よさこい祭り


神戸税理士が送るよさこい

プロフィール

TAM

  • Author:TAM
  • 製造◆昭和良年長月晦日
    形式◆男性♂
    住所◆関東州横浜市
    出身◆四国州新居浜市
    仕事◆広告業
    趣味◆旅行、写真、ギター
    性格◆冷静かつ大胆
    出没◆横浜・川崎界隈
    好物◆讃岐うどん
    常備◆富士ミネラル麦茶

    本家◆広告業界渡り鳥

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

川崎本丁筋1 川崎本丁筋2 川崎本丁筋3

何の予定もない休日はまったり朝寝
そこに一本の電話が入る。

そんな訳で、ぶらり川崎に出没し、
正式発足した川崎本丁筋のフラフ練習に立ち会う。
熱血指導してるのは、全国をよさこい行脚する真ん中の写真の人・・・

川崎本丁筋は、高知「本丁筋踊り子隊」のスタイルをそのまま継承した、
「よさこい鳴子踊り」本来の流し踊りをするチーム。
今後の活躍に乞うご期待!

◎川崎本丁筋
http://blog.goo.ne.jp/k-honcho
中延1 中延2 中延3

1992年に始まった東京・中延商店街の「中延ねぶた祭り」。
2年に一度開催されるこの祭りも今年で10回目を迎え、
各種ねぶた/ねぷたが跳人を従えて、夕暮れの街を練り歩く・・・。
という訳で、人生で初めて東京で行われる「ねぶた祭り」に行ってきた。

夕方5時、台(山車)に灯りがともり、ねぶた祭りの列がスタート。
先陣を務める小型ねぶたの後に続く跳人(ハネト)は、
ラッセーラーラッセーラ ラッセーラッセーラッセーラ♪
と大きな声で叫びながら商店街の中を進んでいく。
これが跳人、今まで「六陸」の踊りしか見た事がなかったが(笑)
やはり跳ね方の基本は彼らと同じだった

次々と進んでくる台、ここである重大な事に気づいた。
一つ前で記事にした「世間がイメージするよさこいの姿」・・・
同じ格好の人が目の前にいっぱいいるじゃん!(爆)
つまりあの人形案山子を作った人は、
跳人をよさこいの踊り子と勘違いしたのだろう。納得。

祭りは青森の「黒石ねぷた祭り」で最優秀賞を受賞した、
「境松ひまわり子供育成会」の大ねぷたで盛大に締められた。

自宅に帰り「ねぶた/ねぷた」について調べてみた。
そしてここでまた驚愕の事実を発見!
ねぶたの台をバックに踊る踊り子達、手に鳴子を持って・・・
http://www.kachispo.com/k/1460/

よさこいで跳人を演じ、ねぶたでよさこいを踊る、
これも祭り文化の融合か!?

ちなみにこの中延商店街でも、2005年からよさこい祭りをやっている。

◎みちのく祭りや
http://www.komaki-onsen.co.jp/feature/matsuriya.html
◎中延ねぶた祭り(中延商店街)
http://www.nakanobu.com/article/0006101.html
よさこいかかし

頭にほっかむり、花笠を乗せ、
温泉浴衣に襷がけ、手に扇子を持って踊るのがよさこい!?

これは深川よさこい「深川資料館通り商店街会場」の沿道に飾られていたもので、
同時開催「かかしコンクール」の作品として展示されていたもの。

世間一般的にはよさこいってこんなイメージか・・・。

でも少し前までは、
白の鉢巻に黒の地下足袋、
奇妙なフェイスペイントにペラペラの半纏(あるいは特攻風長半纏)という、
まるで「踊る暴走族」のようなスタイルが
よさこい(YOSAKOI)のイメージだったような

まぁこんな衣装のチームが絶対ないとは言えないが、
一度やってみるのも面白いかもしれない(笑)

でも筆者は写真のようなスタイルを、どこかで見たような気がする
深川1 深川2 深川3

◎受賞チーム
深川よさこい大賞 原宿よさこい連
・江東区区長賞 国士舞双
・高知県知事賞 東京メトロ群青(シーブルー)
・審査員特別賞 調布跳乱舞
・深川観光協会賞 人祭会
・よさこい敢闘賞 江戸の華
・よさこい殊勲賞 祭・WAIWAIよこはま
・スポンサー賞 朝霞翔舞

賞は各会場の審査員による採点の合計で決定

※写真は左から原宿よさこい連、国士舞双、東京メトロ群青(シーブルー)
kokushi.jpg harayosa.jpg metoro.jpg

深川よさこいがリニューアルして、大江戸ソーラン祭りになったと思っている人も多いハズ。しかしその認識は間違っていた。今年の深川よさこいは大きく方向性を変え、よさこい本来の流し踊りを主体としたスタイルで、大々的に開催される。会場は全部で5つ、そのうち2つ(門前仲町永代通り、深川資料館通り)が流し会場で、約700mのロングコースが用意されている。出場は全25チーム、国士舞双、原宿よさこい連など、高知や原宿でお馴染みのチームも多数登場する。今年の深川よさこいは一味も二味も違うゾ!

日時:9月7日(日)12:00~17:00
会場:深川界隈全5会場
・木場公園北イベント会場
・門前仲町永代通り会場
・深川資料館通り会場
・深川キャザリア広場会場
・牡丹町商店街通り会場

◎出場チーム
国士舞双、原宿よさこい連、東京メトロ群青(シーブルー)、よさこい塾☆よっしゃ、Summer Zipper、舞踊工場、舞坂戸連、福豆、☆流星、祭・WAIWAIよこはま、江戸の華、笑来会、人祭会、中目黒MGよさこいクラブ、よさこいソーラン凛、おどり隊、朝霞翔舞、紅踊輝、好舞衣流、浦和それいゆ、舞武蔵、調布跳乱舞、TEAM鹿鳴子、舞浜河探検隊、南行徳スカイ

主催:深川観光協会 深川よさこい祭り実行委員会
後援:江東区、東京都、心の東京革命推進協議会(青少年育成会)、深川警察署、深川消防署、特定非営利活動法人東京オリンピック・パラリンピック招致委員会、深川資料館通り商店街、門前仲町商店街、株式会社フジクラ企画、牡丹町商店街、株式会社ひまわり、タウン誌深川、バリアレス・ハート実行委員会、株式会社SOS-RECORD、ワイエムオフィス株式会社、高知県
協力:木場公園管理事務所、門前仲町商店街、深川資料館通り商店街、牡丹町商店街、深川ギャザリア人祭会、高知よさこい振興会、東京よさこい実行委員会、中目黒よさこい実行委員会、池袋ふくろう祭り会、株式会社東京バスケット・プロモーション、東京地下鉄株式会社

◎深川よさこい祭り
http://www.city.koto.lg.jp/event/1067.html

| ホーム |


 BLOG TOP