よさこい祭り


神戸税理士が送るよさこい

プロフィール

TAM

  • Author:TAM
  • 製造◆昭和良年長月晦日
    形式◆男性♂
    住所◆関東州横浜市
    出身◆四国州新居浜市
    仕事◆広告業
    趣味◆旅行、写真、ギター
    性格◆冷静かつ大胆
    出没◆横浜・川崎界隈
    好物◆讃岐うどん
    常備◆富士ミネラル麦茶

    本家◆広告業界渡り鳥

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

yokohamabyakkotai.jpg

今年のハマこいは73チームがエントリー。初日は移動のロスを少なくするため、横浜美術館前、横浜駅東口、沢渡中央公園の3会場に絞って演舞を見た。主力チームの殆どが昨年よりハイレベルな演舞を行い、上位陣の力がかなり拮抗しているように思えたが、ダントツに抜きん出たチームがひとつだけあった。それが横浜百姫隊。衣装は昨年のものをマイナーチェンジさせたものだったが、楽曲、踊りの構成は全く新しいものになっており、演舞の中に阿波踊りが取り入れられている。

いつか必ずどこかのチームがやると思っていた技、阿波踊り。もちろん他所ではやっているチームがあるのだが、元々よさこいは阿波踊りをモデルにして作られたもの、源流に踊りが回帰してもおかしくはない。要はそれをどこまでうまく演舞の中に取り入れ、自分達のものにするかが課題なのだ。横浜百姫隊は一昨年、高知のよさこい祭りのユニットチームに参加し、その帰りに徳島に立ち寄り阿波踊りを見て帰っている。テレビやビデオでなく、生で見た本場の阿波踊りの迫力と感動、これがチームの演舞の原動力になっている。

他のチームがやっている事を真似るのは難しい事ではないが、やってない事をやるのは挑戦であり、また博打でもある。今回の横浜百姫隊の演舞はそのどちらでもあり、これを完全にこなさないと単なるモノマネで終わってしまう。さてどうなるか・・・。沢渡中央公園メインステージはコンテスト会場であり、この日のラストステージでもある。始まった演舞は、直前に見た横浜駅東口のものよりスケールの大きい、躍動感と迫力、祭りの楽しさを感じさせるものだった。事実上のファイナルステージである後半の各チームも、趣向の凝らした演舞を繰り広げるが、これといったインパクトはなかった。

審査発表の時間となり、チームの踊り子で溢れる中央公園。勝ち馬に乗る癖がある筆者は、いつのまにか横浜百姫隊の男衆の中にいた(^_^;。「大賞間違いなし」を周囲に断言し、発表の順位が上がっていくたびに冷汗を流してる男衆を横目に、余裕をかましていた。準大賞の発表まで名前が出ない・・・、つまりこれで決まり。大賞は・・・・・、「子鳩子兎メンズプラザアオキ横浜百姫隊」。もの凄いテンションで跳ね回る周囲の踊り子、男衆、そして関係者。男衆とガッチリ握手を交わして、4年ぶりの大賞受賞を祝ったのだった。

横浜百姫隊との最初の出会いは今から5年前。まだできたばっかりのチームだったが、踊りのレベルが水準以上に高く、やたらと元気だったのを覚えている。そのスタイルはどんどん進化し、昨年あたりから「ハマこい」というより、より「よさこい」らしいスタイルになってきた。その拘りは衣装や楽曲の細部にまで及び、今年は鳴子までが小高坂のオリジナルのものに変わった。

今回の作品は今までの集大成という感じがするが、強いていえばテンコ盛り、欲張りすぎという印象もあり、なんだかもったいないような気がする。これが高知のチームなら、○○シリーズと銘打って、何年かに分けてネタを小出しにしてくるだろう。しかし何事も目いっぱいやるのが横浜百姫隊、これからも手綱を緩めずに、どんどん突き進んで行くと思う。(なにげにプレッシャー)

◎ハマこい2006審査結果
http://www.hamakoi.com/yokohama_carnival/kaisaikekka.html

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

<< 坂戸よさこい~萬御写真承[/]~ | ホーム | よさこい祭りの盗撮男逮捕! >>

コメント

そうなんですか!

今年の百姫隊さんはメイッパイ出してきたんですね。

実は・・・
うちも2003バージョンの最後で阿波踊りを取り入れてました。
阿波踊りに見えないんですがね(爆)

小技のデパート

阿波踊り以外にも八木節が入ってました。
ラストは衣装の後ろが花札になってるし、
とにかく小技がバンバン出てきます。

あきらさんは阿波踊りより泡踊りの方がお好き?

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP