よさこい祭り


神戸税理士が送るよさこい

プロフィール

TAM

  • Author:TAM
  • 製造◆昭和良年長月晦日
    形式◆男性♂
    住所◆関東州横浜市
    出身◆四国州新居浜市
    仕事◆広告業
    趣味◆旅行、写真、ギター
    性格◆冷静かつ大胆
    出没◆横浜・川崎界隈
    好物◆讃岐うどん
    常備◆富士ミネラル麦茶

    本家◆広告業界渡り鳥

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ハロウィン1 ハロウィン2 ハロウィン3

今週末は東京モーターショーを筆頭に、ドリーム夜さ来い、かわさき市民祭り、ふるさと渋谷フェスタ等、大きなイベントが目白押し。さて今年はどこに行こうか・・・、出かける間際まで迷ったが、結局家から一番近い、カワサキハロウィンパレードを見に行く事にした。

ポツポツと歩いてほどなく川崎に到着、高架橋を渡って東口へ抜けると、そこはもう黒山の人だかりになっていた。今年で13年目を迎えるこのイベントは、参加者3,000人、観客10万人超という国内最大級のハロウィンパレード。年々増加する見物人、カメラマン、そして外国人。その中を楽しそうに行くコスプレ軍団、その光景はもう川崎の一大祭典、かなまら祭りを超えたかも 川崎名物、変なおじさんも沿道に多数出没。

ピンクのミニスカおじさんや交通整理のネコさんもおったよ。だっふんだ

◎FNNニュース(動画有)
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00165776.html
◎毎日新聞記事
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20091101k0000m040031000c.html
◎神奈川新聞記事
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/0910310015/
◎AFPBB News(写真有)
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2658294/4835360
◎エイガ・ドット・コム
http://eiga.com/buzz/20091031/4

◎カワサキハロウィン2009
http://lacittadella.co.jp/halloween/
横浜よさこい① 横浜よさこい② 横浜よさこい③

異彩を放つ関東屈指のよさこいチームが横浜に集結し、演出・照明を駆使したステージで演舞を披露する。YOKOHAMAよさこいArts“彩響”は、横浜で初となる、エンタテイメント性の高い屋内型よさこいイベント。真夏の炎天下で踊ってこそよさこい、そのパワーを真冬のステージで再現し、練られた演出・照明・音響で、よさこいを「魅せる」。

写真:左から黒潮美遊、原宿よさこい連、子鳩子兎横浜百姫隊

■開催概要
【イベント名】
横濱開港150周年記念・都筑区制15周年記念
よこはまスポーツ振興基金助成事業
YOKOHAMAよさこいArts“彩響”

【開催日時】
2009年12月13日(日) 
昼の部/13:00~15:00(12:30開場) 夜の部/17:00~19:00(16:30開場)

【開催場所】
都筑公会堂(横浜市都筑区茅ヶ崎中央32-1 都筑区総合庁舎内)

【出演チーム】
夏舞徒(埼玉)、黒潮美遊(千葉)、ところざわ武蔵瀧嵐(埼玉)、原宿よさこい連(東京)、
水戸藩YOSAKOI連(茨城)、子鳩子兎横浜百姫隊(神奈川) 他
ゲスト:横浜都筑太鼓

【入場料】
指定席:4,000円(前売りのみ)
自由席:前売り3,000円 当日3,500円
カメラ席:5,000円(前売りのみ)
車椅子席:2,000円

【主催】“彩響”実行委員会
【共催】NPO法人白鳥学園
【後援】都筑区役所、センター南商業地区振興会、センター北商業振興会、横浜市教育委員会、公益財団法人、横浜市芸術文化振興財団、財団法人横浜市体育協会、財団法人横浜観光コンベンション・ビューロー、 横浜商工会議所、社団法人横浜青年会議所、ヨコハマカーニバル実行委員会、朝日新聞横浜総局、神奈川新聞社、横浜エフエム放送株式会社、株式会社タウンニュース社

