よさこい祭り


神戸税理士が送るよさこい

プロフィール

TAM

  • Author:TAM
  • 製造◆昭和良年長月晦日
    形式◆男性♂
    住所◆関東州横浜市
    出身◆四国州新居浜市
    仕事◆広告業
    趣味◆旅行、写真、ギター
    性格◆冷静かつ大胆
    出没◆横浜・川崎界隈
    好物◆讃岐うどん
    常備◆富士ミネラル麦茶

    本家◆広告業界渡り鳥

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

20061118140432.jpg

全国津々浦々で行われているよさこいで、高知の次にどこが一番好きかと聞かれたら、迷わず沼津と答える。よさこい沼津まつりは今年で10周年、限りなく高知テイストのこの祭りは、春の大瀬まつり※と共に、駿河地区最大の踊りの祭典となっている。(※女装した男衆が船に乗り、日の丸扇子片手に「ちゃんちゃらおかしちゃらおかし」のお囃子で踊る奇祭)

初日が雨で中止となり、日曜だけの開催となってしまった今年の大会。当初土日でゆっくり見る予定を立てていたが、一日限りの開催となるとそうもいかず、チームと会場を絞って見る事にした。昨年・一昨年と同行した日専連を軸に、前後のチーム、隣接会場で演舞しているチームをチェックし、大まかなスケジュールを決める。ここしばらく体調を崩しているので、駅北口方面の2会場(北口演舞場・イシバシプラザ)はパスして、極力体力を消耗しないよう、効率よく見たいチームだけをピックアップ。結果、仲見世・アーケード・本町の流し3会場が、今日のメインターゲットとなった。

体力温存のため家をゆっくり出て、沼津の駅に着いたのがちょうど正午頃。駅前でよさこい東海道のパンフを貰い、メイン会場である中央公園に行くと、ちょうどALL☆STARがスタンバイしているところだった。ここはかなりの人出を予想していたが、会場内は思ったほどの混雑もなく、ステージ前は最前列を陣取るカメラマンの砲列が目立っている程度だった。適当に空いている場所からステージを見て、このチームの演舞が終わるのと同時に、あっさりこの会場を引き上げた。ステージに長居は無用、やはりよさこいは流しを見ないと始まらないのだ。

沼津の最大のメリットは、各会場へ徒歩で移動できる事。中央公園から狩野川や仲見世は3分もあれば移動できるし、アーケードと本町は信号を挟んで繋がっていて、仲見世から移動してもそんなに時間はかからない。よって見たいチームが同時間帯に重なっていても、うまくすれば両方見る事ができるし、流し会場だとゴール地点まで追いかける事も可能。そんなわけでさっそく仲見世会場へ移動して、迎撃体勢へと入った。ちょうど待機中の日専連地方車と、そばにいるファンキーY先生&代表を発見したので、軽く挨拶をしてチームパスを受け取り、会場内でスタンバイする。

仲見世会場を高知市役所が進み始め、後続の1チームを挟んで日専連が準備を始める。ギリギリ間に合ったという衣装は、赤地で袖が白黒の市松模様、背中に大きな白兎が鎮座する拘りのデザインで、遠くからでも目を引いていた。代表自らが身を削って製作した地方車にも、その意気込みと、苦労の後がうかがわれる。2006年の日専連がいよいよ始動・・・、仲見世を進む地方車の後ろに貼り付いて、ゴール付近までシャッターを切り続けた。後続は昨年の覇者大富士東麻祭組、そしてすぐ後に、今年の全国大会で武政英策賞を受賞したとらっくがやってくる。高知さながらのよさこい、仲見世の商店街は、まるで帯屋町のような雰囲気を漂わせていた。

狩野川会場に移動すると、ここで見る予定だったぞっこん町田の出番はすでに過ぎていて、2つ後のチームがステージに上がっていた。この会場は予定時間より進行が早く、到着したチームは間髪入れずステージに上がり、終わるとあっという間に去っていく。ステージ脇にいるのはネットでよさこいチーム、ふと堤防の前を見ると、チームを引っ張る「じゃきの親分」がいたので、ちょいと挨拶して演舞が終わるまで見届けた。隣の中央公園では坂戸組がスタンバイし始める頃・・・、取り急ぎステージ前へ行ってみると、上總組が今まさに演舞を始める寸前だった。坂戸よさこい大賞受賞のこのチーム、やはり威勢のよさと列の美しさは圧巻で、ステージでも貫禄の演舞を披露。続く舞坂戸連は同じ坂戸よさこいの準大賞チームで、今回も連長の楽しいパフォーマンス!?と、景気のいい演舞で会場を沸かせる。坂戸もまた沼津同様、流しを主体とした高知スタイルを取り入れ、街ぐるみでよさこいに取り組んでいるところ。関東随一の距離を誇る流し会場は、いまや伝説となりつつある。

時間は午後2時、ここから怒涛の流しが始まるのだった・・・。(続く)

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

<< よさこい東海道~空腹の科学~ | ホーム | よさこい東海道2006~審査結果~ >>

コメント

たまらん!

ジジイのオイラはこの写真にクギづけ!
きゃわいい~!
うちの踊り子ちゃん。。。

でもさぁ~
TAMさん! このコラム読んで また泣けてくるのは何故!? 
たまらなく思い出に残る祭りでした。
TAMさんを始め皆さんに支えられて出来上がった”日専連”だったんだな~。
サポートありがとう!

人と街をつなぐ

う~ん、やっぱり身を削って参加してるからじゃないかなぁ!?
それだけ思い入れがあるし、この日のために相当パワー使ってるもんね。
裏方あってのチームなので、泣けるのはうまくいった事の証だと思うよ。
ようやく真のよさこいチームになった(自前の地方車所有)ので、
これからの活躍に期待してます!
(もうシーズン終了だけど(^_^;)

あら

体調はどうですか?続き待ってます

続編

体調は正調です♪ よいやさのさのさの・・・。
只今快調に執筆中・・・!?

おお

大丈夫そうだね!よかったよかった♪

沼津三部作

書きましたが、まだ続きます(爆)
体調再び下降気味・・・(ο_ _)ο

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP