よさこい祭り


神戸税理士が送るよさこい

プロフィール

TAM

  • Author:TAM
  • 製造◆昭和良年長月晦日
    形式◆男性♂
    住所◆関東州横浜市
    出身◆四国州新居浜市
    仕事◆広告業
    趣味◆旅行、写真、ギター
    性格◆冷静かつ大胆
    出没◆横浜・川崎界隈
    好物◆讃岐うどん
    常備◆富士ミネラル麦茶

    本家◆広告業界渡り鳥

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

東海道2-1演舞開始は11時、この日は中央公園とイシバシプラザが同時スタートとなるため、迷う事なく中央公園を選択する。駐車場との往復が予想以上に時間がかかり、会場に戻った時にはすでに最初のチームの演舞が始まっていた。ステージ前はすでに満席状態、全く入り込む余地がないので、しばらく脇から演舞を拝見し、チームが入れ替わる毎にじわじわと中央部へ移動・・・。そしてほどよいところでとらっくが登場する。今回は「どんひゃらてれつく」のタイミングを完全マスターしてきたので、シャッターチャンスを逃さないよう、脇をしっかり締めてその瞬間が来るのを待つ。パシャ☆ 結果はご覧の通り 客席で一緒に㌧㌦奴がおるな・・・。

東海道2-2よさこい東海道では毎年日専連を軸として見て回っているため、そろそろ仲見世への移動の時間となる。次のチームはALL☆STAR、筆者のジャンパーもALL☆STAR(笑)、見たい・・・、しかしA☆Sの演舞終了時間が12時、仲見世の日専連の演舞開始時間が12時、移動を考えるとどうあがいても間に合わない。が、時計を見るとステージの進行が5分ほど早く、このまま行けば両方いけるかも・・・、そんな甘い考えが頭をよぎった。どのみち仲見世は最初の挨拶で押して、時間通りには始まらないだろう、なんて事を考えているうちに、ステージにA☆Sの踊り子が入ってきた。結局そのままステージ前に居残る。

東海道2-3去年とは全く雰囲気の違う衣装、カメラを真正面に向け、ファインダーを覗いて一瞬「え”」となる。ステージ上には高知の某振付師(A食品などでお馴染み)がいる・・・、そうか、そういう事なのか。確かに沼津はこういうシチュエーションが多い。そういやとらっくの前に踊っていたチームに某カリスマ!?振付師がいたし、この後も・・・(以下省略)。演舞が始まり、先生の目線が筆者のカメラをビシバシ捕らえる、いや、逆か!? しばらく視線のビームと格闘する。時間は11時56分、A☆Sのステージが終了し、観客がにわかに動き出す。筆者もそそくさにステージ前を離れ、仲見世に向かって猛ダッシュで移動を開始

東海道2-42つの信号をタイミングよく渡り、アーケードの入口を抜けて、11時59分、スタート地点に到着した。こりゃワールドレコード更新だな、なんてほくそ笑んでいると、突然「TAMさ~ん」という声がどこからともなく聞こえた。しばし周囲を見回す筆者、そしてもう一度「TAMさ~ん」という、さっきより大きな声がした。周りの人が一斉にこっちを見る 声の主は地方車の上にいた。ファンキ・・・、いや、某スーパー振付師が、こちらに向かって豪快に手を振っていた。恐るべき千里眼、今年のよさこい祭りでも何度か発見されてしまったが、酔い明けの沼津でもその能力は全く衰えてなかった。ちなみにこの方と前述の先生は姉妹の関係、その目線の鋭さは甲乙付けがたい。

東海道2-5スタンバイする日専連、速攻で撮影許可証(ただのガムテープ)を貰って、地方車の後ろで待機する。仲見世は狭いので隊列は2列、それでも沿道の観客ギリギリで、時に買い物のおばちゃんが列の中を横切ったり、自転車が脇をすり抜けたりする。よって地方車の真後ろしか撮影する場所がないのだが、ちょうど沿道に空いてるスペースがあったので、後半はそこに膝を立てて撮影をしていた。と、再び誰かが「TAMさん」と呼びながら肩を突っつく。今度は優しい声、思わず振り返ると、そこには綺麗なお嬢様がいた・・・、というか、一瞬そんな風に見えた。某チーム代表&先生、私服を見慣れてないせいか、いつも以上に美人に見えた。今日はフリーで沼津に来たという。きっかけは「Yes! Fall'n Love!」、日専連の隊列が会話する二人の脇を通り抜けて行った。 【つづく】

<< よさこい東海道レポート(3)~終わらないサンセット~ | ホーム | よさこい東海道レポート(1)~狩野川は今日も雨だった~ >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 BLOG TOP