◎YOKOHAMAよさこいArts“彩響”
http://saikyo.cygnet.or.jp/
新居浜太鼓祭り① 新居浜太鼓祭り② 新居浜太鼓祭り③

盆・正月は帰らなくても、祭りだけはどんな無理を強いてでも帰る、これが新居浜人の掟。という訳で生粋のハマッコ(笑)である筆者は今年も帰省を敢行し、市内各地の太鼓祭りを満喫するのであった。今回は関東からの客人を連れての見物で、その間に法事も入っていたので見る時間が限られ、小回りも効かなかった。しかし朝から夜までフルパワーで動き回り、川西、川東、上部の主要会場をほぼ網羅する事ができた。見られなかったのは大生院と鉢合わせの瞬間だけ・・・(←これが一番マズイ

イベント化で観客を大幅に増やした川西地区、喧嘩に明け暮れ多数の負傷者を出した川東地区、平和運行と技で地域の結束力をみせた上部地区、どの地区が一番とは決められないが、筆者的にはやっぱり生まれ育った川西地区にこそ、「男祭り」の真髄があると思っている。そうりゃえんやえんやよいやさのさっさ♪

◎今年の祭り見物コース
・10月16日
八旛神社(川東西部)→新居浜小学校(川西(東方))→慈眼寺(法事)→マリンパーク新居浜(川東)→加茂川(西条)→イオンモール新居浜(川西)
※法事前、慈眼寺に江口太鼓台がやってくる

・10月17日
河川敷公園(川東西部)→山根グラウンド(上部)→多喜浜駅前(川東統一)
※沢津-本郷の鉢合わせで河川敷のかきくらべは中止になる

・10月18日
大江浜(川西)→花園商店街(川西)→一宮神社(川西)→花園商店街(川西(西方))→元塚(川西(東方))→堀江神社(新須賀)
※あまり知られてないが宮出し後、東方3台で夜太鼓をやっている

◎2009年の動画一覧(新着順)
http://www.youtube.com

・2008年のレポート
http://tx.blog14.fc2.com/blog-entry-309.html
・2007年のレポート
http://tx.blog14.fc2.com/blog-entry-249.html

新居浜太鼓祭り④ 新居浜太鼓祭り⑤ 新居浜太鼓祭り⑥

◎朝日新聞記事
http://mytown.asahi.com/ehime/news.php?k_id=39000000910180003
◎読売新聞記事
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ehime/news/20091017-OYT8T01147.htm
◎毎日新聞記事
http://mainichi.jp/area/ehime/news/20091019ddlk38040378000c.html
◎愛媛新聞記事
http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20091019/news20091019522.html

◎新居浜太鼓祭り(公式)
http://www.city.niihama.lg.jp/soshiki/detail.php?lif_id=7311
◎新居浜太鼓祭り(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki
川崎阿波踊り① 川崎阿波踊り② 川崎阿波踊り③

高知・原宿とよさこいも一段落し、ようやく秋らしくなってきた今日この頃。しかし秋は怒涛のお祭りシーズン、各地で様々な祭りやイベントが開催され、近隣でも殆ど毎日何らかの催しをやっている。懲りずにダラダラやっているよさこいもどきイベントはもう勘弁・・・、という訳で、今週末は阿波踊りをやっている川崎の街に出没した。

この夏は徳島、池田、高円寺と見事に行きそびれ、何だかすっきりしないままでいたのだが、ここでようやく阿波踊りに巡りあえた。YOSAKOI系イベント同様、「かわさき阿波おどり」も年々規模が縮小し、参加団体はピーク時の1/3まで減った。ただ阿波踊り的にはこのサイズが絶妙で、参加全連を余裕で見る事ができたり、より情緒をより感じられたりするのである。

普段スピーカーの爆音に慣れているせいか、笛、太鼓、三味線、鉦など鳴り物の音が妙に心地よく、体に優しく響いてくる。やはり人力に勝るものなし、阿波踊りは電気がなくても成立するので、途中で音が止まるというアクシデントがないし、排気ガスも出さない。ついでによさこい会場によくいる迷惑&変態爺カメラマンがいないのもいい。時代はエロジジーからエコロジーヘ

5かけ6かけ7かけて、やっぱり踊りはやめられない♪

| ホーム |


 BLOG TOP