よさこい祭り


神戸税理士が送るよさこい

プロフィール

TAM

  • Author:TAM
  • 製造◆昭和良年長月晦日
    形式◆男性♂
    住所◆関東州横浜市
    出身◆四国州新居浜市
    仕事◆広告業
    趣味◆旅行、写真、ギター
    性格◆冷静かつ大胆
    出没◆横浜・川崎界隈
    好物◆讃岐うどん
    常備◆富士ミネラル麦茶

    本家◆広告業界渡り鳥

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
seisyun18.jpg

とにかく交通費を安くという事で、車以外の移動手段も考えている。通常帰省の時は新幹線+在来線特急を利用していて、東京-新居浜間は二人で71,760円かかっている(35,880円×2=71,760円:自由席だと66,720円)。しかし毎度こんなに費用はかけられないので、何かいい方法はないか・・・、そこで「青春18きっぷ」の登場だ。この切符はJRの普通・快速列車乗り放題で、5日分(もしくは5人分)セットで11,500円。2人で使う場合は4日分あれば足りるので、わずかな費用で自宅と実家を往復する事ができる。もちろん乗換の手間や労力が必要になるが、夜行列車を使う事で疲労は軽減できるので、これを使わない手はない。新居浜-高知間の往復はレンタカーを使う事になるが、宿泊先が実家なのでホテル代は不要だ。

東海道の夜行列車といえば、お馴染み「ムーンライトながら」。この列車は横浜発が0:11なので、「青春18きっぷ」を使うのにはちょうどよいパターン。指定席(510円)さえ取れれば、特急と同じ座席で大垣まで行け、朝までゆっくりくつろぐ事ができる。大垣以降の乗り継ぎも比較的楽なので、時間に余裕があれば再度チャレンジしてみたいと思う。但し「ムーンライトながら」は指定席を取るのが難しく、臨時便がある時でも、発売と同時に売り切れるケースが多い。キャンセル待ちは期待できないので、取れなかった時は始発列車に乗って、ひたすら普通列車を乗り継ぐ覚悟が必要。復路は新居浜発0:23の「ムーンライト松山」を使えば京都までは乗り換えなし、以降の乗り継ぎもスムーズで、指定席も取りやすい。難をいえば乗り心地が非常に悪いという事ぐらいか(実はこれが一番堪える(^^))

ここまで決まればあとはレンタカーだ。費用を最小限に抑えるには、やはり軽自動車しかない。しかし先日業界最安だったジャパンレンタカーが料金を改定し、有料だった会員割引も一方的に廃止したため、料金が2割ほど高くなってしまった。6日間23,340円だったアルトも5,535円値上げされ、28,875円になった。軽なので高速料金は少し安くなり、新居浜-高知間の費用は5,300円(往復高速料金3,800円+ガソリン代1,500円)×3日=15,900円、レンタカー代と合わせて44,775円。これにJR運賃11,500円+2,100円(指定席4枚分)を足すと、総予算は58,375円となり、車で自走するよりも1万円以上安くなる。尚、昨年このパターンを試してみたが、大移動の翌日は腰が痛くて真っ直ぐに立てなかった。(続く)

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

<< よさこいへの道2006~微妙なフェリー編~ | ホーム | よさこいへの道2006~高速爆走編~ >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。