よさこい祭り


神戸税理士が送るよさこい

プロフィール

TAM

  • Author:TAM
  • 製造◆昭和良年長月晦日
    形式◆男性♂
    住所◆関東州横浜市
    出身◆四国州新居浜市
    仕事◆広告業
    趣味◆旅行、写真、ギター
    性格◆冷静かつ大胆
    出没◆横浜・川崎界隈
    好物◆讃岐うどん
    常備◆富士ミネラル麦茶

    本家◆広告業界渡り鳥

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

MINATO.jpg

横浜のゴールデンウィークを飾るビックイベント、横浜開港記念みなと祭「ザよこはまパレード」。一昨年までは「国際仮装行列」と呼ばれていたこのイベントは、昨年から「開港への道」を統一テーマに掲げ、今年は「~ザッツ・よこはま・エンタテイメント~」を文化テーマとして開催された。参加はキッズパレード14団体、スーパーパレード46団体、スーパーエキシビジョン17団体の合計77団体。フロート、マーチングバンド、世界の舞踊、日本の祭りなど様々な団体が登場し、パフォーマンスを繰り広げる。

国際仮装行列は昭和28年に発案され、戦後復興と港町横浜の観光振興を兼ねた一大イベントとして始まった。第1回は横浜開港記念日の6月2日に行われたが、昭和45年に祝日である5月3日に改められ、現在ではゴールンウイーク期間中、県下最大のイベントとなっている。沿道の人出は33万人(みなとみらい地区全体では101万人)と、わずか2時間程度のパレードにこれだけの人出があるのは、博多どんたくや広島フラワーフェスティバルを凌ぐ混雑ぶりだと思われる。(博多どんたく:全日程200万人、広島フラーワーフェスティバル:160万人)

さてこの「ザよこはまパレード」、地下鉄開業以来さらに観光客が増え、昨年からは沿道3.8キロのどこへ行ってもびっしり人がいるようになった。一番空いていると思われたシルクセンター~赤レンガ倉庫前も、パレード開始30分前には足の踏み場さえなくなる有様。昨年発見した穴場の観覧ポイントに行ってみてが、そこもすでに場所が確保されていて、ビニールシートが一面に敷き詰められていた。かろうじて空いてる狭い場所を見つけ、そこへ潜り込んで座ってパレードを見る事にした。

パレードのコースはスタート地点からゴールまで、どの地点で見てもほぼ逆光となり、順光で見れるのは赤レンガ倉庫前のシート席だけ。しかしそこに入るのは相当な労力がいるし、テレビに映ってしまうというデメリットもあるため、今回もステージ前には行かない事にした。実はこのパレード、地元民放やCATVで生中継されていて、予約録画をしておけば後でゆっくり見られる。またステージ演舞は客席で見るよりも、テレビで見た方が視野が広いので、録画で見るに限るのだ。もちろんTVK、YOU-TVとも予約してきたので準備は万端。

待つ事30分、パレードの先頭の先導隊がやって来た。キッズパレード、スーパーパレードと次々にやってくるフロート、マーチングバンド、和太鼓、バトントワラーズ、そしてよさこい!? とにかくありとあらゆるパフォーマンスが、あっという間に目の前を通り過ぎていく。フロートは今回10台がエントリーされていて、カラフルな横浜高島屋、楽しい崎陽軒、スイーツなジョイナス・ダイヤモンドなどが印象に残った。1台作るのに数百万以上の費用と、1~2ヶ月の制作期間を必要とするこのフロート、わずか2時間のお披露目で終わるはもったいないと思うが、これもハマの企業の心意気!? でもまた来年の新作に期待しておこう。

パレードの後は、赤レンガ倉庫前でスーパーエキシビジョンがある。しかしこれを見るには血と汗と涙を流しながら、ステージ前のシート席へたどり着かなければならない。果たしてそこまでして見る価値があるか? 結局この時間を使って空いてる臨港パークへ移動し、海を見ながらコンビニ弁当を食べたのだった。たまにはまったりもいいもんだ♪ 再び赤レンガ倉庫前へ戻って、最後のスペシャルプログラムをステージ脇から観覧。2チームのよさこい演舞が披露され、これにてみなと祭の全プログラムが終了した。

最近はよさこいを見る事が多いが、こういう一大イベントを見せられると、何だか関東のよさこいイベントが安っぽく思えてきた。ある意味これは間違ってないだろうし、ファインダーを覗いていても、パレードに参加している踊り子の表情が全然違うのがわかる。底抜けに明るく、イキイキと祭をエンジョイしているパレードの参加者。何かやらされているような、不自然な動きと造り笑顔のよさこいの踊り子。撮った写真にもこの違いが歴然として現れている。くしくもこのパレードが始まったのは、第1回よさこい祭りの1年前。比較対象にはならないかもしれないが、昨今のよさこいにももう少し自然な振る舞いと、力の抜いた楽しみ方をして欲しいように思う。

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

<< 原宿表参道元氣祭「スーパーよさこい2006」 | ホーム | ほにやからの速達郵便 >>

コメント

ぶはは!

半パンって・・・

やっぱりメールにしといてよかった(爆)
高知もいよいよシーズン・インですねぇ。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP