よさこい祭り


神戸税理士が送るよさこい

プロフィール

TAM

  • Author:TAM
  • 製造◆昭和良年長月晦日
    形式◆男性♂
    住所◆関東州横浜市
    出身◆四国州新居浜市
    仕事◆広告業
    趣味◆旅行、写真、ギター
    性格◆冷静かつ大胆
    出没◆横浜・川崎界隈
    好物◆讃岐うどん
    常備◆富士ミネラル麦茶

    本家◆広告業界渡り鳥

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スパよさ2014① スパよさ2014⑤ スパよさ2014③

テレビ高知で9月7日に放送された「原宿表参道元氣祭・スーパーよさこい2014」が、1時間の短縮版(実質50分)になり、まずはtvk(テレビ神奈川)で放送された。初日の明治神宮奉納演舞から、2日目の原宿口ステージの審査発表までが収められ、途中踊り子や見物人などのインタビューが挿入されている。演舞の多くは表参道で収録された流しの模様で、入賞チームを中心に構成されている。

高知版は2時間、全国版は1時間、今回はどの程度編集されているのかわからないが、以前両方を見比べた時、高知版はあくまでも高知チームが主体で、間に各地のチームが挿入されるという、まるで高知でやってるかのような内容になっていた。今回の全国版で紹介されたのは24チーム、1チームあたりの時間は10秒程度と短く、例年同様、ダイジェスト版的な印象を受けた(短縮版なので当然)。まぁもっと見たい人は、オフィシャルDVDを買えばいいだけの話だが。

原宿や高知の件は近年、論評やレポートを控えてきたのだが、あえて言うとすれば、もう高知も東京もトップレベルはさして変わらない、いや、すでに一部では東京の方が先を行っているように思う。これはスーパーよさこい黎明期に、高知の岡崎市長が語っていた事であり(10年先にはそうなるであろうという話)、筆者もその時同様の事を感じていた。そして昨年、起こるべくしてそれが起こった。

天空しなと屋は今回の出場チームとして、しん、茜丸、ちょんまげの3チームに加え、倭乃國、ほにや、やいろ、男参S"などを手がけている。また先日修了したテレビ東京系の人気アニメ「ハナヤマタ」の振付も行っている。関東のよさこいは今後しばらく、天空しなと屋系と、早稲田や法政など学生チームのOBを主体とした新チーム、なるたかを中心に回っていくような気がする。

ただ今年のスーパーよさこいで一番印象に残ってるのは、熱風舞人の「本町キネマパラダイス」なんだなぁ。やっぱりよさこいって楽しくなきゃ!

◎今回放送されたチーム
・奉納演舞
十人十彩、帯屋町筋、國士舞双、原宿よさこい連、ほにや、しん
・一般演舞
ASOBISYSTEM×ダイヤモンドダイニング、倭乃國、夜高舞緋組、大富士 with 雄大グループ、さぬき舞人、濱長 花神楽、上總組、帯屋町筋、茜丸、ぬまづ熱風舞人、しん、舞幻、 やいろ、旭食品、いなん、長州青組、ほにや、ぞっこん町田'98、國士舞双、JCB夢翔舞、よさこいCOME2くらぶ、なるたか、十人十彩

スパよさ2014④ スパよさ2014⑦ スパよさ2014⑥

◎スーパーよさこい2014
http://www.yosakoi-harajuku.com/
スポンサーサイト
深川2014① 深川2014② 深川2014③

これで4週連続のよさこい見物。原宿、府中、横浜に続いて今週末は深川よさこい祭りに出没。どんだけよさこい好きなのよって、ここに来たのは実に5年ぶりで、しかも今年はちょうど週末の予定が空いてただけ。三連休という事もあり、たまには下町観光でもしてみるか、今回はそんな感じで門前仲町の駅に降り立った。

現地到着は11時前、メイン会場が以前と変わり深川公園になっているので、地図を頼りに現地にたどり着く。初見参のこの公園、テントや椅子が設置され露店などもあるが、下はモロに土(砂地)なので、どう見ても運動場に見える。そして他所と決定的に違うところ、それは敷地内にステージが設置されてない事。まぁよさこいも飛んだり跳ねたりするので、ある意味運動場でやるのもありかもしれない。という訳で、そのまま深川公園にいて、昼前までよさこいを見る。

すぐ隣にある永代通り会場&富岡八幡宮会場。ここからわずか3分で移動できるのが最大のメリットで、その途中に誘惑スポットが多数ある。しかし昼食は先送りして、まずは永代通りで始まる流しを見に行く。大通りの端1車線を潰した流し会場は、真横をバスやトラックがガンガン通り過ぎて行く、適度にスリリングな会場。一応仕切りはあるので接触する事はないと思うが、途中踊り子が救急車に運ばれるところを見た。気温が予想以上に高かったので、熱中症になったのかもしれない。

伊勢屋で昼食を買って富岡八幡宮へ移動。ここの参道を流し会場にしているのだが、距離が短いので、大人数チームでは微妙な半流しになってしまう。しかし境内の風景がよく、踊り子との距離も近く、椅子も用意されているので、うまくすれば座って見る事ができる(結局座れなかったが)。適度にインターバルの時間もあるので、その間に境内奥へ移動し、そこでようやく昼食にありついた。伊勢屋弁当、ウマー

