よさこい祭り


神戸税理士が送るよさこい

プロフィール

TAM

  • Author:TAM
  • 製造◆昭和良年長月晦日
    形式◆男性♂
    住所◆関東州横浜市
    出身◆四国州新居浜市
    仕事◆広告業
    趣味◆旅行、写真、ギター
    性格◆冷静かつ大胆
    出没◆横浜・川崎界隈
    好物◆讃岐うどん
    常備◆富士ミネラル麦茶

    本家◆広告業界渡り鳥

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハロウィン2014① ハロウィン2014② ハロウィン2014③

今年で18回目を迎えるカワサキハロウィン。そのメインイベントとなる仮装パレードは今や国内最大級となり、25日のキッズ・パレードには1,000人、26日のハロウィン・パレードには2,500人が参加した。今回からコースが大幅に変わり、キッズ・パレードがチネチッタ通り~銀柳街・銀座街の往復×2回、ハロウィン・パレードが川崎競輪場前~川崎駅前までの一直線、約1.5キロの道のりとなった。

このハロウィン・パレードは、昨年までは駅前の商店街をぐるりと一周回るコースになっていて、参加人数は3,000人、列と観客も近く、沿道の両側から見る事ができた。今回は参加人数が削減され、パレードがまともに見えるのは片側歩道だけ、しかも歩道と道路との間に大きな垣根があり、非常に見辛い状態になっていた。チネチッタ通りへの流し込みは廃止され、フィナーレのヒートアップもなし、グレードダウン感は否めない。警察や行政による道路使用の判断や、大動脈である国道15号線を跨ぐという事が、パレードのボトルネックになっていると思う。

観客的にはイマイチ盛り上がらなかった感のある今年のパレード。来年は再度コースの見直しを行い、都内各所で行われているハロウィンイベントに負けない、名実とも日本一のパレードになる事を期待したい。参加者が楽しかったんだから「いいじゃないの~」って、「ダメよ~、ダメダメ

ハロウィン2014④ ハロウィン2014⑤ ハロウィン2014⑥

◎カワサキハロウィン2014
http://lacittadella.co.jp/halloween/
スポンサーサイト
新居浜太鼓祭り2014① 新居浜太鼓祭り2014② 新居浜太鼓祭り2014③

新居浜太鼓祭りは他所に例をみない日本一の喧嘩祭りであり、また世界最強のガチンコバトルと言っても過言でない、超荒くれ男祭りである。そのため新居浜出身者は盆・正月は帰らずとも、この日のためならどんな無理を強いてでも地元に戻り、命を賭けて祭りに参加する。基本は平和運行、しかし喧嘩(鉢合わせ)による多数の死傷者や逮捕者を毎年出しているのも事実で(地元以外では殆ど報道されない)、今年もまた仁義なき戦いが市内各所で行われた。祭りに使用される太鼓台は長さ12~13m、重さ約3tの巨大な山車で、制作に1台数千万~1億円の費用がかけられている。これが市内に52台あり、地区ごと(大まかに4地区)に分かれて運行されている。

もちろん筆者も毎年祭りには帰省し、このエキサイティングな祭りを堪能している。しかし今年は法事をはじめ、人との約束、ナビゲーターなど様々な用事があり、例年通りめいっぱい楽しむという訳にはいかなかった。とはいえ、そこは策士として綿密に計画を練って、主要な場面にはほぼ駆け付ける事ができた

※全ての太鼓台が喧嘩(鉢合わせ)をする訳ではない。無論禁止行為である。

■2014年の足取り
◎10月16日
白石建設工業前→新居浜駅前→一宮の杜ミュージアム→フジグラン新居浜夜太鼓→イオンモール新居浜夜太鼓
◎10月17日
新須賀入り→庄内入り→河川敷公園かきくらべ(東)→山根グラウンド統一寄せ(上)→工場前かきくらべ
◎10月18日
大江浜かきくらべ→船御幸→一宮の杜ミュージアム→一宮神社かきくらべ→元塚夜太鼓

※無印=川西地区、(東)=川東地区、(上)=上部地区

新居浜太鼓祭り2014④ 新居浜太鼓祭り2014⑤ 新居浜太鼓祭り2014⑥
もしかして① もしかして② もしかして③

流し会場の沿道で 写真を撮っていたら踊り子さんが
満面の笑顔で迫って来たんだ
もしかしてだけど もしかしてだけど
それってオイラを誘ってるんじゃないの

地方車の上のおねえさん こっちを向いて艶っぽい声で
夜さ来い~夜さ来い♪と歌っているんだ
もしかしてだけど もしかしてだけど
それって今晩来てくれって事じゃないの

ひろめ市場で飲食後 隣にいた子がトイレに行って
歯磨きをして戻ってきたんだ
もしかしてだけど もしかしてだけど
食後のキッスを求めてるんじゃないの

初めて高知に来たという 観光客の女の子が
ホテルの場所を訪ねてきたんだ
もしかしてだけど もしかしてだけど
一緒にお泊りして欲しいんじゃないの

土佐電に乗って移動中 隣に座った踊り子さん
俺の衣装をお尻で踏んでいるんだ
もしかしてだけど もしかしてだけど
俺が降りるのを引き止めてるんじゃないの

ミニスカ衣装で揃えたチーム 流し会場を進んでいると
観客が激しく団扇で煽っているんだ
もしかしてだけど もしかしてだけど
みんなでスカートめくってるんじゃないの

そういう事だろ

もしかして④ もしかして⑤ もしかして⑥
川崎阿波踊り2014① 川崎阿波踊り2014② 川崎阿波踊り2014③

しかけた踊りはやめられぬ。今年で29回目を迎える「かわさき阿波おどり」は、川崎駅東口駅前通り、銀座街、銀柳街、地下街(川崎アゼリア)の、計7会場で盛大に行われた。昨年は雨でメインの2会場が使えず規模を縮小して行われたが、今年はうって変わっての夏日となり、むしろ蒸し暑ささえ感じた。

ちょうど川崎アゼリアでは「四国物産・観光フェア」が行われていて、この日の昼間の催しとして「娯茶平+飛鳥連+あぜりあ連」による阿波踊りイベントも企画されていた。もちろん見に行く予定だったが、時間がうろ覚えでこれを見逃してしまう。仕方がないのでラゾーナのMay.Jライブを見に行き、しばらく周辺で時間を潰して戻ってくると、唐突にステージで同ユニットの演舞が始まった。もちろんこれは予定外、娯茶平の連長も健在で、見られてよかった。

阿波踊りの正式な開始時間は午後4時。各会場で一斉に始まるので、まずはこのままアゼリア会場から見る事にした。ここは最初の葵連が終わった後、しばらくインターバルタイムとなるので、昨年見られなかった第一、第二会場に行ってみる。しかし例年以上の人だかりで全く見る事が出来ず即退散、一番空いているであろう第三演舞場に足を運ぶ。

銀座街は予想通り空いていた。しばらくここで踊りを見ていたが、やはりメインの第一、第二会場が気になったので、懲りずに再びリターン。今度は一番端っこに僅かな人垣の隙間があったので、そこから会場の中を覗き込む。前が一人去り二人去り、知らぬ間に最前列・・・、といっても会場の一番端なので、踊り子との距離はかなりある。望遠レンズを駆使して写真を撮りつつ、約2時間ここで演舞を拝見、足が棒になる。

その後第三~第七会場までを適当に流し見て、疲れたので演舞修了の午後8時前に帰路についた。今年の阿波踊り見物はこれにて修了、来年は徳島で見よう

◎昨年のレポートはこちら
http://tx.blog14.fc2.com/blog-entry-409.html

川崎阿波踊り2014④ 川崎阿波踊り2014⑤ 川崎阿波踊り2014⑥

◎かわさき阿波おどり
http://kawasaki-awaodori.com/

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。