よさこい祭り


神戸税理士が送るよさこい

プロフィール

TAM

  • Author:TAM
  • 製造◆昭和良年長月晦日
    形式◆男性♂
    住所◆関東州横浜市
    出身◆四国州新居浜市
    仕事◆広告業
    趣味◆旅行、写真、ギター
    性格◆冷静かつ大胆
    出没◆横浜・川崎界隈
    好物◆讃岐うどん
    常備◆富士ミネラル麦茶

    本家◆広告業界渡り鳥

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

DSCF0090-2.jpg

よさこいで距離の長い会場といえば、まず思い浮かぶのが高知の愛宕競演場。途中に踏切と2箇所の審査場があり、時にバスが横をすり抜けていく、約1キロのロングストリート。関東地方には原宿、日野、坂戸等に数百メートル級の会場があり、それぞれの祭りのメインストリートとして使われている。八王子の場合はいちょう祭りの一環として、甲州街道の片側車線半分を封鎖して、踊り子300人のパレードが行われる。高尾駅~陵南公園間は約1.5キロあり、これが関東最長の流し会場という事になるだろう。

しかしかつて都心のど真ん中で、これより長いパレードが行われた事がある。2003年10月25日、「江戸東京“華”パレード」は、江戸開府400年記念事業の目玉として企画され、晴天の下華々しく行われた。日本橋三越本店前から銀座博品館前までを、マーチングバンド、フロート、神輿、阿波踊り、よさこい鳴子踊り等が、途切れなく進んで行くという史上最大のパレード。その距離約2.5キロ、参加95団体が、2時間をかけてスタート地点を出て行った。

開始時間が遅ので、何かいやな予感はあった。よさこいチームは、他の団体の間に入りスタートしていく事になっているが、先導隊やマーチングバンドが殆ど前へ進まず、よさこいチームのスタートがなかなか始まらない。予定時間から30分以上経過し、ようやくスタートしたと思ったら、演舞の途中でスタッフから「走れ!」の指示が出た。運営側の進行管理に無理があり、パレードは当初の予定通りには進まず、その後も曲の切れ目ごとに踊り子は観客の前を走り続けた。沿道はブーイングの嵐、しかし写真を撮る方もチームに追いつくため、人ごみをかき分けかろうじて最後尾に付いていった。ゴール付近では駆け足はさらに早くなり、博品館前を踊り抜けた時は、踊り子もカメラマンももうヘトヘトだった。

後続のチームを見るため再びスタート地点へ向かっていると、地方車がものすごい勢いで迫ってきた。後ろを必死で走る踊り子、「上總組」も「平岸天神」も次々と銀座の目抜き通りを走り去り、日本一長い流し会場はマラソン会場へと化していった。スタートからゴールまでの2.5キロをわずか40分で駆け抜けるよさこい、今に語り継がれる伝説の「大江戸銀座マラソン」は、こうして生まれたのだった。

◎パレード参加チーム
甲斐◇風林華山、ぞっこん町田'98、新松戸雅の會、武州よさこい上總組、舞踊工場、生っ粋、平岸天神、風来坊、踊るBAKA!TOKYO

◎江戸東京“華”パレード
http://www.nihonbashi-net.jp/bn_photo01.html
◎銀座アキュユイ2003
http://www.ginza.jp/accueille/event/parade.html

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

<< ヨコハマカーニバル「ハマこい踊り」 | ホーム | スーパーよさこい 流し会場の変遷 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP