よさこい祭り


神戸税理士が送るよさこい

プロフィール

TAM

  • Author:TAM
  • 製造◆昭和良年長月晦日
    形式◆男性♂
    住所◆関東州横浜市
    出身◆四国州新居浜市
    仕事◆広告業
    趣味◆旅行、写真、ギター
    性格◆冷静かつ大胆
    出没◆横浜・川崎界隈
    好物◆讃岐うどん
    常備◆富士ミネラル麦茶

    本家◆広告業界渡り鳥

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

20070427222658.jpg

【4月29日(日)川崎】かわさき舞祭2007
かわさき舞祭は子供達を主役にした総合ダンスコンテスト。川崎のご当地ソング、川崎踊りをアレンジしたE-JUNC DANCEや、よさこい、南中ソーラン、創作ダンス等、多様な舞踊が披露される。会場はピアッツァチッタ、チネチッタ通り、ミューザ川崎ゲートプラザ、ルフロン前、商工中金前の5箇所で、10時30分~17時までの間行われる。子供から大人まで、32チーム約800人が参加の予定。
[撮影禁止] ※写真はチネチッタ通りの流し会場
http://www.areafare.com/

20070427222732.jpg

【4月30日(祝)佐倉】SAKURAすとりーと奏蘭2007
佐倉時代まつりの一環として行われるよさこいコンテスト。会場は京成佐倉駅南口・栄町通りで、13時~16時の間、約600人の踊り子が踊りを披露する。
出場チーム:遊び隊、桜颯蘭舞、こてはしソーラン隊、総舞連、舞粋風、美舞かぶらき、八千代舞夢小町、他
※写真はイメージ
http://www.sakurashi-kankou.or.jp/topics/H19-jidai.html

20070427222811.jpg

【5月3日(祝)横浜】第55回ザよこはまパレード
博多どんたく、広島フラワーフェスティバルに次ぐ、全国3位の観客動員数を誇るGWの恒例パレード。今年は53団体が参加し、3.8キロのコースを、豪華なフロートや様々なパフォーマンスが踊り抜けていく。注目は「相鉄ジョイナス/ザ・ダイヤモンド」とユニットを組んだ湘南森本連のジュニアチーム「疾風乱舞」で、総勢50名の踊り子が、1時間半ノンストップで演舞を披露する。今年のテーマは「開港への道~横浜ファッション・ロード~」。 [テレビ(tvk・CATV各局)生中継あり]
※写真は疾風乱舞
http://www.morimotojagi.jp/event_shippu.html

20070427222854.jpg

【5月3日(祝)横浜】スーパーエキシビジョン
ザよこはまパレードの付随イベントとして行われるステージ。14時より赤レンガ倉庫前、イベント広場にて行われる。よさこい(ハマこい)、阿波踊り、バトン、ダンス、獅子舞など、様々な踊りが披露される。出場は、R.D.T(浜スマ・ぴょん2天手子舞・どっこいあくわ)、湘南森本連、横浜百姫隊、他全18団体。
※写真は同会場で演舞する湘南森本連
http://www.yokohama-cci.or.jp/parade/55/index.html

20070427222927.jpg

【5月5日(祝)横浜】FITNESS YOKOHAMA
パシフィコ横浜の国立大ホールで行われるダンスの祭典。今年は53のグループが、よさこい、ヒップホップ、ジャズダンス、モダンダンス、チアリーディング、バトントワリングなどのパフォーマンスを披露する。例年通りコンテスト部門もあり。出演はK-one動流夢、CYGNET、他全53団体。入場料は500円。[撮影禁止]
※写真は同会場で演舞するK-one動流夢
http://www.hamaspo.com/fitness/

20070427223013.jpg

【5月4日(祝)~6日(日)東京】第1回新東京三大祭り
大型ショッピングモール「olinas」の1周年を記念して企画された、この春注目のスーパーイベント。高円寺阿波おどり、浅草サンバカーニバル、表参道・原宿元気祭スーパーよさこいの有力チームが、3日間に渡り場内特設ステージで踊りを披露する。それぞれ同一日程の祭りのため、4日がサンバ、5日が阿波踊り、6日がよさこいと、日程が振り分けられている。よさこいの出場チームは、原宿よさこい連、東京メトロ群青(シーブルー)、ぞっこん町田‘98の3チーム。3日も一部チームの演舞予定あり。
※写真はolinas mall正面広場の特設ステージ
http://www.tatemono.com/news/2007/ttknews070329.html

その他各地で様々なイベントが行われるので、あとは自力で情報収集されたし。筆者の知るところでは、4月29日(日)のセンター南の春祭り(横浜百姫隊、都筑徳座連、他)、 4月28日(土)日立つつじまつり(飛天龍)、4月29日(日)日本エアロビクスセンターつつじまつり(飛天龍)、5月3日のくりはま街の花フェア・黒船よさこいなど。関東近隣なら沼津でも鯉のぼりよさ来いというイベントがある。撮影禁止のイベントが増えているのは、昨今の事情(カメラマンのマナーの悪さ)を反映しての事。カメラマン諸君には、演舞中の突撃や無理な撮影はしないようにお願いしたい。ちなみにスーパーエキシビジョン、新東京三大祭りとも撮影環境が厳しいので、写真が撮れない事も想定の上出かけられたし。

テーマ : 家族日記 - ジャンル : 日記

yakuyokemon.jpg

厄除けよさこいはかわさき楽大師の一イベント。よってよさこいというよりも縁日的要素が強く、来場者も年配者や子供が多い。基本はお気楽、他所のような張り詰めた空気がないのも川崎大師らしく、適度に寂れているのがいい感じ(^^) とにかくこんなにまったりとした祭りはなく、筆者的にもかなり余裕を持って見る事ができた。今回は会場ごとにレポート。

◎大師公園メインステージ
ステージそのものは普通の大きさだが、前に広いフリースペースがあるので、大人数のチームでも充分に踊れる広さがある。しかし多くのチームが20人~30人のミニマム編成で、この場所が有効に使われる事はなかった。ステージから客席は距離があり、視覚は確保されるものの、昨年以上に空いてるような錯覚に陥った。大師公園の収容人数は5万人、ステージ前の観客は200人位、座席はほぼ人で埋め尽くされていたが、その殆どを年配者が占めていた。

開始早々は馴染みのないチームばかりで、興味をそそられずいきなりパス。中盤に数チームを見た後流し会場へ移動し、再度戻ってトリと総踊りを、古参カメラマン4名と談笑しながら見た。それぞれ全くヤル気がないらしく、誰一人として真面目に写真を撮っている者はなかった(笑) 筆者も適度に楽大師のイベントを見て回ったので、この会場では4チームしか撮影していない。いや~、ここはホントに楽だいし~♪

◎川崎大師駅前ステージ
とにかく狭い。ステージというよりも単なる踊り場で、普通に踊るなら20人がやっとという感じだ。しかもステージ前、いや、後方までの全てをカメラマンが占拠していて、正面から演舞を見るのは不可能な状況。メインステージの仕様が変わったせいか、多くのカメラマンが至近距離で撮影できる、この会場になだれ込んだようだ。観客席と最前列の踊り子との距離はわずか1メートル、これじゃちょっと近すぎると思うのだが。爺様の多さに恐れをなして、ステージ脇から2チームだけ見て即退散。

◎仲見世通り流し会場
なんと音響は場内のラッパスピーカーだ。狭いので地方車が通れない、いや、それ以上にこの狭さは尋常でなく、2列で踊っても踊り子と袖がふれあうような状態。音が悪いのはしょうがないとして、風鈴市の時のようにちゃんと踊れる環境を作らないと、まともに流しができなくなってしまう。1時間に3チームだけの演舞とはいえ、沿道からは見辛い事この上なし。例によって演舞中のチームの前に、粘着爺が立ち塞がって、踊り子の行く手を遮っていた。

◎川中島共栄会流し会場
PAが固定されているため、真正面から演舞が見られる。演舞は1回限りで、踊り終わるとすぐ前のごりやく通りから演舞が再開されるようになっている。別に途中で演舞をやめなくても、全会場通しの流しでいいと思うのだが・・・。まぁ見やすいからこれでもいいか?

