挟んで繋がっていて、そのまま進めば400メートルのロングストリートとなる。ここが分断されているのは残念だが、参加チーム増による会場確保は必至で、それぞれを一会場として運営した方が、効率よくチームを捌けるのだろう。会場の条件は同じなので、どちらで審査を受けても、不満が出る事はなさそうだ。(もちろん審査員は違うが^^)

怒涛の流し、まずはアーケード会場まで行く。スタート地点でスタンバイしてるのは、先ほど見逃したぞっこん町田、タイミング的にはジャストだ。チームを追い越し、沿道の適当なところに陣取って、カメラ片手に演舞を見ていると、踊り子として参加している某チームフラフのO氏と目が合った(^_^; ゴール地点に進んで行くと、本町会場にスタンバイ中の日専連がいたので、そのまま信号を渡ってチームに合流・・・、のハズだったが、その前に六陸がいた。演舞はスタートしたばかり、恐らくいるであろういつもの輩を探してみると、彼はすぐ目の前で踊っていた。振り向きざまに目が合い、不敵な笑みを浮かべるOちゃん(そのままじゃん)、やっぱり男同士のアイコンタクトは気持悪いな(笑)。しかも2チーム連続でこれだ(自爆)

スタート地点に戻り、日専連の演舞が開始するのを待つ。ここは審査会場なので、いつも以上に目立たないよう、注意して撮影する事が肝要。動き始めた地方車の脇に密着し、極力姿勢を低くして、シャッターを切りながら後ろ歩きで前??へ進む。高知や坂戸で鍛えた流しの後ろ歩き、これは距離があっても全く気にならない。しかしストリートはステージより撮影が難しく、超音波モーターや手振れ補正のない、シンプルな機材で臨んでいる筆者には、いささか条件が厳しい。しかもこの会場は日向と日陰の差がハッキリしていて、その切れ目に差し掛かると撮影は困難を極めた。モニターチェックの結果は予想通り・・・。

演舞終了後、ゴール地点でひとり涙している男がいた。声をかけずにそっとその場を通り過ぎたが、彼の熱い想いは、チームの皆が受け止めたに違いない。代表の「1リットルの涙」は、筆者もしっかり見届けましたぞ。

後続のチームを見るため本町に残り、大富士東麻祭組、高知市役所、新選組を見て、中央公園に移動しようと腰を上げた。しかし、流し会場の時間はかなり押していて、ここで移動すると後続のとらっくまでの演舞が見られなくなる。結局そのまま会場に留まって、蒼天爛華、とらっく、踊って弥雷までを見て、予定より少し遅れて中央公園へ向かった。

時間がなくて朝からまともに食事を取ってない。かなりお腹は空いているのだが、ゆっくりしている時間はないので、通りががりの総菜屋でおにぎりとお茶を買っておいた。そこでふと思い出した。中央公園に行く途中には、人気のパン屋「桃屋」がある。時間は微妙だが、ひょっとしたら幻のメンチカツサンドが売れ残っているかもしれない・・・、そんな期待を胸に店まで行ってみると、ショーケースの中はガラガラだった(o_ _)o かろうじて残っていたのは、1枚30円のハムカツだけ。しょうがないので残っていたハムカツ4枚を購入し、中央公園へと急いだ。腹が減っては戦はできぬ、空腹の時は気力が萎えていい写真が撮れない、この現象を世間では「空腹の科学」という(続く)

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

20061118140432.jpg

全国津々浦々で行われているよさこいで、高知の次にどこが一番好きかと聞かれたら、迷わず沼津と答える。よさこい沼津まつりは今年で10周年、限りなく高知テイストのこの祭りは、春の大瀬まつり※と共に、駿河地区最大の踊りの祭典となっている。(※女装した男衆が船に乗り、日の丸扇子片手に「ちゃんちゃらおかしちゃらおかし」のお囃子で踊る奇祭)

初日が雨で中止となり、日曜だけの開催となってしまった今年の大会。当初土日でゆっくり見る予定を立てていたが、一日限りの開催となるとそうもいかず、チームと会場を絞って見る事にした。昨年・一昨年と同行した日専連を軸に、前後のチーム、隣接会場で演舞しているチームをチェックし、大まかなスケジュールを決める。ここしばらく体調を崩しているので、駅北口方面の2会場(北口演舞場・イシバシプラザ)はパスして、極力体力を消耗しないよう、効率よく見たいチームだけをピックアップ。結果、仲見世・アーケード・本町の流し3会場が、今日のメインターゲットとなった。

体力温存のため家をゆっくり出て、沼津の駅に着いたのがちょうど正午頃。駅前でよさこい東海道のパンフを貰い、メイン会場である中央公園に行くと、ちょうどALL☆STARがスタンバイしているところだった。ここはかなりの人出を予想していたが、会場内は思ったほどの混雑もなく、ステージ前は最前列を陣取るカメラマンの砲列が目立っている程度だった。適当に空いている場所からステージを見て、このチームの演舞が終わるのと同時に、あっさりこの会場を引き上げた。ステージに長居は無用、やはりよさこいは流しを見ないと始まらないのだ。

沼津の最大のメリットは、各会場へ徒歩で移動できる事。中央公園から狩野川や仲見世は3分もあれば移動できるし、アーケードと本町は信号を挟んで繋がっていて、仲見世から移動してもそんなに時間はかからない。よって見たいチームが同時間帯に重なっていても、うまくすれば両方見る事ができるし、流し会場だとゴール地点まで追いかける事も可能。そんなわけでさっそく仲見世会場へ移動して、迎撃体勢へと入った。ちょうど待機中の日専連地方車と、そばにいるファンキーY先生&代表を発見したので、軽く挨拶をしてチームパスを受け取り、会場内でスタンバイする。

仲見世会場を高知市役所が進み始め、後続の1チームを挟んで日専連が準備を始める。ギリギリ間に合ったという衣装は、赤地で袖が白黒の市松模様、背中に大きな白兎が鎮座する拘りのデザインで、遠くからでも目を引いていた。代表自らが身を削って製作した地方車にも、その意気込みと、苦労の後がうかがわれる。2006年の日専連がいよいよ始動・・・、仲見世を進む地方車の後ろに貼り付いて、ゴール付近までシャッターを切り続けた。後続は昨年の覇者大富士東麻祭組、そしてすぐ後に、今年の全国大会で武政英策賞を受賞したとらっくがやってくる。高知さながらのよさこい、仲見世の商店街は、まるで帯屋町のような雰囲気を漂わせていた。

狩野川会場に移動すると、ここで見る予定だったぞっこん町田の出番はすでに過ぎていて、2つ後のチームがステージに上がっていた。この会場は予定時間より進行が早く、到着したチームは間髪入れずステージに上がり、終わるとあっという間に去っていく。ステージ脇にいるのはネットでよさこいチーム、ふと堤防の前を見ると、チームを引っ張る「じゃきの親分」がいたので、ちょいと挨拶して演舞が終わるまで見届けた。隣の中央公園では坂戸組がスタンバイし始める頃・・・、取り急ぎステージ前へ行ってみると、上總組が今まさに演舞を始める寸前だった。坂戸よさこい大賞受賞のこのチーム、やはり威勢のよさと列の美しさは圧巻で、ステージでも貫禄の演舞を披露。続く舞坂戸連は同じ坂戸よさこいの準大賞チームで、今回も連長の楽しいパフォーマンス!?と、景気のいい演舞で会場を沸かせる。坂戸もまた沼津同様、流しを主体とした高知スタイルを取り入れ、街ぐるみでよさこいに取り組んでいるところ。関東随一の距離を誇る流し会場は、いまや伝説となりつつある。

時間は午後2時、ここから怒涛の流しが始まるのだった・・・。(続く)

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

tokaido2006.jpg

◎よさこい東海道2006 各賞受賞チーム

大 賞  武州よさこい上總組
準大賞  ぞっこん町田'98
各 賞
・沼津市長賞  大富士東麻祭組
・沼津商工会議所会頭賞  ALL☆STAR
・よさこい祭振興会賞  沼津本丁筋
・沼津観光協会会長賞  イキ・粋・なかみせ鳴子隊
・静岡新聞社・静岡放送賞  日専連ぬまづ鳴子隊
・スポニチ賞  舞坂戸連
・エフエムぬまづ賞  ぬまづ熱風舞人
・VIC TOKAIコミュニティチャンネル賞  小俣組
・沼津商工会議所青年部会長賞  伊豆稲取温泉よいさかどっ恋

参加80チームの頂点に立ったのは武州よさこい上總組。
チームとしては坂戸よさこいに続く連続での大賞受賞。

※写真は狩野川演舞場・大賞受賞演舞の「武州よさこい上總組」

◎よさこい東海道
http://www.yosakoi-tokaido.info/

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

union.jpg

お台場にユニオンジャックが来るなんてあり得ない事なので、最初にこの話を聞いた時は驚いたというより、悪い冗談かと思っていた。しかしそのまさかのチームがステージに立っている・・・、お台場が本当の「ドリーム夜さ来い」になった瞬間だった。

なんぼゆうたちユニオンジャックは、高知の飲み屋さんがベースとなったよさこいチームで、よさこい祭りには8年連続で出場している。マスター(代表)自らの生歌でチームを引っ張り、演歌をベースとした軽快な楽曲で、楽しい踊りを披露する。賞を狙うでもなく、通年でやってるわけでもないこのチーム、しかしその人気は高く、今年の踊り子募集では、公募全チームの中で一番早く定員(150人)に達している。なぜこのような現象が起きるか、それは祭りは楽しくなきゃという一貫したポリシーが、踊り子に受け入れられているからではないだろうか。もちろん有名チームに入って賞を貰う喜びを味わうのも、完璧な演舞ができた達成感を味わうのもいい。でもそれだけがよさこい祭りの楽しみ方じゃない事は、このチームの存在が証明していると思う。

高知でも異彩を放っているチームが、果たしてお台場に馴染むのか、最初の演舞が始まるまでは一抹の不安があった。何がそんなに気になるのかというと、今年のチームの楽曲と、このブログのタイトルが同じで、それが偶然そうなった訳ではないからだ。(こちら参照) メイン会場の出番は6番目、曲が鳴り始めマスターがハタキを持って登場すると、一瞬観客が静かになり、その後会場がにわかに沸いた。ウケてる・・・(^_^; ミスマッチとも思われたお台場のロケーションに、チームも曲も馴染んでて、マスターの高らかな声がすぐ向かいのフジテレビまで響き渡る。これは痛快だ!

本来遠征など必要のないチーム、それがよりによってお台場の大会にエントリーし、しかも自ら遠征費用を捻出してやって来る。一体どんな目的があって上京したのか・・・、当初は???がいっぱい付いていたが、祭りが終わってその理由がようやくわかった。目的は・・・特にない(笑) これがこのチームのポリシーであり、一番面白いところ、つまり彼らは純粋に踊る事を楽しみに東京に来たのだった。2日間完全密着で写真を撮らせて貰ったが、その表情には他のチームとは違う、キラリ☆と光るものがあった。とにかく底抜けに楽しいチーム、それがなんぼゆうたちユニオンジャック。

実は筆者的には、この大会にもうひとつの楽しみがあった。それはユニオンジャックと横浜百姫隊との顔合わせで、いつかこのような事が起きないかと、秘かに期待していたのだ。スタイルもポリシーも全く異なるチーム、しかしこの両者には根底の部分に共通点がある。両代表は元アイドル、つまり現在のチームスタイルは少なくともその部分を踏襲しているわけで、この点が非常に興味深かった。くしくも初日の出番は横浜百姫隊のすぐ後がユニオンジャック。これは主催者のもくろみか、あるいは偶然の悪戯か、もし偶然だとしたら、これが本当のドリームだったのかもしれない。

◎なんぼゆうたちユニオンジャック
http://www8.plala.or.jp/nanbo/
◎高知新聞記事
http://www.kochinews.co.jp/0611/061104headline03.htm

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。