よさこい祭り


神戸税理士が送るよさこい

プロフィール

TAM

  • Author:TAM
  • 製造◆昭和良年長月晦日
    形式◆男性♂
    住所◆関東州横浜市
    出身◆四国州新居浜市
    仕事◆広告業
    趣味◆旅行、写真、ギター
    性格◆冷静かつ大胆
    出没◆横浜・川崎界隈
    好物◆讃岐うどん
    常備◆富士ミネラル麦茶

    本家◆広告業界渡り鳥

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
kamimachi.jpg

スーパーよさこい2日目。メインステージの原宿口は朝から混雑し、まだ演舞開始前だというのに、客席はすでに満員御礼になっていた。演舞開始は午前11時、ステージ開始早々に高知チームの逢 au by KDDI、ドロワーズ、上町よさこい鳴子連が出てくる。すぐ裏手の文化館ステージでも、アートウェイブ、帯屋町筋、高知大丸、ほにや、十人十彩という豪華顔ぶれが続く事もあり、どちらの会場に陣取るか頭を悩ませた。原宿口にいて上町までを見ると、文化館のアートウェイブと帯屋町筋が見られない。しかしここで上町を見逃すと、昨日のような事にもなりかねない。というわけで、まずは原宿口に陣取って、最初のチームから演舞を見る事にした。

逢(au)の力強い踊りの後、ぞっこん町田'98が登場。かつてYOSAKOIソーランに遠征していたチームが、より魅力あるスタイルを目指して方向転換し、今や全国大会で最優秀賞を取るまでになった。高知で見られなかった唯一の受賞チーム、ぞっこん町田'98。昼のステージはまだ見てないので、どのような演舞を披露するのか期待が膨らむ・・・。動きがダイナミックで華麗、衣装に仕掛けがしてあり、翻すと風呂敷状に四角く広がり、赤地に白抜の二重菱が出てくる。衣装とのコントラストがよく、赤に橙色が浮かび上がってとても綺麗だ。う~ん、今年のぞっこん町田は凄い、この勢いで原宿でも賞を取るかも・・・。振付は田村先生、直前に踊っていた逢(au)も同氏の振付によるもので、高知遠征組では十人十彩や帯屋町筋もそう。よさこいのトレンドは、お祭り系からダンス系に変わりつつあるのかもしれない。

場内の歓声と共に、上町よさこい鳴子連が出てきた。原宿遠征は30名程度のミニマム編成になっていたが、その可愛さと元気のよさは変わらず、原宿口ステージでの人気もひときわ高かった。自然な笑顔と軽やかさ、子供ながら鳴子の打ち方も上手く、パチッと軽快な音がする。よさこい祭りに第1回から参加している伝統のチーム上町、基本に忠実で楽しい楽曲・踊りは、全国のキッズチームのいい見本になるだろう。よさこい踊るの楽しいね♪

昨年のよさこい祭りで一番印象に残ったチーム、高知大丸。癒し系といわれるこのチームは、ゆったりとした踊りとメロディーラインが涙腺を刺激する、後姿に哀愁のあるチーム。明治神宮の緑が衣装の緑と妙にマッチして、ステージがひときわ大きく見える。ここで去年の楽曲をかけてもらえば、神宮の森に鎮座する癒しの神様が、ステージに舞い降りて来るかもしれない。この後ステージは、サンシャイン軍団・ほにや、大和撫子七変化・横浜百姫隊、太鼓の達人・甲斐◇風林火山、菅笠の天女・十人十彩と続き、小粋な姐さん・原宿よさこい連を見たところで、ステージ後ろへ退いた。

しばらくどこかで休もうと思っていたら、見慣れた人達が視線の先にいて、こっちを見てる。某祭り主催者御一行&某チーム代表、どうやらこの会場にいるのがバレてたようだ。昨日から休む事なく演舞を見ていたので、ここでしばらく息抜きし、よさこい談義に花を咲かさせるのだった。有名チームが演舞しているのを横目に見ながら、約30分のプチオフは、ヘビーな面々の記念撮影で終わった。

表参道ストリートの流しは、全高知チームを含む44チームが演舞する、この祭り最大の見せどころ。流石に全チームを見るのは疲れるので、主力チームの出る一時間半程度を目安に見る事にした。人並に揉まれ、スタート地点に着いたのが午後1時30分、帯屋町筋がちょうど演舞を始めたところだった。しばし沿道からそれを眺め、再度スタート地点へ移動すると、Funnyがスタンバイしていた。この日もパスは持っていたが、ここは天下の表参道、写真を撮るために参道に入るなんて事はできない。結局流れに任せて会場中間まで移動し、実行委員会公認!?の隠れ場所に腰を落ち着けた。しかしその時、沿道からこっちに向かって手を振っている人を発見・・・、ん~、完全にいるのバレてるじゃん(^_^;

ほにや、横浜百姫隊、甲斐◇風林火山、十人十彩と、怒涛の演舞が続く。そろそろ疲れてきたので、原宿よさこい連が通過したところで、沿道から退く事にした。まだまだ見たいチームはあるのだが、よさこい広場の物販や飲食ブースを全然見ていないので、しばらくそちらに行って休憩する事にした。実はよさこい広場には隠れた給水ポイントがあって、元氣祭の団扇を持参すると、海洋深層水で作ったスポーツドリンクが貰えるようになっている。団扇はどれでもいいわけではなく、裏にダイドーのロゴが入った「土佐の宝もん市場」のものだけが有効。なのでこれの配布場所を知っている人か、偶然この団扇をゲットした人のみが幸運に恵まれる。前日から持ち越しの特権団扇を持っていた筆者は、ここで今回二度目の恩恵にあずかるのだった。

喉も潤って、再び文化館ステージ前。今日は濃~いチームばっかり見てきたので、この辺でほのぼのとしたものも見てみたい、という事で、なぜか空いてる前列で、ゆっくり座って演舞を拝見する。高知からずっと付き合ってきた飛天龍から、ある大会を紹介したために、代表が高知に行く事になってしまった(^_^;踊りゃん祭まで、縁のあるチームがここで最後のステージを終えた。ラストは原宿口、表参道のゴールデンコース(ほにや~原宿よさこい連)が最後を締め、スーパーよさこいの全ての演舞が終わった。舞台裏には濃い面々がズラリ・・・、それぞれに軽く挨拶を済ませ、審査発表の時間が来るのを待つ。元氣賞は2年連続で十人十彩、ステージ前に噴出すドライアイスを後ろで眺めながら、これで怒涛の夏が終わった事を背中で感じるのだった。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

<< スーパーよさこいに見る関東のよさこい事情 | ホーム | スーパ-よさこい初日レポ~原宿は原宿じゃき~ >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。