よさこい祭り


神戸税理士が送るよさこい

プロフィール

TAM

  • Author:TAM
  • 製造◆昭和良年長月晦日
    形式◆男性♂
    住所◆関東州横浜市
    出身◆四国州新居浜市
    仕事◆広告業
    趣味◆旅行、写真、ギター
    性格◆冷静かつ大胆
    出没◆横浜・川崎界隈
    好物◆讃岐うどん
    常備◆富士ミネラル麦茶

    本家◆広告業界渡り鳥

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カワハロ2015① カワハロ2015② カワハロ2015③

巷ではハロウィンイベント目白押しで、今やメジャーイベントとして各地に定着し、その経済効果はバレンタインデーを凌ぐまでになった。これらブームの火付け役が、今年で19回目を迎えるカワサキハロウィンだ。参加人数はキッズパレードが1,500人、ハロウィンパレードが2,500人、そして今回の目玉であるスター・ウォーズパレードに200人余りと、他所の追随を許さない、日本最大のハイクオリティな一大パレードになっている。

今年のパレードは昨年から大幅にコースを変え、ルフロン前をスタートし、平和通商店街、市役所通りを経由して、川崎駅前通りがゴールとなる。今回から駅前通りは車線規制が解除され、片側全車線が使用可能となって、広々としたスペースができた。先日行われたかわさき阿波おどりはここをメイン会場にしているのだが、それが今年で最後になったのは、この辺の事情が関係しているのかもしれない。まぁ何はともあれ、昨年筆者がこのブログで指摘した事が、ほぼ改善された事は非常に喜ばしい事である。

そんな事もあり、パレード当日は今まで以上に混雑する事が安易に予測できた。といっても解決策はないので、地元民の土地勘で一番空いていそうな平和通の中程まで足を運んでみる。予想は的中、パレード開始10分前だというのに、まだ最前線の一部が空いていた。が…、しかしだ。ここは道幅が狭いので、肝心のスター・ウォースパレードが通らない。市役所通り、駅前通りは人垣で全く前が見えない状態、今さら移動する余裕もないので、A~Dグループが確実に見られるこの場所で落ち着く事にした。

TRFのDJ KOOが乗ったフロートを先頭に、パレードの列が入って来た。沿道はデジカメやスマホが一斉に差し上がり、モニターに映る映像が光の帯となる。ちょうどその時だった。某お台場のテレビ局が前に割り込んできて、そのスタッフの頭が視界を遮る。マスコミ各社のカメラがそこここにいるのはしょうがないとはいえ、これにはちょっと閉口。蹴りたい背中をしばし我慢して、大接近でパレードを見る。途中10段位ある巨大な脚立を持った兵が登場し、最上段に登って、上から悠々とパレードを見ていた。う~ん、どこかで見た風景だ…

最後列のDグループが通過後、急いで裏通りから駅前に移動し、迎撃体制に入る。最前線はBグループ、しかし巨大な人垣が幾重にもできていて、前がさっぱり見えない。もちろんスター・ウォーズパレードにもお目にかかれずじまい。人出は過去最高の12万人、その密度はハンパなく、チッタ方面は前に進む事すら困難だった。始まった当初のカワサキハロウィンは、某よさこいチームがにゃんこ隊として参加するこじんまりとしたイベントだったのだが、こうなってしまうと何だかその頃が懐かしい。来年は表参道にでも行ってみるか!?

◎昨年のレポートはこちら
http://tx.blog14.fc2.com/blog-entry-433.html

カワハロ2015④ カワハロ2015⑤ カワハロ2015⑥

◎カワサキハロウィン2015
http://lacittadella.co.jp/halloween/
スポンサーサイト
川崎阿波踊り1 川崎阿波踊り2 川崎阿波踊り3

今年で第30回を迎える「かわさき阿波おどり」。川崎駅東口を中心に、駅前通り、銀座街、銀柳街、地下街(アゼリア)で行われてきたが、諸事情により今回で最後の開催になるという。駅や地下街がリニューアル中とはいえ、川崎Beがなくなり、さいか屋が撤退して、核となる施設を失った東口。予算的に阿波踊りを継続する事が難しくなったという事なんだろうが、それ以外の事情も見え隠れする。そういえば今回は毎年駆け付けていた徳島の重鎮、娯茶平の連長の姿もなかった。地下街のステージはわずか10分間、演舞は一連のみで、同時開催されている四国物産展までが、規模縮小を余儀なくされていた。

これで見納め・・・、とはいえここは150万都市川崎、地上の各会場は相変わらず人で溢れ帰り、開始時間早々に駆け付けたのにもかかわらず見る場所が殆どなかった。第一会場を諦め第二会場に移動するが、ここもほぼ似たような状況で、道路の一番端に僅かに入るスペースがあるのみだった。運よく場所を譲ってくれる御大がいて、立席ながらようやくここで演舞を拝見する事ができた。北のおんちゃんに感謝!

見ること1時間余り、じっとしてると流石に足腰が萎えてくるので、適当なところを見計らって、第三演舞場に移動する。全会場で一番空いている会場であるが、やはり後から行くと人垣が出来ているので、あまり見やすい訳ではない。結局一連のみ見て、そそくさに第四会場へと向かう。しかしここから第六会場までが最大の難所で、しかも川崎ならではのエキセントリックな光景が展開されるところなので、そういう輩を避けながら人垣の隙間から演舞を拝見する。

終了時間は午後8時、今回で終わりということなので最後まで見てもよかったのだが、上記の理由から少し早めに切り上げる事にした。これで本当に終わり・・・、と思いきや、家に帰って公式サイトを見てみると「今年最後とお知らせしましたが、来年以降は形を変えて開催予定です」との表記があった。なんじゃあそりゃ。

◎昨年のレポートはこちら
http://tx.blog14.fc2.com/blog-entry-430.html

川崎阿波踊り4 川崎阿波踊り5 川崎阿波踊り6

◎かわさき阿波おどり
http://kawasaki-awaodori.com/

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。