よさこい祭り


神戸税理士が送るよさこい

プロフィール

TAM

  • Author:TAM
  • 製造◆昭和良年長月晦日
    形式◆男性♂
    住所◆関東州横浜市
    出身◆四国州新居浜市
    仕事◆広告業
    趣味◆旅行、写真、ギター
    性格◆冷静かつ大胆
    出没◆横浜・川崎界隈
    好物◆讃岐うどん
    常備◆富士ミネラル麦茶

    本家◆広告業界渡り鳥

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

P1000467.jpg

平塚といえば七夕といわれるくらい有名になった「湘南ひらつか七夕祭り」。今やその規模は仙台を抜き、七夕祭りとしては全国一の観客動員を誇る一大イベントとなった。七夕祭りでは様々なイベントが行われていて、その中に「星舞フェスタ」というよさこい鳴子踊りを主体とした催しがある。先日行われた「湘南よさこい」とは別の組織で運営され、この地区で最初によさこいを導入し定着させた。イベント自体はこじんまりとしているが、今年の参加は全部で21チームと過去最大規模になっている。

午前中に平塚入りし、しばらく竹飾りを見てお昼前にイベント会場に入る。昨年もそうだったが、この会場は横長で全体を見渡すのが難しく、しかも観客が非常に多い。今日は早い目に行ったつもりがすでに場内は大混雑で、シート座席は満員、フェンス後ろも隙間なく人で埋め尽くされ、まともに見られる場所がなかった。演舞が始まる頃にはさらに人は増え、全く身動きのできないまま、後ろや横からの割り込み組にガンガン押される事となる。以前からこの街はマナーが悪く、特に中年女性や高齢者にそれが目立つ。(これはどこも同じか!?) 我慢に我慢を重ねていたところ、前にいた人達が帰りはじめ、入れ替わりでようやく立席の前列に行く事ができた。

天気は曇り、第1ステージが終わるまで雨は降らず、全チームの演舞を無事見終える事ができた。しかし第2ステージが始まる頃に雲行きが怪しくなり、会場の下見をしたところで見るのを諦めた。狭い・暗い・見えないと三拍子揃った会場は、先ほど以上の人で溢れかえり、覗き込むスペースすらなかった。帰り始めると急に雨が降り出し、それが次第に強くなって慌てて駅のコンコースに駆け込む。ステージは見なくて正解だったが、傘を持たなかったので七夕飾りをゆっくり見る事ができず、後ろ髪を引かれながら平塚を去る事となった。

<< 星舞フェスタ写真集 | ホーム | 東京の中にある高知 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP