よさこい祭り


神戸税理士が送るよさこい

プロフィール

TAM

  • Author:TAM
  • 製造◆昭和良年長月晦日
    形式◆男性♂
    住所◆関東州横浜市
    出身◆四国州新居浜市
    仕事◆広告業
    趣味◆旅行、写真、ギター
    性格◆冷静かつ大胆
    出没◆横浜・川崎界隈
    好物◆讃岐うどん
    常備◆富士ミネラル麦茶

    本家◆広告業界渡り鳥

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
KARINOGAWA.jpg

魚町・仲町会場から再びアーケードに戻り、「原宿よさこい連」を見て、そのまま隣の仲見世会場へ移動。多少進行が遅れているのか、そこには会場入りしたばかりの「日専連」がいた。スタート地点でしばらく待って、地方車の後ろへ・・・、と思ったら、今日は昨日よりさらに観客が増えていて、沿道の視線も気になる。結局地方車のデッキに乗って、そこから視界固定で撮影・・・、また同じような写真ばかりになってしまった。

お昼過ぎ、なかなか食事をする時間がないので、商店街で食べ物を物色しながら狩野川ステージまで移動。ここも少し進行が早くなっているのか、着いた時には見ようと思ってた「とらっく」の演舞はちょうど終わったところだった(絶句)。う~ん、これは昨日と同じパターン、商店街をウロウロした事が災いしたようだ。気を取り直して受け取った弁当を開き、もの凄い勢いでかきこむ。1チームの演舞の間に全てを平らげ、「上總組」から撮影を再開。といってもこの会場は撮影条件が悪く、たまにはゆっくり見たかった事もあり、要所でしかシャッターを押さなかった。「日専連」の演舞時にのみステージ正面に移動して、数十カットを撮影しすぐに撤退、次のアーケード会場へ移動。

狩野川会場は河川敷のせり上がりを利用した固定の演舞場なので、ステージは一番下とその上の段になっている。しかしコイツが曲者で、真正面に行くと後ろや横が見えず、横に行くと上の段の踊り子は背中しか見えない。以前ここは川の上にせり出したステージがあり、もう少し奥行きがあって、観客席からも見やすかった。しかし昨年、祭り前日に川の増水でステージが流されてしまい、この会場で演舞することは不可能となった・・・、そういう反省面からせり出しをなくしたのが今年のスタイル。良くも悪くも会場が一つ減るというような事はない。アーケード同様、弁当を食べながらまったりとステージを見るのが、この会場の風情。

アーケード会場のスタート地点には「横浜百姫隊」がスタンバイ。沿道を歩きながら演舞を見て、演舞が終わったあとは商店街を物色(食べ物以外)しながら再びスタート地点に戻る。「日専連」が準備を始めたので、地方車脇に入って流しが始まるまで待機。 この会場は審査会場なので、チームスタッフだからといっておおっぴらに撮影するのはご法度。なるべく目立たないよう地方車の陰から撮影し、審査員席の前では視界に入らないよう反対側に回り込む、これが基本。スタート直後から地方車に体を寄せ、進む踊りの列を遠めに見ながら、後ろ歩きでシャッターを切る。アーケードの中を進む踊りの列、迫ってくる審査員席、よく見ると審査員の中に見たような顔ぶれの人たちがいた。なるほど、これは審査結果が楽しみだ。このあとが「舞坂戸連」だったので、再びスタート地点に戻って、上着を借りて会場内をダッシュ。

日専連の演舞はここで終了、ようやくこれで最後の「とらっく」と「帯屋町筋」が見られる~♪ なんて思っていたら、魚町・仲町会場でもう1回ボーナス演舞があるという。あっちゃ~、これは時間がもろかぶり、さてどうするなんて考えてるうちに、もうチームはスタンバイしていた。会場は隣あわせ、1分で移動できるが流しの所要時間を考えるとかけもちは不可能。え~い、ここは沼津の祭り、こうなったら最後まで付き合っちゃえ!という事で、意を決して魚町・仲町会場入り。これで本当に最後、スタートからゴールまでしっかり御用納めで撮りきった。

フィナーレは狩野川会場で行われるため、演舞終了後すぐに会場移動。日専連の集団に紛れて、適当に時間を過ごす。そしてファイナル進出チームの発表が始まった。出場全75チーム、審査対象は72チーム、うちファイナル進出が11チーム、「日専連」の名前もしっかりと読み上げられた。という訳で、まだ終わりではなかった。ファイナル進出チームの演舞を見るために、条件の悪いステージの一番下の段に入って(そこしか空いてなかった)、そこから演舞を見る事にした。本祭で見損ねた何チームかの演舞もあり、ようやくここでゆっくりよさこい見物をする事ができた。全てのチームの演舞が終わり、審査発表待ち・・・と思っていたら、その間に招待チームの演舞があるという。らっきぃ!これでやっと高知の両チームが見られる。裏側から見るとらっく、背中に光る金色のしばてん飛脚が、やたらと眩しく目に映った。

いよいよ審査発表。11位~3位の発表がなぜか逆から読み上げられ、残ったのは「大富士東麻祭組」と「ALL☆STAR」の2チーム。大賞は当初の予想通り「大富士東麻祭組」だった。時間は午後7時半、帰りの電車がギリギリだったので、大賞演舞を見るのを断念し駅までの道のりをダッシュ! 間一髪で電車に乗り込み、汗を拭き吹き沼津の街を後にした。

よさこい東海道、ほのかに土佐の香りがする沼津の街、今年もえい祭りだったね。心残りはのっぽパンが買えなかった事と、交流会に出られなかった事。それと丸天のかき揚げ丼が食べられなかった事かな。(食べ物の事ばっかじゃん) 今度は祭りと関係なく、ゆっくり沼津の街を散策してみたいと思う。(完)

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

<< YOSAKOI秋祭り in ツインリンクもてぎ | ホーム | よさこい東海道レポート(本祭・前編) >>

コメント

ありがとうございました。

いや~。ちっとばかり感動しながら読ませていただきました。
色々な思いが蘇ってきました。
ホントに二日間 びっしりと付き合っていただいて。。。
「え~い、ここは沼津の祭り、こうなったら最後まで付き合っちゃえ!」
を読んだ瞬間...ウルウルしちゃいました。。。
エエ祭りでした。
エエ人達に会えました。
エエ人達のサポートがあってこその日専連と言う事がよ~くわかりました。
そして、沢山のお客様にも感謝してます。

えい祭り~♪

レポート書いてて気付いたのは、
自分は観客じゃなくて完全に参加してたって事(笑)
沼津は観客も皆参加者だから間違ってないんだろうけど、
他所にはないような一体感がありました。
2日間楽しかった! でも本当の祭りは交流会だったりして・・・。

まだまだ写真などの作業があるので、
自宅ではいまだ沼津気分(笑)

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。