◎ごりやく通り流し会場
台車に乗ったPAが登場する噂の会場。原動機が付いてないので地方車とは呼べないが、良くも悪くも狭い路地には、このシステムがフィットしているようだ。昼食と休憩を兼ねて、沿道にあるコロッケ茶屋で、お茶を飲みながら流しを拝見。路地には椅子が置いてあるので、座って演舞を見るならここが一番いいかもしれない。Funnyの演舞が始まると、突然シャツ1枚の親父が飛び出してきて、一緒に踊りながらゴールへと向かっていった。これも川崎大師ならではの風景!? PAの出力が小さ過ぎて、大人数のチームでは、後ろまで音が届かないのが唯一の難点か。※大師銀座会場は遠いのでパス

◎若宮八幡宮(金山神社)
このブログで再三紹介している、通称「かなまら様」が鎮座するのがここ。特に休憩所に指定されているわけではないのに、今回はここで横浜百姫隊、パワフル、Funny、相模原祭人THE翼の4チームを発見した。君達はこのブログを見すぎだと思う。ちなみに今回の大賞は横浜百姫隊、準大賞がパワフル、ブッグスマイル賞を相模原祭人THE翼が受賞している。やっぱり参拝するとご利益あるじゃん! Funnyは次回に期待(^^)

あまりよさこいらしさを感じさせないイベントだったが、何故かよさこいがよく似合う不思議な街、川崎大師。これからもこのまったり感だけは残して欲しいと思う。総踊りの時に銀輪舞隊が見せた、「イカ踊り」の入ったヘンテコな動きのよっちょれが、いまだ脳裏に焼きついて離れない。

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

20070419013026.jpg

スーパーよさこい2007の一般枠出場チームが発表された。内訳は東北4、関東65、甲信越4、北陸4、東海6、関西3、中国1、全国1と、昨年同様全88チームになっている。高知チームはまだ決定していないが、これらを合わせると、約100チーム程度の参加が見込まれる。

会場は従来の6会場(原宿口・文化館・よさこい広場・NHK前・代々木公園入口・表参道)に加え、新たなステージ会場・ストリート会場が検討されている。所轄警察署が複数に跨る代々木公園周辺道路は、新たな使用許可を取るのが難しく、昨年から新会場の話がそのままになっている。主催者の力量に期待したい。

尚、表参道流しに出場する45チームは、高知チーム決定後発表される。今回発表された88チームは以下の通り。

◎2007年度出場チーム(順不同)
【東北】六陸~Riku~、花嵐舞いでは組、からりこYOSAKOI隊、桜家一門YOSAKOI隊 【関東】常陸よさこい夢風神、真岡花舞嬉、いろは、蔵っこ、舞起龍、あげおYOSAKOIソーラン遊憂彩彩、勇舞会、うらら、風来坊、浦和よさこいそれいゆ、飛翔あさばの、桜華~IsuzuandAtomi~、遊嬉、よさこい岩槻め組、上總組、響楽、遊人、舞人~HIDAKAよさこい、歩風゜、朝霞翔舞、重夢逗、Let's美浜“夢”、四街道総舞連、礼神伝SHALL稲毛、CHIよREN北天魁、よさこい柏紅塾、FORZA木更津、新松戸雅ノ會、REDA舞神楽、飛天龍、飛翠迅、楽天トラベル、東京カペラ、乱舞姫、人祭会、ロッテ・ガーナよさこい連、日野本丁筋、東京学生“生っ粋”、ぞっこん町田'98、RIKIOH、早稲田大学踊り侍、東京メトロ群青、Summer Zipper、TANASHIソーラン会、音ら韻、原宿表参道元氣連、原宿よさこい連、鳴子光が丘連合、舞華、國府よさこい、躍動、ギャルdeなでしこ、踊るBAKA!TOKYO、国士舞双、早稲田大学よさこいチーム東京花火、はなこりあ、舞踊工場、踊りゃん祭、K-one動流夢、Funny、Team des Shabary、メンズプラザアオキ横浜百姫隊、乱気流、祭・WAIWAIよこはま、聯 【甲信越】三条翔波、よさこいCOME2くらぶ、よさこい新発田~和っしょい、「甲斐◇風林火山」 【北陸】八乙女龍神、夜高舞緋組、能登和っちゃ、一筆啓上・古城おじゃれ 【東海】よさこい東海道スーパー踊り子隊FUJIYAMA組、ぬまづ熱風舞人、らんぶるみなみ、イキ・粋・なかみせ鳴子隊、小俣組、未来童 【関西】同志社大学よさこいサークルよさ朗、颯爽JAPAN、播州よさこい連夢笑志 【中国】震度10 【全国】ネットでよさこい原宿

◎原宿表参道元氣祭「スーパーよさこい2007」
http://www.yosakoi-harajuku.com/

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

yakuyoketaisyo.jpg

◎コンテスト審査結果
・大師賞(大賞) 子鳩子兎 横浜百姫隊
・楽賞(2位) パワフル 
・和賞 川崎市立御幸中学校
・パフォーマンス賞 TEAM一揆呑み(仮)
・ビッグスマイル賞 相模原祭人THE翼

※審査要綱
100点満点で、楽曲15点・衣装15点・演舞70点の比率て採点
・各賞の意味
大師賞:平均点数の最も高かったチーム
楽賞:平均点数が2番目に高かったチーム
和賞:最も大師よさこいらしかったチーム
パフォーマンス賞:踊りそのものが最も優れたチーム
ビッグスマイル賞:審査員が楽しさを感じたチーム(合議により決定)

大賞は2年連続で横浜百姫隊(2位との点数差は2点)
その他詳細は後日レポートにて。

※写真は大師公園メインステージで演舞する「横浜百姫隊」

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

SAKAYOSA.jpg

スーパーよさこい、坂戸よさこい、ハマこい。関東を代表するこの三つの大会が、今年も開催日程で物議をかもしている。発表されている日程は、坂戸よさこいが8月17日~19日、ハマこいが8月18日~19日、スーパーよさこいが8月25日~26日で、それぞれ8月の第3週、第4週の週末に開催が予定されている。坂戸よさこいとハマこいは例年通り日程が重複、但し今年は坂戸よさこいの日程が流動的で、埼玉県知事選と重なった場合は、翌週へ順延される事になっている。原宿と坂戸が重なるケースは以前にもあったが、この時期まで日程が確定しないというのは今年が初めてで、両大会へ参加を予定しているチームには頭の痛い問題になっている。

埼玉県知事選と坂戸よさこいを同時に行わない理由、それは坂戸よさこいのステージ会場になる坂戸小学校が、選挙の投票場所として使用されるからだ。19日が投票日になった場合、24日~26日が坂戸よさこいとなり、坂戸か原宿か、どちらの大会に出るか選択を迫られる。かけもちをするチームもあるが、距離や移動時間を考えるとロスが大きく、最悪の場合3年前の悪夢を再現する事にもなりかねない。ではなぜ前倒ししないのか、それは前週が高知のよさこい祭りだから(笑)・・・、なんて事はないと思うが、やはりこの時期の開催は行政的にも避けたいのだろう。

坂戸と原宿、くしくも同じ年に始まった大会だけに、重複は避けてもらいたいところ。ただでさえ8月の最終週は祭り・イベントが集中し、昨年からは高円寺阿波おどり、浅草サンバカーニバルまでもが同じ日程で開催されるようになった。たまには阿波おどりもサンバも見たい・・・、しかし体はひとつ。どこに何を見に行くか、夏までによ~く考えてみようと思う。ハマこいと坂戸よさこいが重なった場合は当然地元優先だが、ハマこいは今年からコンテストが土曜から日曜に変更になっている。となると、かけもちで坂戸のファイナルを見るのは不可能か・・・。う~ん、実に悩ましい(_д_)。o0○

◎表参道原宿元氣祭・スーパーよさこい2007
http://www.yosakoi-harajuku.com/
◎第7回坂戸よさこい
http://business2.plala.or.jp/sakado/
◎第29回ヨコハマカーニバル・ハマこい踊り
http://www.hamakoi.com/yokohama_carnival/

