よさこい祭り


神戸税理士が送るよさこい

プロフィール

TAM

  • Author:TAM
  • 製造◆昭和良年長月晦日
    形式◆男性♂
    住所◆関東州横浜市
    出身◆四国州新居浜市
    仕事◆広告業
    趣味◆旅行、写真、ギター
    性格◆冷静かつ大胆
    出没◆横浜・川崎界隈
    好物◆讃岐うどん
    常備◆富士ミネラル麦茶

    本家◆広告業界渡り鳥

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

P1010386.jpg

ちばYOSAKOI、この横文字が示すとおり、ゲストから出場チームまでその多くがソーラン系。今回はパスしようかと思っていたが、エントリーチームを見てみると、知ってるチームや興味をそそられるチームがいくつかあった。ゲストは昨年同様YOSAKOIソーランのトップ3チーム、高知からはよさこい塾も来るというので、1日だけでも見ておくべきか? そう考えてたところに、東京モーターショー会場の情報が入ってきた。開催年は必ず足を運んでいるモーターショー、今年はその会場内でよさこい鳴子踊りが披露されるという。演舞をするのはゲスト4チーム(新琴似天舞龍神、パスキー&北海道医療大学、wamiles踊り子隊美翔女、よさこい塾)+甲斐◇風林華山・・・、最初は行かないつもりだったが、よく考えてみるとこれはラッキーな事で、30日に幕張メッセに行けば、モーターショーもよさこいも見られる。一挙両得で商売繁盛!? という事で日曜の朝は早々に家を出た(笑)。

海浜幕張の駅に着いたのが9時半過ぎ、モーターショー会場までしばらく歩き、2時間ほど会場内を見て回る。よさこいの開始時間は12時なので、余裕を見てイベント会場まで行くと、そこではまだバイクのショーをやっていた。開始10分前にそのショーは終わり、前の客が掃けたところで最前列の席を確保、演舞が始まるのを待つ。12時5分前、ステージ脇の大型スクリーンに「YOSAKOI鳴子踊り」という文字が出た。YOSAKOI鳴子踊りって何? それをいうならよさこい鳴子踊りだろっ、と思いながら、ここがソーランの新拠点、千葉である事を再認識した。高知でも数年前はYOSAKOIという表記はあった。しかし札幌が一方的にYOSAKOIソーランを商標登録してから、ローマ字は殆ど使われなくなった。つまりここはソーラン系・・・、そんなことを思ってるうちに時間になる。12時ジャスト、ステージに最初のチームが現れ、唐突に演舞が始まった。場内アナウンスはなし、司会進行役は不在、観客はただ見てるだけ。たまたまステージ前に来た人が多いんだろうけど、何とも不思議なムードの会場は、最後まで盛り上がる事なく終わった。

ステージ終了後、モーターショー会場を一度出て、海浜幕張駅前に移動。周囲に会場の案内が全然ないので、駅前を何度も周回し、ようやく駅の裏に会場があるのを発見した。駅前にしては意外にまったりとした会場で、人垣の前に座れるスペースがあったので、そこに入り込んで8チームの演舞を拝見。休憩のため再びモーターショー会場へと戻り、適当に時間をやり過ごして千葉の本会場へと向かう。

中央公園会場、ここは悪名高き桟敷席のあるメインステージ。桟敷席の料金は前列1,000円、ファイナルは入替制でさらに2,000円払わないと見る事ができない。たかだが千葉のよさこい如きで桟敷席? しかもなんだこのバカ高い料金は! 札幌のシステムをそのまま取り入れたつもりなんだろうが、わざわざこんなものを作ると邪魔になって、後から来た人が見られないじゃないか。おまけに桟敷席とその後ろにいる一般客の間を学生スタッフが走り回り、集中して演舞が見られない。観客をなぎ倒すように無理やり割って入って、人の足を踏んだり肘鉄を食らわしたりもうやり放題。筆者も都合3回これを食らって怒り心頭。他の会場でもガムをかみながら横柄な仕切りをするスタッフ、質問する観客にタメ口をきくスタッフなど、もうその活躍ぶりには開いた口が塞がらなかった。トドメはステージ演舞中に、十数人が体を張って強引に列に割り込んできた事。観客の入替とはいえ、まだチームが演舞してる最中なのに何をやってるんだ!? 全国色んな祭りやイベントを見せて貰っているが、こんな仕切りは今まで見た事がない。一体どんな指示の元に動いてるんだ? 肘鉄を食らわしてきたあのスタッフの事は、これからしばらくトラウマになりそうだ。

怒り心頭なのは自分だけかと思っていたら、多くの観客が同じような不快な思いをしていたようだ。よさこい関係の各ブログには、それらの事が如実に書かれている。こんな事をやってると、千葉には観客が足を運ばなくなるだろう。運営は学園祭レベル、出演者は楽しかったかもしれないが、観客はそんなところをちゃんと見てる。「学生ボランティアが一生懸命やってる」なんて話は、現場にいた人間には通用しない。有料化は商業主義の始まり、札幌の二の鉄を踏むのか千葉。

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

<< よさこいトリビアの泉 | ホーム | ちばYOSAKOI審査結果 >>

コメント

本当の意味で「お疲れさま…」

はぁ、私よりもっと酷い状況の人がいた。
心中お察し申し上げます。

学実のBlogにトラバしようかな…
なんて考えた今日この頃。

でも、伝えないとわからないしな。
(伝えても理解してもらえないかも?)

