よさこい祭り


神戸税理士が送るよさこい

プロフィール

TAM

  • Author:TAM
  • 製造◆昭和良年長月晦日
    形式◆男性♂
    住所◆関東州横浜市
    出身◆四国州新居浜市
    仕事◆広告業
    趣味◆旅行、写真、ギター
    性格◆冷静かつ大胆
    出没◆横浜・川崎界隈
    好物◆讃岐うどん
    常備◆富士ミネラル麦茶

    本家◆広告業界渡り鳥

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
img1357.jpg

よさこい祭りの日程は8月9日~12日。お盆の前なので休みが取りにくく、今年のように全日程平日開催となるとさらにやっかいだ。なんとか休みが取れた場合でも今度は宿の確保が難航し、旅行代理店を駆けずり回ったり、延々とホテルに電話をし続ける事になる。もちろん現地までの交通手段を確保しないといけない事は、いうまでもない。しかし幸いな事に筆者は愛媛出身で、実家が新居浜にある。一昔前までの高知-新居浜間は移動手段が限られていて、特急列車を2本乗り継いでも4時間近くかかっていた。それが高速道路が開通し、状況は一転した。車で走れば距離は100キロ、うまく走れば1時間で高知に行く事が可能になった。つまり宿が取れない時は実家に泊まって、高知まで車で往復すればいい事になる。

但し問題はある。横浜から新幹線で実家に帰ると、実家からの足がない。レンタカーという手段も考えられるが、これも繁忙期、特に盆の前後は確保が難しく、費用も割高になる。となると自分の車で走って帰るしか方法はなく、必然的に日本列島縦断&大渋滞の旅が待っている。横浜-新居浜間は往復1700キロ、新居浜-高知間は200キロで、これが3日で600キロ、つまり合計2300キロを運転する事になる。東京-徳島間のフェリーは時間がかかるし、料金が高い上に2等寝台がある便が2日に1便しかない。どのみち予約が取れないので、選択肢は自走しかないようだ。

<< よさこいへの道~レンタカーの選択肢~ | ホーム | よさこいは高知の祭り >>

コメント

ご苦労さまです(笑

頑張ってチケット確保やら交通手段やら・・・
涙モノです(笑)
お天気がいいことを祈っています!

よさこいは高知から始まったことは知っていますが
流しスタイルだとは初めて知りました。
ホントに勉強になります。スゴイ!

最近では鳴子の他に何か使うスタイルが定着しつつありますね。
扇子とか傘とか。
いったい衣装のどこに装着してるんですかみたいな。
そういうアイテムならまだいいけど
アクロバット系の踊り見ちゃうと・・・
ずいぶんかけ離れたなーってある意味パフォーマンスとして
感心してしまいます。


灼熱の高知

ほとんど「水曜どうでしょう」の世界です。
準備の苦労、行く間の珍道中はドキュメントになりそうですね。
去年は最後台風に祟られ、四国島内に2日間閉じ込められてしまいました(笑)。

よさこいの基本は流し、これは阿波踊りに源流があるからで、
ノンストップでルーピングするのが原則です。
曲が止まる事なく延々と流れるので、ゴール地点までずっと踊り続け、
最後尾の人が地方車の横をはけて行くまで続きます。
高知には距離の長い流し会場が多く、
1キロにも及ぶ流し(愛宕競演場)もあるので、
止まらず踊り続けるのは体力も根性もいるんです。
去年は39度の灼熱地獄で、熱中症で倒れた人もかなりいました。
でもそこまでして踊るのが高知なんですよね。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。