よさこい祭り


神戸税理士が送るよさこい

プロフィール

TAM

  • Author:TAM
  • 製造◆昭和良年長月晦日
    形式◆男性♂
    住所◆関東州横浜市
    出身◆四国州新居浜市
    仕事◆広告業
    趣味◆旅行、写真、ギター
    性格◆冷静かつ大胆
    出没◆横浜・川崎界隈
    好物◆讃岐うどん
    常備◆富士ミネラル麦茶

    本家◆広告業界渡り鳥

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

サマフェス① サマフェス② サマフェス③

7月21日は川崎大師サマーフェスタの日。恒例のサンバパレードをはじめ、スタンプラリーや抽選会、ステージ、飲食など、様々なイベントが行われる。そして今年、その開催日が川崎大師風鈴市(7/17~7/21)の最終日と重なって、過去最高レベルの人出となった。5日間に渡って開催される風鈴市は、全国47都道府県の風鈴をもれなく網羅し、人が群がって風鈴近寄るのも大変な状況。よっておもてなしの冷茶だけを貰って、会場を一周しながら遠めに写真だけ撮る。

サンバパレードは午後3時からなので、その間仲見世を物色したり、川崎大師周辺を散策し、適度に時間を過ごす。そしてサンバ開始10分前、会場であるごりやく通りに行ってみると、スタート地点にはカメラやビデオを持った多数の追っかけ爺が群がっていた。ゲロゲロ! これじゃ見るのが大変だし、汗だく爺にまみれたくないので、スタート地点より少し下って最適な位置を確保する。  

サンバはよさこいや一般のパレードとと違って、音響車や照明を使わない、生音源のエコロジーなイベント。しかし踊り子を追っかるカメラ爺の数がハンパなく、沿道に溢れる観客をかき分け分けて、怒涛の如くその列(ケツ)を追いかけて行く。恐るべし明るいナショナル・光る東芝の団塊爺、時代はエコロジーからエロジジイへ

サマフェス④ サマフェス⑤ サマフェス⑥

◎川崎大師観光案内センター
http://kawasakidaishi-kanko.com/index.html

<< ひのよさこい祭~猛暑と豪雨で大わらわ~ | ホーム | 坊主乱舞とフラダンス~總持寺み霊祭り盆踊り大会~ >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 BLOG TOP