よさこい祭り


神戸税理士が送るよさこい

プロフィール

TAM

  • Author:TAM
  • 製造◆昭和良年長月晦日
    形式◆男性♂
    住所◆関東州横浜市
    出身◆四国州新居浜市
    仕事◆広告業
    趣味◆旅行、写真、ギター
    性格◆冷静かつ大胆
    出没◆横浜・川崎界隈
    好物◆讃岐うどん
    常備◆富士ミネラル麦茶

    本家◆広告業界渡り鳥

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20070603175238.jpg

流しも終盤に入り、会場内の渋滞もようやく落ち着きはじめた。というよりも、流しを得意とするチームが演舞を終え、いつものペースに戻ったというのが正しいのかもしれない。元々神奈川県下にはダンス系のチームが多いので、よさこいのイベントにおいても、ステージ主体に組み立てられているところが多い。流し会場があってもその殆どが固定流しで、1曲で踊り抜けるか、あるいは定点でステージ同様の踊りする事もある。終盤のスターモール会場は、1曲完結型の固定流しが主流となり、何度もゴーストップを繰り返す場面が見られた。ただこの会場は、4回踊る事を前提として作られ、2回踊ると給水するのが一応の決まりだそうだ。
※誤解のないように解説:そもそも流し踊り(ルーピング)には回数という概念がない。

20070603175313.jpg

会場を何往復もして疲れたので、コンテスト会場の見附台広場に移動して、しばらく休憩する事にした。こちらもステージは終盤、残り5チームを残すだけとなっていて、会場内は演舞を終えたチームの憩いの場と化していた。ここは名前の通りステージでなく広場、簡易な柵で区切られただけの天然芝の踊り場は、フワフワして何だか気持よさそうだ。しかし芝の長さが少々長めで、ステップやターンがし辛く、踊り子的は普段と勝手が違う様子。審査席がステージからやたら遠いのが気になったが、これは何か意図するところがあったのだろうか。ステージ背景に置かれたアストロビジョンには、演舞の様子が常時映し出され、遠くからでもステージの様子がわかるようになっていた。

20070603175344.jpg

朝から何も食べずに走り回っていたので、全演舞が終了したところで食事をする事にした。広場内のブースを一周すると、湘南よさこい祭りオリジナル弁当、いしけんの「わっぱめし」というものが売られていた。湘南海鮮和食の鉄人・石川賢一氏のプロデュースによるわっぱめし、誰だかよく知らないけど(笑)、せっかく来たのでひとつ買って、スポンサーの売上に協力しておいた。これで600円、蓋を開けると、それはごく普通のわっぱめしだった。

20070603175523.jpg

フラフの競演、総踊りと続き、いよいよ審査発表の時間になる。筆者はステージから一番遠い、公園入口のテント下に陣取って、アストロビジョンの映像を眺めていた。結果は予想外・・・。筆者は主に流し会場で演舞を見ていた。しかしコンテストはあくまでも芝生広場、つまりどんなに流し踊りが綺麗だろうが、最後まで踊り抜けようが、そんな事は審査に一切関係ないのだ。この会場での演舞が全て、それを見てない筆者には、ここでどのような演舞が行われたのか、知る由もなかった。この会場をうまく踊りきったチームが賞を貰った、それだけの事だが、昨今は大きな大会の殆どが流しによる審査を行っており、そういう点では不満が残った。(踊り子の視点より:その1 その2 その3

20070603175556.jpg

今回の湘南よさこい祭りには、県内外から多くの地方車が持ち込まれた。坂戸や沼津では当たり前の風景でも、神奈川県下の大会で、これだけの地方車が一堂に会した事はかつてない。よさこいチームとは鳴子を持って踊るだけでなく、地方車を持って初めてチームと認められる。地方車はチームの司令塔であり、シンボルなのだ。スタッフは祭り前日から泊り込み、夜を徹して組み上げたり、トラブルが起こらないないよう念入りにセッティングしたり、その運用・維持に計り知れない苦労をしている。普段何気に祭りに参加している人達にも、もっとこういう部分を知って貰いたいと思う。

平塚は今日も暑かった。湘南の風も熱かった・・・かな(完)

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

<< 第54回よさこい祭り~194チームの顔ぶれ~ | ホーム | 湘南よさこい祭りレポ前編~チャレンジ ザ よさこい~ >>

コメント

へー、そうなんだ

おじゃまします。高知の踊り子です。流し踊り〈そもそも、この言葉自体がそういう意味に使われいた事を知らなかった!〉高知では当たり前の事なんだけど、なかなか県外の人には理解出来ないのですね。高知では、エンドレスで踊る事が前提なので、あまり激しい踊りは無いですねぇ~そういう意味では迫力に欠けるかなぁ…

基本は流し

このブログではその事を再三説明してるんですけど、
なかなか理解して貰えないみたいですね。
踊り子でもルーピングという言葉すら知らない人がいます。
神奈川はダンス系のチームが多いので、
よさこい=ステージダンスというイメージが強いですね。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。