よさこい祭り


神戸税理士が送るよさこい

プロフィール

TAM

  • Author:TAM
  • 製造◆昭和良年長月晦日
    形式◆男性♂
    住所◆関東州横浜市
    出身◆四国州新居浜市
    仕事◆広告業
    趣味◆旅行、写真、ギター
    性格◆冷静かつ大胆
    出没◆横浜・川崎界隈
    好物◆讃岐うどん
    常備◆富士ミネラル麦茶

    本家◆広告業界渡り鳥

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
厄除け1かわさき楽大師のイベントとしてすっかり定着した「厄除けよさこい」。基本はお気楽、観客もチームもまったりと祭りを楽しみ、時に沿道から犬や猫や変なおじさんが飛び出す、ハプニング満載のよさこいイベントだ。昨年と変わったところ、それは表参道が会場として開放され、川中島共栄会、ごりやく通り、表参道という長く連続した流し会場ができた事。噂の地方車もリニューアルし、より川崎大師らしさを増したこのお祭りは、昭和の香りのする、元気で活気あるイベントへと進化した。


厄除け2◎川崎大師駅前ステージ
川崎大師駅の改札を抜けて、すぐまん前にあるのがこの会場。狭くて踊り子との距離が非常に近い平ステージだが、昨年より少し広めにスペースを取っていて、50人位ならなんとか踊れそうな感じになっていた。ここで最初に会ったのが「踊りゃん祭」の面々。ほにや謹製の真っ赤な衣装は、曇天の空の下でも映える。


厄除け3◎仲見世通り流し会場
ここを流せるのはわずか6チーム。トップバッターの「横浜百姫隊」は、1曲で仲見世を一気に流しきり、2回目はフォーメーションを変え、山門前でステージ踊りを披露した。これが川崎大師初のよさこい奉納演舞。仲見世通り商店街には、お祭り気分を盛り上げるオリジナルグッズが盛りだくさん♪


厄除け5◎川中島共栄会流し会場
昨年まで活躍したスーパーエコ地方車(手押し音響台車)が固定音響に取って変わり、踊り子隊の後方まで音が届くようになった各流し会場。地方車がないのはちょっと淋しいが、視界を遮るものがない分見やすく、写真も撮りやすい。同じ大師系チーム「西新井おどりこ隊」は、うらじゃ音頭を流し踊りにアレンジし、一風変わった小島踊りを披露。列の中にはまたあの男が・・・、そんなの関係ねぇ、ハイ、オッパピー! って、何やってんだか(^_^;


厄除け4◎ごりやく通り流し会場
コロッケ茶屋の向かいの椅子に座ってまったりと演舞を拝見。「躍動」チームの演舞を見ていると、後方に何やら見た事のある輩を発見した。彼は八王子方面の某チーム、今日は最後尾でフラフを振っているのでやたらと目立つ。アイコンタクトでバシッ!(これで気づくから凄い) あとで同チームの某踊り子から声をかけられて二度ビックリ! コロッケ茶屋が通りの反対側だったので、コロッケが買えなかった事だけが心残り。


厄除け6◎表参道流し会場
川崎大師のメインストリート、表参道。昨年までは一般パレードのみが行われ、よさこいは入れて貰えなかったのだが、ようやく今年から解禁され、流し会場として新設された。全長420mの長い会場、設備上ルーピングではないものの、1チーム3回の演舞がここで行われる。表参道厄除門の朱塗りの風景には、「銀輪舞隊」の鮮やかな衣装がよく似合う。


厄除け7◎大師公園メインステージ
ステージの大きさは例年と同じ、しかしステージ前のフリースペースが拡大され、客席との距離が以前より遠くなった。他の会場と比べて年配者が多いのがここの特徴で、前列~中列は殆ど入れ替わる事なく人で埋まっていた。コンテストと表彰式、総踊りはこの会場で行われるので、主要チームのみを見て、あとは昭和レトロ街や他の会場を見て回ってた。「パワフル」のステージは、流し5本の直後とは思えないくらいパワフル!


