よさこい祭り


神戸税理士が送るよさこい

プロフィール

TAM

  • Author:TAM
  • 製造◆昭和良年長月晦日
    形式◆男性♂
    住所◆関東州横浜市
    出身◆四国州新居浜市
    仕事◆広告業
    趣味◆旅行、写真、ギター
    性格◆冷静かつ大胆
    出没◆横浜・川崎界隈
    好物◆讃岐うどん
    常備◆富士ミネラル麦茶

    本家◆広告業界渡り鳥

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

P1010101.jpg

全国で様々なよさこいイベントが立ち上がり、北は北海道から南は九州・沖縄まで、その数は裕に300を超えるという。そもそもよさこい祭りとは、高知の地域振興のために立ち上げたもので、手に鳴子を持ち、商店街を流しながら踊った事に始まる。曲によさこい節が入るからよさこい、ごく当たり前の事だが、最近は地域の民謡を楽曲の一部に取り入れる事も多くなった。

北海道によさこいが渡り、これが各地に広がるにつれ、よさこいは元のスタイルから大きく変わっていった。変化する事もまたよさこい、創始者である武政英策はこれを推奨した。しかしよさこい節や地域の民謡が使われないよさこい!?や、鳴子を使わず流し踊りをしないよさこい??も現れ、最近では単なるダンスコンテストまでがよさこいを冠している。

はたしてよさこいとは何ぞや? 正しいルールは何? という事で筆者なりにまとめてみた。「よさこい鬼十則」、電通の社訓と相通じる部分は基本にあり。

◎よさこい鬼十則
1.よさこいは地域振興の祭りであり、自ら造るべきものである。
2.よさこい鳴子踊りとは、鳴子を持って前進していく踊りであり、正調が全ての基本である。
3.鳴子をちゃんと打て! 小さな鳴子の音は踊りを小さくする。
4.長い会場と戦え! そして最後まで流しきるところに進歩がある。
5.踊り始めたら止まるな! 曲が切れても止まるな! ゴールを抜けるまでは...。
6.観客を巻き込め! 巻き込むのと巻き込まれるのとでは、天地の開きがある。
7.地方車を持て! 自前の地方車を持っていれば、忍耐と工夫と、新たな一体感が生まれる。
8.命の水を持て! 命の水がないから君の踊りには迫力も切れも、そして楽しさすらがない。
9.笑顔は常に満面、八方に気を配って、少しの疲れも見せてはならぬ。踊り子とはそのようなものだ。
10.間違いを怖れるな! 踊り子は祭りの華、沿道の希望だ。男は黙って裏方に徹するべし。

◎鬼十則
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%B4%BD%BD%C2%A7?kid=141902
◎電通
http://www.dentsu.co.jp/

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

<< スーパーよさこい 流し会場の変遷 | ホーム | 土佐のおきゃく 春の舞 >>

コメント

電通の鬼十則ですか・・・
何故か会社の営業部長の横(の壁)にも貼ってありました(笑)
パッと見、言葉の表現はかなり過激ですが(特に5とか)、よーく内容を考えてみると、実は仕事に取り組む上で当たり前っぽいことが書いてあるんですよね。

よさこい鬼十則・・・
熱いもの作りましたね(笑)

広告業界の掟

鬼十則、会社にいた頃は机の上に貼ってました(笑)
広告業界では当たり前のように目にするものですが、
ビジネスマンなら皆知ってますよね。

よさこい鬼十則、当たり前の事を並べてみました。
でも高知以外でこれを順守する事は難しいですね。

はじめまして

和歌山でよさこいやってます、日和と言います。コンニチハm(__)m
よさこい鬼十則、いいですね~(^O^)
ウチのホムペに貼り付けたいくらいですワ!
高知のよさこい鳴子踊り、大好きです。鳴子をシャンシャン鳴らせるようなチームにしたいと思ってます(^^ゞ
リンク貼らせて貰って宜しいですか?

鳴子の打ち方

日和さん、こんにちは。
ひょっとしてブログのタイトルに惹かれて来ました?(^^)

HP見させてもらいましたが、これは携帯用なんですね。
リンクの件は了解しましたので、よろしくお願いします。
鳴子がきっちり打てるチームって、気持いいですね。

ありがとうございますぅ~

そうです、携帯用なんですよ。メンバーみんなが見れるように(PC持ってない人もいるので)
タイトルいいですよぉ~(笑)もちろん内容も!
よろしければまたウチのホムペにも書き込みして下さいね。

PCサイト

携帯から見るとわからないと思いますが、
実はこのブログは「広告業界渡り鳥」というサイトの一部で、
他に写真館が6つ(約5000枚の写真を掲載)、掲示板が3つあります。
機会があればPCから見てみてください(^^)
ホムペは折を見て訪問させていただきますので、
またよろしくお願いします。

あ…

何げに辿り着いたら、あのTAMさんのブログだったんですね(*^_^*)
原宿も、沼津も、ご挨拶くらいしかかわせませんでしたが…。
来月のイベントの話も載っててびっくり(o^o^o)
またよろしくお願いします♪♪♪

毎度ど~も

は、さようでございます(^^)
携帯から見てるとよくわかりませんが、
PCで見るとちゃんとプロフィールが入ってます。

情報は新鮮、正確かつ迅速に掲載するよう心がけてますので、
これからもよろしくです♪

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP