よさこい祭り


神戸税理士が送るよさこい

プロフィール

TAM

  • Author:TAM
  • 製造◆昭和良年長月晦日
    形式◆男性♂
    住所◆関東州横浜市
    出身◆四国州新居浜市
    仕事◆広告業
    趣味◆旅行、写真、ギター
    性格◆冷静かつ大胆
    出没◆横浜・川崎界隈
    好物◆讃岐うどん
    常備◆富士ミネラル麦茶

    本家◆広告業界渡り鳥

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

img50s.jpg

武政英策、よさこいをやっている人でこの人の名前を知らない人はいないだろう。「よさこい鳴子踊り」の楽曲制作者であり、鳴子をはじめよさこい祭りの基幹部分を考案した人でもある。後に「南国土佐を後にして」の作曲にも携わり、それが大ヒットする事で、高知の文化を伝える伝道師として大きな役割を果たしてきた。まさによさこいを創った男、それが武政英策なのである。

高知の人というと「豪快で心の広い」人をイメージしてしまう。よさこいを創ったのはどんなに熱い男だったんだろう、なんてにわかに想像してしまうが、実は武政英策は高知の人ではない。彼は生粋の愛媛県人、よってその本質は「穏やかで勤勉な」伊予人気質で、わずか5日間でよさこい鳴子踊りを完成させた事も、その人と成りを表しているように思える。彼が高知に赴任したのは38才の時で、商工会議所から仕事の依頼が来た時は47才になっていた。この9年間の高知ウォッチングこそが「よさこい」の基幹部分で、他県人から見た典型的な高知がその曲に表されている。祭りのモデルとなったのは徳島の阿波踊り、基幹を作ったのは愛媛の人、これがよさこいの始まりだった。

<< よさこいウイルス蔓延 | ホーム | 南中ソーランは九州生まれ >>

コメント

が新(真)をつくる。
と、おもってます。
>「豪快で心の広い」
竜馬を創ったのは司馬遼太郎。
鯨海酔候=山内容堂もある意味同じ。
ただし司馬さんの「漢の典型」を描いた理由は
敗戦時の落胆(優れたリーダーがいなかった)

その意味で武政さんはずばり、かと(笑)
「いいモノは残る。悪いものはいずれ消える」
という至言は、わかもの、ばかもの、がやろうとしている「新」を年寄りが邪魔をするな。
とのいましめかと。
ま、ご自分への
「なかにいると外が見えない」ともいえますね(笑)

淘汰

「井の中の蛙」坂本龍馬が脱藩したのは同じ理由なのでは!?
武政英策は愛媛、東京、京都を見て高知に入った、
だからこそ高知の文化に敏感だったと思われます。

よさこいの自由な発想、楽曲まで自ら崩し変化を求めた。それがさらに進化し、他所でYOSAKOIと表記を変えてダンスコンテストとなる。元々商店街振興のために創ったものなのに、祭りそのものが商業化され巨大化する。さすがの彼もこんな事になるとは予想もしてなかったでしょう。
「いいモノは残る。悪いものはいずれ消える」という言葉通りなら、この先どうなるかは容易に見えてきますね。

操作ミスなのか、以下が正しい(笑)
よそもの、わかもの、ばかもの が新(真)をつくる。

ネームとサブジェクト

ハンドルネーム・タイトルが入ってないですが、
レスは「道」さんでよろしいでしょうか?(笑)

カンニン!

ブログって高知のよさこい祭りみたい。
そのこころは?
自己責任(笑)

ふつーの板だと、未記入部分を「おじさーん、全部書かんと、あきまへんでー」って注意してくれるんやけど、ほっといたらそのまま♪行ってきまーーーす(笑)

以上 粗チ・・・いや、ソクラテスの弁明(笑)

編集ボタン

画面右下の小さい[編集]というボタンを押してください。
前のカキコが出てくるのでそのまま修正できます。
パスワードを入れて送信!

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP