よさこい祭り


神戸税理士が送るよさこい

プロフィール

TAM

  • Author:TAM
  • 製造◆昭和良年長月晦日
    形式◆男性♂
    住所◆関東州横浜市
    出身◆四国州新居浜市
    仕事◆広告業
    趣味◆旅行、写真、ギター
    性格◆冷静かつ大胆
    出没◆横浜・川崎界隈
    好物◆讃岐うどん
    常備◆富士ミネラル麦茶

    本家◆広告業界渡り鳥

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
daihuji.jpg

本祭の開始時間は早いので、朝7時代に家を出て、沼津に着いたのが10時過ぎ。日専連のスタートは駅北会場なので、北口改札を抜けて通りへ出ると、ちょうど舞坂戸連のバスと遭遇。連長・他に軽く挨拶をして会場へ入り、待ち合わせていた某カメラマンとの用事を済ませていると、沿道にいたいちょうの会(じょいそーらんグループ)の面々に遭遇。沼津にはエントリーしてないので、見物がてらやってきたという彼らとしばし話をして、日専連の待機場所へ急ぐ。

前日の交流会で「大笑」を取った余韻なのか、どこからともなく「命の水」の甘い香りがする・・・、まさか朝まで? そんな心配をよそに余裕の笑顔でやってきたサンシャイン吉田先生(改名)、「紅蓼蜂王精」(韓国のドリンク)が効いてるのか、今日もやたらと元気がよい。開始時間まであまり時間がないので、チーム全員の集合写真を撮って、そのままスタート地点でスタンバイ。出番は2番目、ここは会場の距離が短いので、他の会場のように激しく会場内を走り回るという事はない。演舞が始まり、地方車の横や後ろに入って撮影開始。しかし撮影中に何度もスタッフに呼び止められ、場外へ出るよう指示がある。あのね~、チームのスタッフ証胸に付けてるんだから、よく見てよね。ここはマナーの悪い粘着爺排除のため厳しく取り締まっているんだけど、撮影中3回もこれをやられると流石に煩わしくなってくる。しょうがないので途中からゴール地点に移動して、ズームで流しきるところを撮影する事にした。

日専連のあとは「ぞっこん町田'98」「とらっく」「颯爽JAPAN」という、高知&高知参加組の豪華顔ぶれ。沿道からしばしそれを見ながら、次の撮影に備えてスタンバイ。スタート地点にいるのは「舞坂戸連」。他チームのスタッフ証では沿道の中に入れないので、今度はチームの衣装を羽織って撮影する事になった。これで会場スタッフも文句はなかろう(笑)。荷物を沿道の知人に預けて、目立たないよう地方車の影からゴールまで写真を撮りきる。後続の「大富士東麻祭組」を見るためスタート地点まで戻ると、派手な紅白幕の地方車の後ろに、大先生の姿が見えた。今日もトップを務めるらしい。「ちゃんちゃらおかしくもなきこの世をちゃら面白く」という件(くだり)どおり、軽快で楽しい演舞を見せてくれる。楽曲は三谷章一(雑音軒)、振付はアスティア(時久紀恵)、高知のゴールデンコンビの作品は、沼津の街にも妙にマッチするね~。ちゃんちゃらおかし~♪のフレーズが、いつまでも頭の中でルーピング♪

次の会場のイシバシは撮影不能でパスし、いちょうの会・他の面々と一緒に、会場が集中する南口方面に向かう。アーケード会場へ行くと、スタート地点に「踊って弥雷」がいたので、適度に愛想を振りまいて沿道脇に座ってしばし観覧。この会場は両側に屋根があり、その前に緑色の長い絨毯が引いてある。つまりこれが桟敷席ってワケ(笑)。沿道は人がいっぱいでも、桟敷席は適度に空いているので、見たいチームがあれば前に行けば必ず見る事ができる、これが沼津のいいところ。両脇は商店街なので、総菜屋などで食べ物を買ってきて、まったり弁当でも食べながら演舞を見るのもいいもんだ。この会場、レトロでいい感じ♪ 

数チームを見た後、隣の魚町・仲町会場へ行ってみる。この会場は4車線フルに使っているので、広くてとても見やすく、歩道があるので流しを追いかけながら見る事もできる。ちょうど演舞をしていたのが「静岡どっこいしょ」で、よく見ると中に見たような輩が何人かいる・・・、適当にショット。このあとが「横浜百姫隊」だったので、スタート地点からゴールまでを沿道から流し撮りしていた。その時後ろから誰かが背中をつっつく。振り返るとそれはFunnyメンバーだった。先ほどの「静岡どっこいしょ」の中に紛れていたらしく、周囲に内緒で参加していたらしい。どうりで見た事があるわけだ(笑)。「ネットでよさこい」チームも同じような状況で、すれ違うたび声をかけたりかけられたり、一体ここがどこなのかよくわからなくなってきた。(続く)

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

<< よさこい東海道レポート(本祭・後編) | ホーム | よさこい東海道レポート(前日祭) >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。