よさこい祭り


神戸税理士が送るよさこい

プロフィール

TAM

  • Author:TAM
  • 製造◆昭和良年長月晦日
    形式◆男性♂
    住所◆関東州横浜市
    出身◆四国州新居浜市
    仕事◆広告業
    趣味◆旅行、写真、ギター
    性格◆冷静かつ大胆
    出没◆横浜・川崎界隈
    好物◆讃岐うどん
    常備◆富士ミネラル麦茶

    本家◆広告業界渡り鳥

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひのよさ祭① ひのよさ祭② ひのよさ祭③

豊田の駅に着いたのが演舞開始15分前、天気は晴れ、気温は35度超、今年のひのよさこいも何か起こりそうな予感がした。

暑いのはしょうがないので、まずは団扇と出番表を貰って、流し会場のスタート地点に行ってみる。裏方には知ってる顔がチラホラ・・・、適度に挨拶をして、沿道の日差しの少なそうなところを選んで、カメラを構える。時間は午前11時30分、予定通りに地方車は動き出し、プログラムは順調な滑り出しを見せた。

ほぼ時間通りに進行する流し会場。しかしあまりにも暑いので、途中から森の中にあるステージ会場へ移動する。こちらはテントはあるものの、人が多い割りに風がなく、かなり蒸し暑く感じた。ここでは主力数チームを見て、ランチをするため途中で脱出、会場から10分ほど歩いたところにある、「手打ちうどん咲楽」に行く。ある意味、日野に来るのはこれが目的だったりもする。本格讃岐うどん、ウマー!

食事を終えて会場に戻る途中、突然雲行きが怪しくなり、パラパラと雨が降り出した。しばらくは大した事がなかったので、一旦テントのあるステージ前へ行き、様子を伺っていた。雨は止んで多少青空の見える状態、演舞も時間通りに行われていた。しかし「福豆」の演舞前、唐突に「雷雲が近づいていますので、これにてひのよさこい祭を打ち切ります。お気を付けてお帰りください」との場内放送がある。

唖然とする観客、チーム。釈然としないまま流し会場に戻ると、普通に「舞華」が踊っていて、後続のチームもこちらに向かって進んでいた。中止はステージだけ? と思っていたら、再び雨がパラパラしはじめ、今度はだんだん強くなってきた。このままだと濡れるので、沿道にあるテントに非難し、様子を見ていた。時間を繰り上げ次々スタンバイするチーム、しかし雨はさらに強くなるばかり・・・。

これはもうダメだろうと判断し、テントを抜けて一気に駅まで走る筆者。電車に乗る寸前、豊田駅周辺はゲリラ豪雨となる。ギリギリセーフ。もちろん流し会場の演舞も途中で修了となり、今年のひのよさこいは初の途中中止となった。自宅にたどり着く頃には雨は止み、窓を開けると東の空に虹が見えた。

昨年のレポートはこちら↓
http://tx.blog14.fc2.com/blog-entry-405.html

ひのよさ祭④ ひのよさ祭⑤ ひのよさ祭⑥

◎ひのよさこい祭
http://www.hino-yosakoi.net/
スポンサーサイト
サマフェス① サマフェス② サマフェス③

7月21日は川崎大師サマーフェスタの日。恒例のサンバパレードをはじめ、スタンプラリーや抽選会、ステージ、飲食など、様々なイベントが行われる。そして今年、その開催日が川崎大師風鈴市(7/17~7/21)の最終日と重なって、過去最高レベルの人出となった。5日間に渡って開催される風鈴市は、全国47都道府県の風鈴をもれなく網羅し、人が群がって風鈴近寄るのも大変な状況。よっておもてなしの冷茶だけを貰って、会場を一周しながら遠めに写真だけ撮る。

サンバパレードは午後3時からなので、その間仲見世を物色したり、川崎大師周辺を散策し、適度に時間を過ごす。そしてサンバ開始10分前、会場であるごりやく通りに行ってみると、スタート地点にはカメラやビデオを持った多数の追っかけ爺が群がっていた。ゲロゲロ! これじゃ見るのが大変だし、汗だく爺にまみれたくないので、スタート地点より少し下って最適な位置を確保する。  

サンバはよさこいや一般のパレードとと違って、音響車や照明を使わない、生音源のエコロジーなイベント。しかし踊り子を追っかるカメラ爺の数がハンパなく、沿道に溢れる観客をかき分け分けて、怒涛の如くその列(ケツ)を追いかけて行く。恐るべし明るいナショナル・光る東芝の団塊爺、時代はエコロジーからエロジジイへ

サマフェス④ サマフェス⑤ サマフェス⑥

◎川崎大師観光案内センター
http://kawasakidaishi-kanko.com/index.html
総持寺① 総持寺② 総持寺③

暴れ坊主のチャンチキ踊りでお馴染み、横浜・鶴見の曹洞宗大本山總持寺み霊祭り盆踊り大会。数年前に一度中止され、再開された後は比較的穏やかだったのだが、ここ近年はまた別の趣向を加えた、一風変わった盆踊りになっている。

もちろんここの踊りのメインが坊さん主導の「一休さん」であることは間違いない。昨年はフジテレビ、今年はTBSのニュースで取り上げられ、其の認知度も高まりつつある。しかし昨年から突然フラダンスが導入され、それが花火を上げるまでの繋ぎ的イベントになっている。フラダンスで盆踊り、他に類を見ない企画であるが、やはり筆者的には昔のDJ OZMAやケツメイシ、マツケンサンバのような、弾けた楽曲で踊りを披露して欲しいと思う。こんな事言ってると檀家に怒られるか(^_^;

◎曹洞宗大本山總持寺
http://www.sojiji.jp/
IMGP0058① IMGP0110② IMGP0075③

ラタジャトラはインドの御神輿祭り。昼の部はパレード、夜の部はステージがあり、川崎市の市役所通りでは、初の大規模パレードが行われた。参加は在日インド人組織(OCJ)をはじめ、エイサー、阿波踊り、ベトナム人留学生支援会など、多数の団体が参加。当日は公式カメラマンを務め、午後2時~9時までぶっ通しで写真を撮影。自宅からの歩行距離も含め10キロ余りを歩いて、パレードの最後には激しいゲリラ雨に見舞われる。しかしそのまま夜の部へ突入。

ラタジャトラ夜の部の会場は、パレード終点にほど近い川崎市教育文化会館。座席数約2000席の大ホールでは、3時間にわたる多国籍なステージが展開され、午後9時に修了。今回から新しいカメラを導入したので、慣れない操作に四苦八苦。プレス席、1階席、2階席を何度も往来しながら、約300カットを撮影。このホールは照明が暗めの場面が多く、都度カメラ側の設定に苦労する。やはり屋内の撮影は、明るい望遠レンズが必須か・・・

全日程を終えてよれよれになって帰宅後ダウン。翌日起きたら体のあちこちが痛くて動けない。でもそんな日に限って、朝一からアポイントが入ってたりする。ま、たまにゃこんな日もあるさ。

◎タウンニュース
http://www.townnews.co.jp/0206/2014/06/20/240991.html
◎神奈川新聞記事
http://www.kanaloco.jp/article/73622/cms_id/88366

IMGP0304④ IMGP0360⑤ IMGP0466⑥

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。