よさこい祭り


神戸税理士が送るよさこい

プロフィール

TAM

  • Author:TAM
  • 製造◆昭和良年長月晦日
    形式◆男性♂
    住所◆関東州横浜市
    出身◆四国州新居浜市
    仕事◆広告業
    趣味◆旅行、写真、ギター
    性格◆冷静かつ大胆
    出没◆横浜・川崎界隈
    好物◆讃岐うどん
    常備◆富士ミネラル麦茶

    本家◆広告業界渡り鳥

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

P1000069.jpg

よさこい祭りで使用する地方車は、5トン未満の普通貨物自動車を使用し、車長9m以内、高さ3.8m以下(平成19年までは3.6m以下)になるよう規定に定められている。またトレーラーや牽引車、二輪車、リヤカーなどの軽車両は使用不可で、地方車として認められない。高知の場合は1チーム1台用意する事が必須なので、祭りが始まると街中は様々な地方車が肩を並べ、規定いっぱいの大きな車両が各会場を行き交う。

これに対して全国各地で行われているよさこい祭りでは、高知のような大型車両が使われるのはまれで、殆どが2トン以下の小型車両。特に参加チームが少ない中規模以下の大会では、車両が乗用車や軽自動車になったり、地方車があっても共同で使いまわしという事が多い。今まで見た中で一番の面白かったのは、軽自動車の荷台にクラリオンのカラオケセットを積んだもの。この地方車は非常に身軽で、流しが終わると荷台のセットが地面に降ろされ、固定会場で見事にPAとして活躍していた(笑)。音割れが酷いのが難点だが、町内会の盆踊りにはジャストサイズで、これからも出番が多いと思われる。この他リヤカーの荷台にアンプとスピーカーを積んだもの、選挙カーをそのまま流用したものなど、地方に行けば行くほど強烈な地方車に巡りあう事が多い。

<< よさこいシーズン突入 | ホーム | 川崎大師風鈴市 >>

コメント

恋しや高知♪

岡山から南国号でいつも行ってます。
改札口をでるとチンチン電車とクロスする道を
満艦飾の地方車が風を切って通り、電車がはりまや橋停留所にさしかかると、左右の商店街から地鳴りの楽曲が流れ・・・うーん、たまらん(笑)

カラオケセットって便利でいいですね♪
神戸の長田祭りでは、地方足らないからって、アンプを手押し車で(笑)

伝説の「ミス高知」のママチャリ荷台のラジカセには
かないませんが(笑)

PS,高知で三日間の地方料は百万円です。
かざり付けは別で。
運転手、音響、照明の三人お願いして、で。

もうすぐ高知

南国号は松山-高知の高速バスですよ(^_^)
岡山からならJRの特急南風なのでは?
うちの実家から高知までは、鉄道だと特急でも4時間以上かかります。
車だと1時間で行けるので、高速道路に感謝、
先日やっと片側2車線になり、走行中の追越が可能になりました(笑)。
これで地方車も楽々走れるかな?(嘘々)

遮断機ポッキリ!

地方車の飾り付けは通常100万円からのようです。有名チームや「おお」と声があがるようなところのデコレーション代は想像がつきません。
うちの近所の大工さんは有名チームを何軒か受け持ってやってます。案外使いまわせる材料も多いそうです。
うちの地方車は今年も踏み切りの遮断機をポッキリやるのかな?去年は始末書ですんだけど。。。

乗車きぼん男

おおっ、昨年のよさこい祭りで一番話題になった張本人!?登場!
(やったのは運転手だから関係ないかな)
今年は遮断機が降りないうちに、
踏切内をアクセル全開で通過してください(笑)。

地方車の装飾が100万円~、よさこいってお金かかりますよねぇ。
横浜みなと祭りのフロートも1台が数百万という話なので、
某有名チームなどは同じ位費用がかかってるのかもしれません。
畳張りにエアコン仕様ってのもけっこう高そうです(笑)。
乗車きぼん♪

遮断機ポッキリ!

って愛宕ですか?
遮断機すぐの審査テントからあとは、観客少ないから、いつもビデオもってひいきチームと一緒に前進
してます(笑)粘着爺も少ないしね。
はけるところ(給水テント)での情景もいいしなあ(笑)
いやあ、高知のアバウトさって好き(笑)
三年前、遮断機で分断された中央以降の踊り子さんがぼーぜんと立っているのをみたし、「おーい、バス!バス!右へ寄ってえーーー」だもの(笑)
びっくりするやらおかしいやら(笑)

わたしのひいきチームSはお金ないから
昨年は800人から寄付(一口千円)集めて
車体両側のビニールカバーにひとりづつの
名前を書きました、踊り子が(笑)
特に音響が大事(数年前の追手筋で身にしみた)だから、音響だけは最高級の器材とひとをお願いしました♪


会場選び

愛宕会場、去年は早い目の時間に行ったら人がまばらで、
どこのチームも現れずそのまま引き返しました(>.<)
梅ノ辻会場も同様で、1時間半の待ちぼうけ。
どこいこサービス見ながらだったのに、情報のアバウトさにガックシ。

今年は帯屋町&中央公園貼り付きがいいかな。
でもこの辺って殆ど駐車場が空いてないんですよね。

アバウトどこいこ

どこいこはまったくあてになりまへん(笑)
インプットしたあと、途中で「やっぱ、あそこ行こ」
とか「着いたらいっぱい並んでるから、やーめた」
だもの(笑)
結局、現場で並んでる地方車みて、残るか移動するか、をいつも決めてます。
帯屋と中央公園は混むし、帯屋は移動しにくいから
座って玉石混交の流れを(我慢して)見るしかない。冷房の流れる店先選んで、あいすくりん食って(笑)

どこいこサービス

追手筋以外はどこが踊ってるかわかりませんからね。
どこに行くか判断は難しいけど、どこが来るのかわからないのも
また高知の楽しさなのかも。
とはいいながら、今年もこのサービスのお世話になります。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP