よさこい祭り


神戸税理士が送るよさこい

プロフィール

TAM

  • Author:TAM
  • 製造◆昭和良年長月晦日
    形式◆男性♂
    住所◆関東州横浜市
    出身◆四国州新居浜市
    仕事◆広告業
    趣味◆旅行、写真、ギター
    性格◆冷静かつ大胆
    出没◆横浜・川崎界隈
    好物◆讃岐うどん
    常備◆富士ミネラル麦茶

    本家◆広告業界渡り鳥

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

東海道2008-1東名高速を西へひた走り、沼津インターを降り、市役所前の立体駐車場へ車を入れる。時間は9時30分、沼津市内はどんよりとした天気で、今にも雨が降りだしそうな雰囲気、そして例年以上に寒い。駐車場を出て、狩野川の畔まで歩いていくと、よさこい東海道お馴染みの風景、「朝練」が始まっていた。流しの練習をしているのはALL☆STAR、橋の上からしばらくそれを見ていると、すぐ脇でフラフを降っている男がいた。どこかで見た事のある風体、近くにぞっこん町田のジャンパー・・・、という訳で、早速堤防まで降りて、冷やかしのご挨拶。

東海道2008-2設営途中の中央公園を抜け、「桃屋」でメンチカツサンドを買って、仲見世通りに入る。と、そこに帯筋の衣装にジャンパーを羽織った、某踊り子がやって来た。はるばる高知からお疲れさま~、という訳で、すかさず酔い明けの記念ショットを1枚(笑)。実はここに朝一で来たのには理由がある。それは幻の一品「のっぽパン」を買うため。一時製造を中止していたが、今年静岡の一店舗で販売が再開され、先日ようやく沼津にも店がオープンした。このパンが買えるのはここだけ、よって売り切れ御免となる前に、この店に行っておきたかったのだ。

東海道2008-3店を目指して歩いていると、頭にバンダナを巻いた、ひょうひょうとした男がこちらに向かって進んで来た。某踊るカメラマン、その手にはのっぽパンの袋が下がっていた。あぁっ、先を越された・・・、やはり考える事は人類皆同じだったか。軽く会話を交わし、急いで店に向かう。店頭には何組かの先客がいて、それぞれ好みの商品を物色中、やはりノーマルのクリームパンが一番人気のようだ。筆者はこれと、カスター&ホイップをセレクトし、列の後ろに並んだ。しかしあと一人なのにレジが全然進まない・・・、と思ったら、前の女性がクリームパンを一人で45個も注文していた。どんだけ食うのよ・・・。

東海道2008-4あまりにも寒いので、一旦車に帰って、ジャンパーをもう1枚持ってくる事にした。そそくさに中央公園を通り過ぎようとすると、視線の先に梯子を持った湘南の某氏がいた。今日は会場を梯子するつもりか!?(笑) 確かに中央公園のステージ前は人垣ができるので、梯子を持っていると見やすいし、椅子代わりにもなって結構便利。うちにもひとつ欲しいとろだが、筆者は流し会場専門だし、機動性も損なわれるので、今まで持って歩いた事はない。狩野川で朝食タイムとなり、六陸の朝練を見ながら桃屋のメンチカツサンドとのっぽパンを戴く。

東海道2008-5駐車場への移動中、今度は千葉から来た某氏に声をかけられる。まだ演舞開始前、しかも完全ビジターなのに、何で沼津ではこんなに人に会うんだろう。みんな暇なのか!?

「我入道の渡し」が颯爽と狩野川を行く。
【つづく】

<< よさこい東海道レポート(2)~Yes! Fall'n Love! ~ | ホーム | よさこい東海道2008審査結果~受賞チーム一覧~ >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 BLOG TOP