一通り主要チームを見たので、その後は演舞の合間を縫って、深川不動尊や土産屋など、門前仲町周辺を見て回る。富岡八幡宮の入口角にあるグッズ屋のアイドル、招き猫のたまちゃんは可愛かった。本当はもっとゆっくり観光をして帰るつもりだったが、あまりにも暑すぎて今回も途中でリタイヤ。そしてこの後、衝撃の不幸が筆者を襲う…。続きはFacebook

深川2014④ 深川2014⑤ 深川2014⑥

◎深川よさこい祭り
http://www.fukagawa-yosakoi.com/
ハマこい2014① ハマこい2014② ハマこい2014③

地元横浜の踊りの祭典「ハマこい」は、高知のよさこい祭りをモデルとしてスタートし、今年で15回目を迎える。横浜という地域性もあり、ダンスをベースとしたチームが多く、またダンススクールやスタジオを持っているチームもあり、その殆どが年間を通して活動を行っている。当初は夏の大型イベント「ヨコハマカーニバル・ハマこい踊り」として盛大に行われていたが、次第に協賛金が確保できなくなり、2009年を最後に拠点であった横浜駅西口を退いた。

ハマこいはその後、規模を縮小しながらみなとみらい地区を転々とし、今年はパシフィコ横浜プラザ広場をメインに、グランモール公園円形広場、日本丸メモリアルパークを会場として行われた。昨年からは名称とレギュレーションを変更し、よさこいに縛られないダンスイベント、「ハマこい」として開催されている。まぁ堅い話はこのくらいにして…

地元のイベントは時間に縛られず、まったり適度に会場を見て回るというのが筆者のポリシー。そんな訳でお昼頃にふらっと出かけたら、メインステージ前に到着したとたん、いきなり大粒の雨が降って来た。ちょうどインターバルの時間だったので、雨が当たらないところを探していると、しばらくで雨は止み、エキシビジョンのステージが始まった。はぁやれやれ…。

ステージ前にいたのは小一時間、その後周辺の商業施設をぶらりと回って、今度はグランモール公園円形広場に移動する。少し蒸し暑くなっていたような…、と思っているうちに次第に晴れてきて、直射日光をモロに受ける。会場を上から見下ろせ、また座れるのが最大のメリットである会場だが、狭さと暑さでここは30分ほどで退散。

白い帆がシンボルの帆船、日本丸が展示されているている「日本丸メモリアルパーク」。そのすぐ前に設置されている常設ステージ、そこが今回の会場。ステージ前は人だかりが出来ているので、後ろにある「横浜みなと博物館」の上のデッキに上がって、再度上から見下ろす格好でハマこいを見物。振り向けばみなとみらいの風景が美しいところ(笑)、でも暑さで疲れてきたので、ここもまた30分余りで退散する

一度メインステージに立ち寄った後、商業施設内で適度に涼んで、雨が降らないうちに岐路に着いた。最近このパターンが多いような 家に帰ってまったりしていると、天気予報通り激しいゲリラ雷雨になり、街は大わらわ。今回もお後がよろしいようで(←筆者的には)

ハマこい2014④ ハマこい2014⑤ ハマこい2014⑥

◎ハマこい2014
http://hamakoi.jp/
府中① 府中② 府中③

長い間関東地方に住みながら、府中には一度も足を踏み入れた事がなく、またとりたてて興味をそそる街でもなかった。よさこいでは毎年原宿や坂戸といった大きな祭りと重なるのでまず行く事はなく、仕事でも立ち寄る用事はなかった。よって今回が初見参。

まず降り立ったのが南武線・府中本町の駅で、閑散とした駅周辺と、競馬場に行く年配者の姿しかない事に少々驚く。大丈夫かこの街は、なんて思いながらしばらく歩いていくと、大國魂神社という立派な神社に出た。ここもよさこい会場の一つになっているので、一度本殿まで行って参拝し、そのまま縁日が行われている境内を抜けて、メインストリートのけやき並木通りを目指す。

甲州街道を抜けると街は予想外に拓けていて、伊勢丹をはじめとする商業施設や、通りには商店が続いていた。基本的にこの街は、京王線の府中駅を中心に栄えているようだ。「けやきフェスタ・よさこい in 府中」の会場は全部で10ヵ所、そのうち駅周辺の6会場を下見して、その中から4会場に絞って見る事にした。参加は全50チーム、スーパーよさこいに出ていたチームも多数出ているので、けっこう見応えがありそうな感じ

まぁ今回は撮る事よりも見る事が目的なので、流し会場を足場を置きつつ、適度に時間を作って周辺の商業施設を見たり、街中を散策したりする。ただ初めて来たところなのに、あちこちで知ってる人に何度も会う。恐るべしよさこいネットワークとその機動力。

何はともあれ府中のよさこいは、予想以上に賑やかな祭りだった。日程上これが最初で最後の出没になるかもしれないが、縁があれば大國魂神社の神様が、また呼んでくれるのかもしれない。ちなみにメインステージが設置されたこの神社は、縁結びの神様としても知られている。

府中④ 府中⑤ 府中⑥

◎けやきフェスタ・よさこい in 府中
http://www.yosakoiinfuchu.com/

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。