トラバの件、ちょっと考えてみます。

千葉へ行った事を深く反省

あ、その節はど~も(笑)。

こちらはしばらくトラバ切っていて、実験的に復活させてます。
ここが荒らされるようならまた切りますけど。
でもこれってマジな話なんスよね~。
こんな事なら、おとなしく東京モーターショー見てればよかった。
もう千葉へは行きません。

そじゃなくて

早速のご返信、どうもです。
学実のBlogがあるんですけど
(私のBlogにリンクを置いてます)
そこに私の記事をトラバしようかな?と思って。

でも、気分を害しそうで…

ハハハ!

うちは千葉やソーラン関係の人は見てないので(爆)、
たぶん大丈夫でしょう。
でも気分を害するような事をしている運営スタッフが一番悪い!
某チームが出なかった理由がよくわかりました。

ぎゃーッス!TAMしゃーん!

TAMさん最高ーーー!!!だーーーはっはっはっぎゃははは!!!なんかマヂ面白い人ですね~。ここまで書くッ??
はぁ~~~いやいや~ホントに大笑いでした、あの千葉YOSAは。ま、最低の催しでした。
なんたって、運営スタッフがガムクチャクチャ噛みながらですよ、てめーら歩道に足出すな!って・・・おめーこそそのガムを口から出して話せや~って・・・。大体スタッフのおめーが一番見物の邪魔なんだよ。
そりゃーわかりますよ、わたしだって踊り子なんすから、足に引っかかって、踊り子ちゃんがころんだりしたら、大変なことくらい。
でもね、893さんじゃないんだから、言い方があるべよ言い方ってもんが。ねー。
あの運営じゃ、踊っているチームがかわいそうですね。

惨状

いや~、さすがに今回はキレました。
これは多くの観客が感じてる事で、この事件も氷山の一角なんですよ。
正直実行委員会に詫び入れさせたいくらいです。
(マジでその場で注意しようと思いましたから(グッと我慢))
おざぴーさんを含め、チーム関係者もかなり見に来てましたね。
皆さんこの惨状をどう思ったんでしょ。
参加チームは全然悪くないのに、運営がこれだとね・・・、
ホント、チームも観客も来場者みんな可哀相っス。
CHIよRENの掲示板もなんとなく荒れ模様!?

皆さまへ

さぁて、これを書いた後いろんな反響があった。殆どが筆者に同情的な意見。
ここ見てるのはチーム代表や広報、高知のよさこい関係者が多いので、
あまり下手な事は書けないし、書くのも勇気がいる。
しかしそれをあえて書いたのは、現場に「暴力」があったから。
お互い体を張って祭りに参加するのは新居浜祭りだけでよい(笑)。
しかし無抵抗な人間に絶対手を出してはいけない。これは大原則。
もうひとつ、暴力とは手を出す事だけじゃなく、「言葉」もそう。
ものの言い方ひとつでそれが相手を不快にさせる事だってある。
最終審査の時、ある学生チームが発した言葉を、多くの人が聞いたと思う。
あれも暴力、審査員はもちろん、現場にいた人全てが不快になったハズ。
スタッフの言葉遣いまで気が回らない、なんて事言わないでよ管理の方。

もうひとつ。桟敷席の料金について。
祭りにはお金が要る=有料桟敷席を作る、割と簡単な発想。
もちろん高知にも桟敷席があって、追手筋では有料になっている。
ただこの料金は適正なもので、時間に対して安価、
特に商売をするのでなく、有料にする事で会場の混雑を緩和させる効果もある。
千葉の場合は料金を払っても、わずかな時間のファイナルのためにさらに2,000円を払う必要がある。これが適正かどうかははなはだ疑問、最前列のカメラマンは払うかもしれないが、筆者はそこまで払う気にはとてもなれない。

横浜で開催しているハマこいは、チームからの参加費も
観客からの料金も一切取らない。
もちろんメインステージ前のシートも入場無料。
この仕組みがどうなってるのか、主催者はもう少し勉強して欲しいと思う。
(筆者は関係者から聞いている)

最後に朝霞の荒らし君、貴重な意見ありがとう。
マジレスしようかと思ったんだけど、カキコの文面が見ている人を不快にさせるので、ガイドラインに従って消去。上記意見を参考にされたし。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP