よさこい祭り


神戸税理士が送るよさこい

プロフィール

TAM

  • Author:TAM
  • 製造◆昭和良年長月晦日
    形式◆男性♂
    住所◆関東州横浜市
    出身◆四国州新居浜市
    仕事◆広告業
    趣味◆旅行、写真、ギター
    性格◆冷静かつ大胆
    出没◆横浜・川崎界隈
    好物◆讃岐うどん
    常備◆富士ミネラル麦茶

    本家◆広告業界渡り鳥

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OKAZAKI.jpg

それは8月のある日の事だった。唐突に鳴った携帯電話のディスプレイには、岡崎○○という四文字が表示されていた。ん~、なんか(^_^;な予感・・・。おもむろに電話を取ると、師匠は開口一番「本はもう読んだか」と仰せられた。本とはもちろん「よさこいはよさこいじゃき」の事、筆者の掲示板にも宣伝を入れておいたのだが、実はこの地点ではまだ読んでなかった。正直に「まだで~す♪」と答えると、「そりゃ洒落にならんのぉ、うはは」と賜るので、よさこい祭りが始まる前までに、本を買って読んでおく事にした。

できれば発売日に買っておきたかったが、この本は東日販を通じて流通しているわけではないので、首都圏の書店には並ばない。高知以外での入手方法は、発行元のイープレス出版に直接頼むか、通販サイトのアマゾンを利用するしか方法はない(一部宮脇書店でも扱いあり)。しかし電話して頼むのは面倒だし、通販サイトでクレジットカードを使いたくなかったので、帰省した時に買うか、あるいはよさこい祭りに行った時、現地で調達すればいいと思っていた。そんな訳で、帰省早々宮脇書店に駆け込み、ようやくこの本をゲットした。時はよさこい祭り前日、すでに前夜祭が終わろうとしている時間だった。

高知行きの準備がまだだし、色々やる事もあって、本を読んでいる場合ではない。しかし万が一どこかで会った場合、また同じ事を聞かれるだろうし、読んでないと会わせる顔もないので、読書を最優先し、約1時間でこの本を読破した。ついでに夏休みの宿題として、読書感想文も書く事にした(すでに1ヶ月経過)。実は筆者は広告業界といいながら、元々出版社の人間、よってこの業界の事情には精通していて、本そのものについても厳しくチェックしてしまう癖がある。もちろん本の体裁から誤字・脱字まで細かく見るので、感想分というよりは、むしろ上げ足取りといった方がいいのかもしれない(^_^;

本の内容は「ハニービーのよさこい哲学」の拡張版という感じで、9つあった項目を5つの章にまとめ、それぞれについて経験値で書かれている。文章そのものは平凡だが、万人にわかりやすいものになっていて、平素の岡崎節よりも少しソフトな口調になっている(ような気がする(^_^;)。正直なところ、もっと裏の事情や、過激な内容のものを期待していたのだが、そんな事を書いても一般人は読まないだろうし、それ以上に「活字になって残る」事が、後々責任となって大きく乗しかってくる。「よさこいはよさこいじゃき」は、よさこい人のバイブルとなるよう、細心の注意を払って書かれた事が文章の端々から読み取れる。客観的に文章を書いてる筆者より、現場主義で書いてる師匠の方が、文章に説得力があると思う。

ひとつ気になった事、それは表4カバー部分「よさこい鳴子踊り」の歌詞の誤植。あえてどことは言わないが、買って読んだ人はすぐに分かったと思う。もちろん師匠が真っ先に気づいているのだが、その地点で本が刷り上がっていたので、そのまま世に出さざるを得なかった。(これが本当の後の祭り?) 他にも何箇所か校正漏れを発見・・・、まぁ初版にはよくある事なので、第2版が出た時にまたチェックしてみよう。(ひょっとして2冊買うのか?)

※写真は「よさこいはよさこいじゃき」筆者の岡崎直温氏(撮影:TAM)

◎通販サイトアマゾン
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000GRU7Y6/250-8549273-5036259?v=glance&n=465392
◎ハニービーのよさこい哲学
http://www.maturiisyou.jp/yosakoi/tetugaku1.html

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

<< 第7回東京よさこい~コンテスト審査結果~ | ホーム | 小田原は今日も雨だった~えっさホイ最終章~ >>

コメント

私も買いました。

私は実は原宿でかいました。高知で買おうかと思ったけど、荷物増やしたくなかったし、どうしようかと思っていたら、原スパの1日目にやまもも工房さんブースで発見してそのまま購入。いま4人目を回し読み中。(爆)。

オヤジに『買ったか』と聞かれたら、4人分買ったぞと答えよう。4冊じゃなくて、4人分。(笑)。

よさこい人

そういえば原宿で買ったという人が何人かいましたね。
あそこ(よさこい広場)にいると食べ物ばっかりに目が行くので、
見つけた人は純粋なよさこい人か、
もしくは充分腹が満たされてた人かのどっちかです(^^)

うちは家に置いてあるので、2人分って事になるかな。
でもここに書いたから、これから爆発的に売れるかも!(笑)

>踊カメ
営業せぇよまったく!!貸本なんかするなよ(笑)
自分で買わないと身にならないんだかんね。

>TAM
人馬も馬場(バンバ)もよう踊る♪

商売繁盛!

筆者自らの訂正、ありがとうございます(^^)
続編が出る事を期待しています。

でたなジャイパン

いちおう営業しちょるき、伊豆稲取方面で一冊は売ったよ。でもジャイパンがでてきたら、しゃーないから川崎図書館に購入依頼だすよ。これで3冊。

ところで、あの本ってはたして、
金出してかって身になるものなんでしょうか?。

よさこいはよさこいじゃき!。
牛肉はビーフジャーキー! by (c)KAZ4

あはは そりゃあなた 読んだ人によるでしょう!
書いた人が書いた人ですからって自分でいうなって?

はじめまして

 私、福井県在住の、(高知)よさこい大好き人間です。
 私も、とあるHPの掲示板でkashira様より直々のお言葉をいただきまして、『よさこいはよさこいじゃき』を購入いたしました。

 読後の感想は、まさにTAMさんの書かれたとおりでしたが、「よさこい人のバイブルとなるよう、細心の注意を払って書かれた」事を読み取られたTAM様には、敬服いたしましたm(_ _)m。

 あと、私としては、特に「鳴子についての考察」と「正調となった踊りの振り付けは先鋭的で型破り!?」のところには、目からうろこが落ちたような気がしました。
  

こんにちは

>よさこい人のバイブルとなるよう、細心の注意を払って書かれた
これは師匠より、編集者が偉かったのかも(^_^;

鳴子についての記事、うちにはこんなのがあります。
http://tx.blog14.fc2.com/blog-entry-71.html
http://tx.blog14.fc2.com/blog-entry-20.html
http://tx.blog14.fc2.com/blog-entry-18.html

余談でこんなのも。
http://tx.blog14.fc2.com/blog-entry-7.html
http://tx.blog14.fc2.com/blog-entry-6.html

思い込みって怖いですね(^^)

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。