よさこい祭り


神戸税理士が送るよさこい

プロフィール

TAM

  • Author:TAM
  • 製造◆昭和良年長月晦日
    形式◆男性♂
    住所◆関東州横浜市
    出身◆四国州新居浜市
    仕事◆広告業
    趣味◆旅行、写真、ギター
    性格◆冷静かつ大胆
    出没◆横浜・川崎界隈
    好物◆讃岐うどん
    常備◆富士ミネラル麦茶

    本家◆広告業界渡り鳥

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

kawasaki-l.jpg

すっかりエイベックスのイベント会場として定着した、ラゾーナ川崎のルーファ広場グランドステージ。週末になるとライブやコンサート、踊りのイベントなど様々な催しがあり、今やここがセールスプロモーションの最重要拠点ともなっている。よさこい関係ではsifow(ギャルdeなでしこ)、ソニン(tomboy)がライブで歌と踊りを披露し、会場を賑わした事もある。

今日のイベントは水谷豊ライブ。ルーファ広場前は開始前から黒山の人だかりで、5階のテラスまでビッシリ人で埋まる、かつてないほどの人出となっていた。基本的にはアルバム「TIME CAPSULE」のプロモーションと、映画「相棒」の舞台挨拶(同施設内109シネマズにて)のための来場。しかしこの日のラゾーナは水谷豊ファンだけでなく、老若男女、あらゆる世代の人間が来場し、半端でない盛り上がりを見せた。

ライブが開始と同時にどよめきが起こり、会場のあちこちから大きな歓声が上がる。最初の曲「カリフォルニア・コネクション」で「熱中時代」世代をグッと引き寄せ、「やさしさ紙芝居」、「何んて優しい時代」と、ドラマの主題歌3曲を生で歌いきる。実に22年ぶりいう水谷のライブは、子供達に「右京」と呼ばれ、隣の親父を涙目にさせ、若い女性達を魅了した。観客数はラゾーナ川崎ライブ史上最高の10,000人・・・、凄っ!

ミニライブは30分で終わり、マスコミの囲み取材が入る。それが終わると殆どインターバルなしでイベントタイムへと突入する。「直筆サイン入り特製CDジャケット」を水谷本人が直接手渡すこのイベント、そこに並んだのはなんと5000人・・・。一人でも多くの人に触れ合いたいという水谷の意思で、このイベントは延々と続き、午後5時を過ぎてもその列はまだ続いていた。

シャイでダンディなナイスガイ、水谷豊55歳。 彼の熱中時代はまだまだ続く・・・。

◎Yahooニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080518-00000002-oric-ent
◎サンスポ記事
http://www.sanspo.com/geino/top/gt200805/gt2008051910.html
◎スポニチ記事
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2008/05/19/06.html
◎日刊スポーツ記事
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/
◎オリコンスタイル記事
http://contents.oricon.co.jp/news/music/54679/full/
◎ラゾーナ川崎プラザ
http://www.lazona-kawasaki.com/index.shtml

<< 土佐の高知のハリウッド映画~はりまや橋~ | ホーム | これが横浜スタイル~ザよこはまパレード~ >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 BLOG TOP