よさこい祭り


神戸税理士が送るよさこい

プロフィール

TAM

  • Author:TAM
  • 製造◆昭和良年長月晦日
    形式◆男性♂
    住所◆関東州横浜市
    出身◆四国州新居浜市
    仕事◆広告業
    趣味◆旅行、写真、ギター
    性格◆冷静かつ大胆
    出没◆横浜・川崎界隈
    好物◆讃岐うどん
    常備◆富士ミネラル麦茶

    本家◆広告業界渡り鳥

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JUNINTOIRO.jpg

よさこいをはじめ、祭りの撮影で繁盛に使っているのがパナソニックのFZ20という機種。手持ちのデジカメとしては4代目のもので、見た目は一眼レフとそっくり、536万画素、光学12倍ズーム(36mm~432mm)という高性能を誇る。全域F2.8という明るいレンズに手振れ補正が付いているので、ステージが遠くても撮影ができるし、ライブビューで人の頭越しでもシャッターが押せる。一眼レフとコンパクトカメラのいいとこ取りのこのカメラ、軽くて機動性が高いので、移動しながらの撮影には非常に重宝している。

このカメラが我家にやってきたのは2004年の夏だった。FZ20の発売日は8月27日で、その翌日がスーパーよさこいの初日。当時使っていたのは同じLUMIXシリーズのFZ2で、使用開始から1年もたたないまだ新しいものだった。しかしこのカメラは画素数が少ないのが泣きどころで、プリントすると画像が荒く、高感度撮影時のノイズも大きかった。買い換えないと綺麗な写真は撮れない・・・、買った翌日がいきなり出番となるが、このタイミングを逸したくないのと、操作が殆ど変わらない事が決め手となり、発売当日に購入する事となった。

スーパーよさこいは2日間とも雨だった。メインとなるべきFZ20の使用は控え、雨の日用のサブカメラ、フジのFine Pix F401を使って急場を凌いだ。FZ20は雨が小降りになったところで登場させ、そのまま1000枚ほど試写。初めて使った感じは悪くなかったが、撮った写真をチェックしてみると、暗いところに赤く光るスポットが見つかった。最初は後ろの光だろうと思っていたら、その後の写真にも同じ位置に赤い光の塊が・・・。それはCCDのドット欠けだった。新製品は製造ラインが安定してから買えとよく言うが、その言葉通り不良品は初期ロットに集中している傾向がある。発売日に買ったFZ20は、初期不良品として販売店に引き取られ、新品と交換されて帰ってきた。しかし問題は再び発生した。

昼間の撮影には殆どフードを装着しているが、FZ20にフードを装着するとMFリングが重くなる現象が確認された。しばらく使っていると馴染んでくるものと思っていたが、いつまでたってもその現象は解消されない。念のためFZ20のHPを見てみたら、そこには何やら気になるお知らせがあった。「レンズフードアダプターとMFリングのこすれについて」・・・、やっぱりこの製品は不良のまま出荷されていたのだった。まぁ初期の製品にはよくある事なので、直接メーカーに電話をして良品を送ってもらう事にした。サブで使っているF401の調子も悪かったので調べてみると、こちらも見事にリコール対象品となっていて、そのまま修理工場行きとなった。

FZ20はいいカメラ、しかし画質には限界がありそろそろ次のカメラが欲しい・・・、という事で、5代目のデジカメ(一眼レフ)、PENTAXのistDSがやって来た。しかしこのカメラ、半端な製品ではなかった。デジカメに初期不良はつきもの、でもまさかあんな事になろうとは・・・。(続く)

◎FZ20レビュー
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0721/pana1.htm
◎FZ20リコール告知
http://panasonic.jp/support/dsc/faq/fz20/index.html
◎F401リコール告知
http://fujifilm.jp/important/20040716/index.html

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

<< よさこい用カメラ その2~istDS~ | ホーム | 「よっちょれ」と「どっこいしょ」 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。