よさこい祭り


神戸税理士が送るよさこい

プロフィール

TAM

  • Author:TAM
  • 製造◆昭和良年長月晦日
    形式◆男性♂
    住所◆関東州横浜市
    出身◆四国州新居浜市
    仕事◆広告業
    趣味◆旅行、写真、ギター
    性格◆冷静かつ大胆
    出没◆横浜・川崎界隈
    好物◆讃岐うどん
    常備◆富士ミネラル麦茶

    本家◆広告業界渡り鳥

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
img167.jpg

今さらこんな説明をする必要はないと思うが、よさこいは高知の祭りである。最近は全国にいろんなよさこい系の祭りが出来て、地元の祭りを駆逐してしまうような勢いで広がり、本家を知らない人も多くなった。手に鳴子を持って、よさこい節のフレーズを入れた楽曲で前進踊りをする、これがよさこい鳴子踊りの基本。これに北海道のソーラン節を入れたものがYOSAKOIソーランで、初夏に行われる札幌の代表的な祭りとなった。北海道内でよさこいがブレイクし、次第に本来のよさこいとは違うスタイルに変化しながら、それが全国に広がっていった。そして東京、名古屋、大阪、仙台、福岡、新潟、金沢等、日本の主要都市を網羅し、さらに周辺都市や過疎地にまで浸透していく・・・。

「よさこいって札幌で始まったんだっけ!?」、「あのド派手なメイクで激しく踊るヤツでしょ」、関東地方ではこんな会話が交わされる事がよくある。これは全然違う。でもよさこいに関わってない一般人の認識は大体こんなもので、「正調」なんて言っても何の事だかわからないのだ。今全国で行われているよさこいは、高知のよさこいでなく、札幌のソーランに近いスタイルが主流となっている。高知のよさこいと札幌のソーランの違いは踊り方にあり、開始地点から終了地点まで連続して踊り続けるのが高知(よさこい方式)、一演舞を一区切りとして停止・移動をするのが札幌(ソーラン方式)。よって高知は流しが中心となった優雅な踊り、札幌はステージを主体とした激しい踊りとなっている。

現在高知方式を取り入れているのは本家の他、原宿、坂戸、日野等首都圏の一部と、沼津、柏崎など。ただ上記のような事情から、これらの地区では高知系とソーラン系のチームが入り乱れ、流しがうまくいかないなどの弊害が出てきている。本来よさこいは流しが基本で、狭い商店街や路地でも踊りながらうまく進んで行けるようになっている。よって高知には流しが不得意というチームというのは存在しない。着流しスタイルで歌舞伎のような隈取メイクをし、鳴子を持たずに大爆音で激しく踊って自己陶酔に浸る、こんなのはよさこいではない。ステージでパフォーマンスを行い、順位を競うのはダンスコンテスト。よさこいとは阿波踊り同様、情緒ある夏の風物詩的踊りであり、祭りなのである。

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

<< よさこいへの道~激走2300キロ~ | ホーム | ひのよさこい祭 >>

コメント

わぁー!笑楽だー!!

びっくり!写真は笑楽04じゃないっすかー!?
すんません、わたしも高知のチームで一番好きなチームのひとつなんです、他のチームとは違う、独創性をすごく感じるチームなんです。
ちなみに、チームゲット、アートウェイブ、笑楽が高知の三大チームと自分では思っていま~す(笑)あっ、四大チームにすると、高知大丸が入りま~す。

笑楽と響楽

笑楽のスタイルっていいですよね。
実は前から疑問なんですが、坂戸の響楽って笑楽によく似てますよね。
ひょっとしてこの両チームは姉妹関係なんでしょうか?
「笑楽笑楽よろしくねっ!」というフレーズがそのまま
「響楽響楽よろしくねっ!」というかたちで使われてまして、
ちょっと驚きました。

♪いちじゃもの~~~♪

TAMさんが笑楽好きでホントよかった!!
でも、普通、高知好きの人って、「ほにや、えびしば、十彩」のメジャー三大チームが好きなんじゃないんですかぁ~?なんでTAMさんは笑楽が好きなのか、もしよろしければ教えていただけませんか?

高知スタイル

もちろんほにや、ゑびしば、とらっくなどの人気チームも好きですよ。
でも笑楽ならではのまったり感というか、
あのテンポは妙にしっくり来るんです。
和建設やユニオンジャックといった独自の和風テイストや、大橋通りのような丁稚スタイルも好感が持てます。

写真は初日の梅ノ辻で撮ったもので、この時はとらっく→笑楽→おきゃく屋→大橋通り→須賀連→本丁筋という豪華な顔ぶれのリレーが実現しました(^^)v

追加情報(笑)

高知系に能登と神戸を足してくらはい(笑)
かたや、ソーラン支部(笑)日本海トーナメント一色の石川県で「出島」のようなお祭り。
ソーラン系からの「上位チームの脱藩組」が相次いでました。
第一回目の神戸と元町ではストリートや商店街が
まるで帯屋町筋化(笑)今後に期待大ですよ♪

南中(花柳流?)ソーランもよさこい誤認識の
ひとつかと。

全国高知化計画

全部入れると長くなるので、一応「など」で括りました(笑)。
そういえば去年の全国大会に出た「ぞっこん町田」や「飛天龍」も
元々はソーラン系だったんですよ。
全国的に見ても高知スタイルにチェンジしていくところが増えてきましたね。
この傾向は今後も加速するものと思われます。
やっぱり祭りはみんなが楽しくなきゃ!

ぞっこん町田

もソーラン系だったのですか!
初めて観たのが三、四年前の沼津。
かっこよかったなあ(遠い目)

当時はよさこいビギナーでもあり、沼津の
掲示板が活発だったから、高知聖ってHNで
これぞ!って発見したチームに対して
「ぞっこん、いい!上総組いい!踊り侍頑張れ!」
ってせっせせっせと書き込みました(笑)
>この傾向は今後も加速する
たぶん、そうなるでしょうね、スローペースで。
みなさん、「スタートマークとエンドマーク」に
制約され、競いあうのに疲れてくるでしょうから。

ちなみに、わたしは浮気性だから、それぞれの
チーム(祭りではなく)が好きですよ(笑)

俳句でいえば、有季(鳴子)定型(流し)に
無季や自由律系が帰っていくように(笑)

おきゃくや

ってチーム、いいですよ♪
あああ、ユニオン、ゲット前夜祭にでないかなあ(笑)
だって、ユニオンがトップででて、中間でだれるときにゲットがでれば、まさに「祭り」じゃん?(笑)

寄っちょれ

ぞっこん町田'98は名前のとおり1998年にできたチームで、
結成から3年間はよさこいソーランにも遠征してました。
スーパーよさこいに出てきた時は、もう今のスタイルに近かったと思いますよ。
で、その翌年から高知へ遠征するようになりました。

おきゃく屋のMC氏は知り合いでして、ここにもカキコが入ってます。
フラフ職人&シンガーソングライターやってるんですけど、
これ聞いて本人が出てくるかな?(笑)

このスレッドのトラックバックを押してみてください。
今年のおきゃく屋の楽曲(デモ版)を聞く事ができます。
歌はもちろんご本人(紺屋茂兵衛)が歌ってますよん。
では今年もまたよろしゅうに♪

同感

うわ、1年前の記事にコメント!
わざわざカキコど~もです(^^)

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。