よさこい祭り


神戸税理士が送るよさこい

プロフィール

TAM

  • Author:TAM
  • 製造◆昭和良年長月晦日
    形式◆男性♂
    住所◆関東州横浜市
    出身◆四国州新居浜市
    仕事◆広告業
    趣味◆旅行、写真、ギター
    性格◆冷静かつ大胆
    出没◆横浜・川崎界隈
    好物◆讃岐うどん
    常備◆富士ミネラル麦茶

    本家◆広告業界渡り鳥

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

gakugeiren.jpg

スーパーよさこい2008、高知からの参加の13チームが決まり、これで出場全91チームが出揃った。今回の注目チームは、昨年のよさこい祭りで審査員特別賞を受賞し、今年スパよさ初登場となる「obrigado学芸連」。この夏はサンバ調のよさこいが、表参道・原宿の街を賑わすに違いない。乞うご期待

◎高知からの参加チーム
旭食品、Art wave、帯屋街筋、上町よさこい鳴子連、京町・新京橋“ゑびすしばてん連”、国士舞双、桜(高知中央高等学校)、十人十彩、obrigado学芸連、とらっく((社)高知県トラック協会)、なんぼゆうたちユニオンジャック、ほにや、梼原

筆者的に残念なのは、スパよさとハマこいの日程が重なってしまい、今年は神奈川組の殆どが原宿で見られない事。昨年より参加チームが減ったのもそのせいだが、来年以降日程がどうなるのか気になるところ・・・。

写真は第54回よさこい祭りより

◎スーパーよさこい2008
http://www.yosakoi-harajuku.com/
ありがとうの夏

高知から一通の封書が届いた。中身は2008年のよさこい祭りで使用するユニオンジャックの楽曲CDで、マスターからの一筆も同封されていた。今年のタイトルは「おらんく祭り 第十章 ありがとうの夏」。チーム結成10年を記念して作られたこの楽曲は、例年通り野瀬眞誠+平岩嘉信のコンビで制作され、歌をマスター、コーラスをなんユニ一座が担当している。(筆者はジャケットデザインを提供)

届いたばかりのCDを早速聞いてみると・・・、思わずニヤリとするような「なんユニ」サウンド、そして夏祭りならではの軽快なリズムが繰り出される。日本の夏、土佐の夏、よさこいの夏、この心地よい響きはまさによさこいの原点、盆踊りだ。伸びやかなマスターの歌声と、遊び心満載のお祭りサウンドは、今年のよさこい祭りをより楽しくさせてくれるハズだ。

なんぼゆうたちユニオンジャックは、日本で唯一の演歌系エンタテーメントよさこいチーム。今年も高知、そしてまた熱気溢れるあの場所で、その勇姿が見られそうだ

ありがとう ありがとう 心晴れやかに ありがとうの夏♪

◎なんぼゆうたちユニオンジャック
http://www.nanuni.com/
yosa2008.jpg

第55 回よさこい祭りの参加チームが発表された。今年は祭りの開催日(本番)が日・月となるものの、過去最高の195チームから参加申し込みがあった。
参加チームの詳細はこちら。
http://www.cciweb.or.jp/kochi/yosakoi/55/55sankateam.htm

新チームあり、初出場チームありで昨年より1チーム上乗せ、但し高知県内のチームはむしろ減っているようだ。富士通、ドロワーズ、和建設、笑楽・・・etc、それぞれの事情で不参加となったようだが、筆者的に一番残念なのは、我がホームチーム、新居浜ちょおうさ踊り子隊が参加を見送った事。よさこい祭りには2001年から参加し、2年目でいきなり入賞、以降2007年まで7年連続で出場を果たしたチーム。出ない理由は・・・。

県外チームが常連チームになるには、まだまだ時間がかかるのかもしれない。ま、これはそれぞれの地で見ればいい事なのだが(笑)、筆者にはそんな金も暇も余裕もない

そういや全国大会にミッキーやミニーも来るらしい

◎よさこい祭り(高知商工会議所)
http://www.cciweb.or.jp/kochi/yosakoi/yosakoi_top.html
開港祭

横浜開港祭は、横浜の開港記念日に合わせて開かれる海の祭典。帆船や船舶の展示、乗船会、ライブ、ダンス&ショー、バザー、花火、牛の乳搾り(笑)など、海にかかわる様々なイベントが2日間に亘って行われる。開港150周年を目前に控えた今年の開港祭は、「みらいの子供の笑顔のために」をテーマに開催され、横浜・みなとみらい地区は開港を祝う多くの市民で賑わった。

初日の夜のメインイベントは「みなこい踊り」。みなこいとは「皆来い」「港へ来い」の意味。ハマこい主力チームで編成されたこのユニットは、海上から打ち上げられる花火と共に、臨港パークの特設ステージ上を華麗に舞った。筆者はステージの構成を見るため、あえて最後列(桟敷席前)で見ていたが、ハマこいはステージ重視の踊りである事を改めて思い知らされたのだった。

「みなこい」といえば、高知県香南市で行われているイベントの名前を思い浮かべる人も多いと思う。高知の有力チームがよさこいの演舞を披露し、絢爛豪華な花火が打ち上げられるこのイベントは、いわばよさこい祭りの前哨戦。くしくも同じ名前、同じ企画のイベント(花火の発数も同じ)、場所の違いはあれど、皆考える事は同じなのかもしれない。そういえば高知の納涼花火大会は、来年からよさこい祭り前夜祭と同日程になるようで。という事は・・・。

夜空に舞う花火と踊り子、ハマこいはこれで見納めかも・・・

◎神奈川新聞記事(6月1日)
http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryxiiimay0805682/
◎神奈川新聞記事(6月2日)
http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryxiiijun08067/
◎横浜開港祭
http://www.kaikosai.com/

| ホーム |


 BLOG TOP