厄除け8◎総踊り
審査発表の後は総踊り。ちょうど最前列の席がポッカリ空いたので、そこに座ってスタンバイ。目的はこのチームの変則よっちょれ・・・、今回も見られてラッキー♪
(実は動画も撮ってある


大師銀座街会場には今年も行けなかった・・・。
スポンサーサイト
厄除け大賞

◎コンテスト審査結果(【】は副賞)
大師賞(大賞) 子鳩子兎 横浜百姫隊
【川崎大師平間寺賞:だるまサブレ30箱】
・楽賞 パワフル
【大師観光協会賞:金一封5万円】
・和賞 大師女連昔の娘チーム
【まちづくり賞:商品券3万円】
・ベストパフォーマンス賞 躍動
【アサヒビール賞:スーパードライ5ケース】
・ビッグスマイル賞 音ら韻
【マツケイ賞:グレープフルーツ2ケース】

※各賞の定義
大師賞:得点の最も高かったチーム
楽賞:得点が2番目に高かったチーム
和賞:最も厄除けよさこいらしかったチーム
ベストパフォーマンス賞:踊りそのものが最も優れたチーム
ビッグスマイル賞:審査員が楽しさを感じたチーム

大賞は3年連続で横浜百姫隊が受賞。
詳細は後日レポートにて。

※写真は大師公園メインステージで演舞する「横浜百姫隊」
(お祭り写真館に詳細写真あり)

◎かわさき楽大師
http://www.rakudaishi.com/
リニューアル

「お祭り写真館」を全面リニューアルし、ブログスタイルの「お祭り写真館2008」と、フォトアルバム(パス付)をオープン。今年は祭りとチームを厳選し、より見やすい写真館として、全国の祭りの様子をアップしていきたいと思う。

◎写真館の主な変更点
・アルバム形式からブログスタイルへ
・祭り、イベント毎の掲載からチーム毎の掲載へ
・ヘッドラインの採用(新着15項目まで)
・写真のポップアップの無効化
・旧「お祭り写真館」を「昔の写真館」へ名称変更
・「街の写真館」を閉鎖、「お出掛日和」へ完全移行

尚、スパム対策のため、トラックバックを無効にしているのでご了解を。コメント欄は残してあるので、意見などあればお気軽にど~ぞ。今年はあまり頑張らないつもりなので、何卒お手柔らかに

では皆様、新年度もまたよろしゅうに♪

◎お祭り写真館2008
http://blog.goo.ne.jp/tam55/
2008かなまら1

今や世界的に有名になった春の珍(チン)祭、川崎・金山神社のかなまら祭り。今年は天気にも恵まれ、桜吹雪の舞い散る川崎大師の街並を、勇壮華麗な御輿の列が練り歩いた。コスプレ姿の外国人、おかまさん、花見客、参拝客、沿道はあらゆるタイプの見物人で溢れ、異様な熱気に包まれていた。

そして御輿の列を先導するのは・・・あっと驚くよさこいフラフ隊。

2008かなまら2川崎大師の表参道を行くフラフ隊。初めての試みに沿道も沸く。


2008かなまら3境内でもフラフの演技が披露される。こちらは女性旗士の某さん。


2008かなまら4若宮八幡宮の境内は大混雑。ロイター通信、AP通信、共同通信、新聞社、テレビ局など、世界の主要メディアもかけつける。


御輿パレードの後は太鼓の演技、フラダンス、バンド演奏、大根のオークションなどが行われ、益々ヒートアップしていく境内であった。女性に人気のさずかり飴は、あっという間にSOLD OUT。

動画はクリップ参照。詳細は各社ニュース、新聞、YouTube等でご覧ください。



昨年のレポートはこちら。
http://tx.blog14.fc2.com/blog-entry-203.html

◎神奈川新聞記事
http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryxiiiapr0804139/
◎東京新聞記事
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20080407/
◎47NEWS(動画)
http://www.47news.jp/movie/2008/04/post_136/
◎フォートラベル記事
http://4travel.jp/traveler/akic_travel/album/10230958/
◎かなまら祭り(金山神社)
http://ja.wikipedia.org/wiki/
◎若宮八幡宮
http://tomuraya.co.jp/wakamiya.htm

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。