よさこい祭り


神戸税理士が送るよさこい

プロフィール

TAM

  • Author:TAM
  • 製造◆昭和良年長月晦日
    形式◆男性♂
    住所◆関東州横浜市
    出身◆四国州新居浜市
    仕事◆広告業
    趣味◆旅行、写真、ギター
    性格◆冷静かつ大胆
    出没◆横浜・川崎界隈
    好物◆讃岐うどん
    常備◆富士ミネラル麦茶

    本家◆広告業界渡り鳥

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

20071011104734.jpg

・四商店街会場
池袋駅に着いたのが12時20分。主力組が出る東口2会場の時間に間に合いそうもないので、まずは西口へ出て、一番空いていると思われるこの会場へ足を運ぶ。四商店街は距離100m、1曲踊り抜けタイプの流し会場。いかにも池袋という雑多な雰囲気の会場だが、意外に清掃されていて、路面には仕切りのテープが貼られていた。いきなり目の前を翔燦会のK氏が横切ったので、ゴール地点に行ってしばし怪談(笑)。チームが掃けた後今度は百姫隊のS氏がやって来たので、また30分ほど話し込んでしまい、この会場では数チームを見るに留まった。しかし翔燦会、国士舞双、平戸風神社中、響楽、横浜百姫隊を見れたのは、最初の会場としては上出来だろう。九州屈指の実力チーム、平戸風神社中の美しい舞いに、ハイヤ節の片鱗を見た☆

20071011104820.jpg

・みずき通り会場
V字型にターンする、なんとも不思議な流し会場。実際は交差点手前で一度掃けるので、100mの定点流し×2回の演舞場と考えた方がいいだろう。ほぼ時間通りにやって来る地方車、見栄えや音質はそれなりだが、音量は割と大きめで、最後列までちゃんと音が届いていた(列が短いからか(笑)) ここは流しのスピードの違いがハッキリわかる会場で、特に沿道中盤~ゴール地点の間にいるとその差がよくわかる。他の流し会場同様、1曲で踊り抜けるようになっているため、進行の遅いチームはコース中盤で演舞を終えてしまい、沿道後半にいても移動するところしか見られない。筆者が見てたところでは、JCB夢翔舞がコース中盤手前(50m弱)で演舞を終了、原宿よさこい連はコースの最終地点(100m)まで踊り抜けていた。これがYOSAKOIとよさこいの違い・・・。

20071011104916.jpg

・駅前広場
東京よさこいのメイン会場・審査会場。流し会場ではあるが、会場の造りがいびつで、一般客からは非常に見づらい構造になっている。審査員や来賓客用の「高見の見物席」は要らないのでは?と思う人もいるだろう。しかしこの「東京よさこいコンテスト」はふくろ祭りの中の一イベントに過ぎず、メイン会場といっても、それがよさこい専用に造られたものではない。よって現状ではこれが精一杯。来年以降は単独イベントになる可能性が高いので、是非この会場の改善を望みたい。筆者は最初から見る事を諦めていたので、チーム待機場所の近くにいて、関係者と適度に戯れていた。もちろんカメラは持っていたが、この会場でシャッターを押す事は殆どなかった。「見てるだけ」も難しい、想像力をかき立てられる会場。

20071011105003.jpg

・西口公園ステージ
イベントエリア内にある円形のステージ会場。ここは人の出入りが激しく、ステージ前、物販ブースとも常に混雑するので、冷やかし程度に立ち寄る。時間は14時ジャスト、前半のステージが終わって、GOGO'SのYOSAKOI教室が始まるところだった。「YOSAKOI教室」という名前が少々気になったが、池袋は実質札幌をモデルにして立ち上げた大会なので、そういう部分に拘ったのだろう。よって最初の演舞曲は「よさこい鳴子踊り」でなく、YOSAKOIソーランの総踊り曲「よっちょれ」。正直なところ期待するものは何もなかった・・・、がしかし、流石に道産子チーム、関東チームのそれとは一味違う、自然な笑顔と大きな動きで観客を引き付けた。しばらく「教室」の様子を見て、キリのいいところでステージ前を離れた。

20071011105047.jpg

・大塚駅北口会場
駅前のロータリーを使った横長の固定会場。改札を出たらすぐ会場というのが面白いが、演舞スペースに段差がないので、人垣で殆ど前の様子が見えない。筆者が大塚駅に降り立った時、会場には空手の胴着を着た集団がいて、何やらやっている様子・・・。これまた新手のよさこい軍団登場か!?と思いきや、それはインターバルを使った地元主催の空手ショーだった。ほどなく空手の演技は終了、よさこいチームがスタンバイを始めたので、観客の入れ替わりの流れに乗って、音響脇の空いてるスペースに潜り込んだ。しかしどうにも居心地が悪く、視野も確保しづらいので、2チームの演舞を見ただけで会場を後にした。この会場は大塚駅のホームから見た方がいいらしい。

20071011105134.jpg

・巣鴨駅前会場
こちらも駅前ロータリーを利用した固定会場。場所がら観客の年齢層が高く、会場内はじっちゃんばっちゃんだらけ、やっぱり巣鴨はこうでなくっちゃね(笑)。観客の入れ替わりが多いのがこの会場の特徴で、最後尾にいても、3チームほど見るともう視界から邪魔者はいなくなる。ずっと立ちっぱなしだったものの、最初に見逃した主力組まで全部見られて、筆者的には穴場の会場だったと思う。ラストは原宿よさこい連と風林火山による総踊り。2チームだけの総踊りというのも珍しいが、16時20分、予定通りこの会場の演舞は全て終了した。この後再び池袋へ戻り、みずき通り、四商店街、駅前広場を渡り歩き、フィナーレを待たずに帰路に着いた。

20071011111208.jpg

あまり行く気がなかった東京よさこい。しかし予想外の天候に、ぶらり池袋出没。今回は出没時間が遅かったため、東口の2会場(サンシャイン噴水広場・サンシャイン60通り)と目白駅前会場をパスし、全6会場で演舞を拝見した。相変わらず雑多な街での雑多なよさこい、しかし北海道から九州までのチームが参加する大会は希少で、毎年新たな発見もある。残念ながら天気には恵まれてしまったが(爆)、本来ふくろ祭りは雨乞い祭りなので、雨が降った方がらしいような気がする。鳴子を持たなくても、よさこい節や地域の民謡が入ってなくても出場OK、もちろん参加全てのチームが賞の対象になる。でもこれってよさこいかなぁ? 賞の数が42個って、そんなにあってもしょうがないでしょ(笑)

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

<< 喧嘩上等男意気~新居浜太鼓祭り~ | ホーム | 第8回東京よさこい~コンテスト審査結果~ >>

コメント

こだわる美

42個!
もらったチームよりもれたチームがショックかも(笑)
めずらしく(よさにち系イベント以外の)遠征の風神社中は見たかったな。
あくまでも「田助はいや」にこだわる姿勢が美しいから♪

入賞漏れ

賞から漏れたチーム・・・
原宿よさこい連、ALL☆STAR・・・等々
審査員はどこ見てたんでしょうねぇ。
このあたりにふくろ祭りの意図が見え隠れしてるような。
来年からは東京YOSAKOIになるとか!?

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 BLOG TOP