よさこい祭り


神戸税理士が送るよさこい

プロフィール

TAM

  • Author:TAM
  • 製造◆昭和良年長月晦日
    形式◆男性♂
    住所◆関東州横浜市
    出身◆四国州新居浜市
    仕事◆広告業
    趣味◆旅行、写真、ギター
    性格◆冷静かつ大胆
    出没◆横浜・川崎界隈
    好物◆讃岐うどん
    常備◆富士ミネラル麦茶

    本家◆広告業界渡り鳥

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
yosakoi54.jpg

今回で第9回目を迎える「よさこい全国大会」。今年は過去最多となる63チームから参加申し込みがあり、厳正なる審査の結果、県外枠46チームが選出された。首都圏(山梨含)からは11チームが選ばれ、うち東京が6チーム、初出場が5チームとなっている。注目はYOSAKOIソーランへの参加を見送り、初めて全国大会にエントリーする「甲斐◇風林火山」と、 札幌と高知の両大会に出場する「朝霞なるこ遊和会」。 ともに初出場ながら、関東や札幌で実績を残しており、それが高知でどのように評価されるのか興味深い。

◎首都圏の出場チーム
上總組、勇舞会(初)、朝霞なるこ遊和会(初)、ぞっこん町田'98、原宿よさこい連、DREAM夜さ来いオフィシャルチーム、Summer Zipper(初)、ギャルdeなでしこ(初)、舞踊工場、早稲田大学“踊り侍”、「甲斐◇風林火山」(初)
※「武州よさこい上總組」は本年より「上總組」へ名称変更

尚、よさこい東海道のお膝元・沼津からは、「鳴子艶舞会」の他、「よさこい東海道スーパー踊り子隊FUJIYAMA組」という、沼津チームによるユニットチームが出場する。これら46チームによさこい祭り本番受賞チーム(20チーム)を加え、全66チームで全国大会が行われる。

◎2007よさこい全国大会エントリーチーム選考基準
(1)よさこい全国大会には、品位、技能ともに「よさこい祭り」にふさわしいチームを選考する。
(2)本大会に出場するには、よさこい全国大会規則等を遵守しなければならない。特に、「鳴子を手に持つこと」、「前進する踊りであること」は選考及び本番時の重要ポイントとする。なお、規則等を遵守していないチームについては、審査対象外、次年度の出場選考から除外する場合がある。
※「鳴子を手に持って」とは、ただ携帯していればよいというものではなく、「前進する」とは一箇所に停滞しないことをいう。
(3)選考については、過去の実績・ビデオ審査(初出場チームのみ)の技能面だけでなく、エントリーシートのチームプロフィール・各祭りへの参加実績・出場経験チームと初出場チームのバランス・地域性を考慮する。

◎高知市観光協会
http://www.welcome-kochi.jp/event/yosakoi/index.html

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

<< 時代は阿波踊り~やっぱり映画はやめられない~ | ホーム | よさこい祭りChakuwiki >>

コメント

神奈川のチーム・デ・シャバリーも初参加です。
ま、ダンスクリームとの合体チームですが。

強豪参加で全国大会の賞選びも大変だ(笑)

残念ながら

Team des Shabaryは落選です。
本番には出るので、自力で出場できるといいですが・・・。

最近はブログのアドレスをあちこちコピペして回る輩がいるので、
詳細はSNSでのみ公開してます。何卒ご了解を。

あらら

落選・・とわ!
ま、10.11日に見れるから、それはそれで良し(笑)
新人賞受賞で12日もひょっとして出れろことになったら、どうするんだろう、県外組は・・・(笑)

しっかし、減るいっぽうの北と大きな違いだね(笑)ただ、12日だけ出たい県外チームにとって(いまさらながら)は、落選、気の毒だねえ。

北の斜陽

同じ横浜組として頑張ってもらいたいです。
デシャバの場合、最初から12日に出るつもりで予定を組んでるので、
入賞したらもちろんそのまま出るでしょう。

YOSAKOIソーラン、今回はコンテスト参加が190チームです(辞退1チーム有)
あとは適当に膨らまして、300数十チームで発表するようですよ(^_^;
チームが分裂して1チームあたりの人数も減り、
踊り子の数はピーク時の半分程度、もう歯止めが効かないでしょうね・・・。
というより、今までがかなり背伸びしてたという事ですが。

90年代から世紀末までYOSAKOIブームは
猛スピードで進んだけど、ちょっと一休みの時期
かな?(笑)
ま、円(=○)が元のスタートの「点」に結局戻る
ように(笑)
阿波踊りや風の盆への「回帰」のごとくに。
かくいう小生も今年は(も)札幌へは行きません。
03年から三年間札幌へ通い続けてきたけれど(笑)

理由は「疲れる」から(笑)
灼熱の高知も暑さに疲れるのだけれど、疲れる意味が違うのよね、北とは(笑)

先日の「おきゃく」で再認識しましたよ。
「やっぱ、高知はくつろげる」
と。
ゑびしばがスタートした瞬間(恥ずかしながら)ぐっとこみ上げてきて、あわや落涙・・・(笑)

同時期開催の「能登の賑わい祭り」へ行きまする。神戸の颯爽JAPANと一緒に、日帰りで。
(颯爽は翌10日に神戸で予定が入ってたけど、急遽9日日帰りで行くことを決意しました、実は)


淘汰の時代

この時期の札幌なら、大通り公園の「ライラック祭り」や、
北海道神宮例祭「札幌祭り」をまったり見てた方が気持ちがいいですよ。
自分も昔はよく札幌に行ってたんですが、
ソーランをどんどこやるようになってから、足が遠のくようになりました(^_^;
やはり無理があるというか、市民参加の祭りでない事、
完全に飽きがきてる(ネタ切れでもある)、
運営そのものの問題など、皆がわかってきたんでしょうね。
このイベントそのものはなくならないかもしれませんが、
現状を維持するのはかなり難しいと思います。

今年のよさこい祭りは、過去最大規模になるはずです。
但しこれは週末開催になったからで、
来年以降は平年並、あるいはそれ以下の規模に戻ると思います。
高知も北海道同様、過疎化の問題を抱えているので、
その中で祭りだけが拡大していくという事はまずあり得ないでしょう。
身の丈に合った無理のない祭りだから「よさこい祭り」、
じんまもばんばも大いに盛り上がるんだと思います。
高知:例年やってる盆踊り大会、札幌:会社組織が運営するイベント、
この先どうなるかは安易に予測が付きますね。

今後各地方のよさこいも、どんどん淘汰されてくると思います。
いいものは残る、よくないものは廃れる・・・武政英策

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。