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

rakudaishi.jpg

かわさき楽大師「昭和まつり」は、昭和の活気ある商店街を再現し、老若男女全ての人が楽しめる祭りとして企画された一大イベント。4月14日・15日の2日間、大道芸、ベーゴマ大会、クラッシックカーパレード、歌謡ショー、仮装行列、映画上映など様々な催し物が行われ、よさこいもその一イベントして開催される。尚、「大師よさこい」という名称は、類似名称イベントとの関係で、今年から「厄除けよさこい」と改められている。

出場は全32チーム(ホストチームを除く)。昨年参加した36チームのうち、今回エントリーしたのは15チームに留まり、参加チームの顔ぶれが大幅に変わった。傾向としては小中学生を主体とした、地元・近隣のキッズチームが増え、千葉のチームが殆ど姿を消している。会場はステージ2会場(大師公園・川崎大師駅前)、流し4会場(川中島共栄会・ごりやく通り・仲見世通り・大師銀座会)の計6箇所、流しは全会場1演舞のみで、ルーピングは不可となっている。審査会場の大師公園ステージは、15日の12時より演舞開始予定。

※その他詳細は公式ポスター参照

参加チームは若宮八幡宮(金山神社)にも忘れず参拝しておこう。きっと御利益があるはず☆(昨年実績有)。

◎出場チーム
川中島小学校、御幸中学校、大師よさこいリ-ディング、大女連昔の娘チーム、絆翔~HY~、銀輪舞隊、舞桜技、よさこいソーラン凛、酔来亭セピア、西新井おどり子隊、よさこい天空、ど~んとCoco de踊らん会、はなこりあ、吉見ふれあい鳴子、佛願寺念仏おどり、Team幻、あげおYOSAKOIソーラン遊憂彩彩、生っ粋、RIKIOH、新選組REVO、相模原祭人THE翼、美na☆舞ty!、Funny、躍動、踊りゃん祭、早稲田大学”踊り侍”、TEAM一揆呑み、人祭会、祭・WAIWAIよこはま、朝霞なるこ遊和会、パワフル、横浜百姫隊、バンブーレボリューション(ホストチーム)

◎川崎大師タウンネット
http://www.e-daishi.net/
◎かわさき楽大師
http://www.rakudaishi.com/
◎厄除けよさこい
http://www.backbizz.com/daishiyosakoi.html

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

kanamara1.jpg

今年もとうとうこの日がやって来た。川崎大師駅を降りた乗客は続々と若宮八幡宮に押し寄せ、境内は朝から冷やかし客とコスプレ姿の外国人で溢れていた。かなまら祭りは江戸時代から続く神事で、飯盛女達の願掛けに始まり、商売繁盛・子孫繁栄・縁結び、最近はエイズ除けの祭りとして国際的にも知られるようになった。別名「歌麿フェスティバル」、欧米のメディアが積極的に取り上げた事で年々外国人の来訪者が増え、近年祭りは欧米化☆\( ̄ ̄*)バシッ!

kanamara2.jpg

4月1日はエイプリルフール。だからといってこんなコラムを書いているのではない。基本は神事、まずは厳かに篝火の行事から始まり、神前にて祭事が執り行われ、神輿御霊入れ式へと続く。神事を終えた神輿は、かなまら舟神輿(写真中段)、かなまら大神輿、エリザベス神輿(写真上段)の順で宮出しを行い、川崎大師の街並みを練り歩くのが恒例行事。桜満開の境内を、カメラ抱えてウロウロしていると、市議会議員の候補者が続々とやって来た。外人、コスプレ、ニューハーフ、花見客、そして選挙関係者といろんな人が入り乱れ、益々混乱していく境内なのであった。

kanamara3.jpg

メイド姿のおねえさんがいたと思ったら、それはおにいさんだった(ο_ _)ο

昨年のレポートはこちら。
http://tx.blog14.fc2.com/blog-entry-113.html

◎かなまら祭り(ウィキペディア)
http://ja.wikipedia.org/
◎若宮八幡宮
http://tomuraya.co.jp/wakamiya.htm

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

| ホーム |


 BLOG TOP