よさこい祭り


神戸税理士が送るよさこい

プロフィール

TAM

  • Author:TAM
  • 製造◆昭和良年長月晦日
    形式◆男性♂
    住所◆関東州横浜市
    出身◆四国州新居浜市
    仕事◆広告業
    趣味◆旅行、写真、ギター
    性格◆冷静かつ大胆
    出没◆横浜・川崎界隈
    好物◆讃岐うどん
    常備◆富士ミネラル麦茶

    本家◆広告業界渡り鳥

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

honiya.jpg

9月14日~27日の間で行われる横浜高島屋のほにやフェア。24日には「ほにや」チームも来場し、よさこい鳴子踊りを披露する。ステージは2回、今回は12時と14時という遅めの時間にセットされ、昨年よりも2時間15分遅いスタートとなった。

開始時間に間に合うように家を出て、高島屋前に着いたのが11時20分頃。休日の割には思ったほど人出はなく、正面入口の仮設ステージ前は、写真マニア!?と思われる何人かがうろうろしているだけだった。雨がパラパラしてきたので、店内で時間を潰して開始20分前に戻ってみると、ようやく準備が始まって人も集まり始めていた。ステージ正面に場所を取り、始まるのを待っていると、肩を叩かれたり名前を呼ばれたり、いろんな人から声をかけられる。さすが地元横浜、地味な格好をしててもすぐに誰だかわかってしまうようだ。

12時ジャスト、司会者とチームが現れ、いきなり演舞が始まる。人数はミニマム編成の14人で、狭いステージを縦横目いっぱい使って踊る。雨で床が滑りやすくなっているため、全員草履を脱いでの演舞となり、昨年のスーパーよさこい以来の濡れ足袋姿を見る事になった。最初の演目、「お伽草子」がおわり、司会のおねえさんとほにやスタッフによる簡単な質問&説明タイムとなる。次の演舞は正調よさこいだったので、司会のおねえさんが打ち合わせ通り!?「正調ご覧あれ~」とやって、場内大爆笑。ぎこちないのはご愛嬌、でもそれは「お伽草子」の時だけでええよ、と心の中で突っ込んだ。

12時の部はお伽草子2回と正調1回を踊って終了、約20分の短いステージだった。14時の部までは時間があったので、駅周辺や高島屋館内を散策し、適当に時間を潰して再びステージ前へ。開始20分前、雨がやんだせいもあり、ステージは360度を人に囲まれて大盛況。わずかな隙間を見つけて、今度は脇から見る事にした。2回目のステージは予定より少し早めに始まって、1回目と同じ順序で踊りは行われた。3曲目を終わったあとにアンコールがあり、最後にもう1回「お伽草子」を踊ってこの日のイベントは全部終了。同日開催の荒川よさこいが雨天順延になったせいもあり、現地はよさこい関係の人間で溢れていた。 横浜高島屋だけに、自らのチーム「薔薇姫」も出してもらいたいところだ。

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

<< 鳴子の産地は香川県 | ホーム | 東京よさこいは雨が好き >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP