よさこい祭り


神戸税理士が送るよさこい

プロフィール

TAM

  • Author:TAM
  • 製造◆昭和良年長月晦日
    形式◆男性♂
    住所◆関東州横浜市
    出身◆四国州新居浜市
    仕事◆広告業
    趣味◆旅行、写真、ギター
    性格◆冷静かつ大胆
    出没◆横浜・川崎界隈
    好物◆讃岐うどん
    常備◆富士ミネラル麦茶

    本家◆広告業界渡り鳥

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
motegi.jpg

サーキットで行われる日本で唯一のよさこいイベント、それがYOSAKOI秋祭り。当初行く予定はなかったが、茂木行きの車に便乗できる事となり、よさこいでは初めて栃木県に出没する事となった。

ツインリンクもてぎ、それはとてつもなく遠いところだった。場所は半端じゃない山の中! こんなところで本当によさこいができるの?と思えるくらい、周りには何もない。会場はサーキット内としかアナウンスされてなかったので、現地に着いても場所がわからず、しばらく会場内をウロウロ・・・。結局ステージは3つあり、コンテストがサーキット内の直線コース、有機野菜を売っているところがメインステージ、子供達の遊技場がある芝生広場がサブステージである事がわかった。演舞順は当日抽選なので観客には発表されず、何が何だかわからないうちにイベントは始まっていた。

とにかく広い、広すぎる。サーキットの直線コースなんて一体どこまで流せばいいんだろう、と思っていたら、コンテストは固定でやるという。あら、何のためのサーキット? 当日多数のキャンセルがあり、それら多くのチームは流しを主体としているところ・・・、なるほど、これじゃ自分達の持ち味が出せないわけだ。結局一般の部参加は9チーム、ジュニアに至ってはわずか3チームという、こじんまりした大会となった。ジュニアの賞は2つで、何も貰えないチームがひとつ出る。手ぶらで帰る子供達が可哀想。 

てなわけで広大なサーキットで行われたコンテスト、グランドスタンドから見下ろす景色は壮観、でもなんか閑散としてて淋しいなぁ。せっかくここでやるならやっぱり流しでしょ。固定はないよね~。できればサーキット一周流しとか、流しタイムレースとか、そういうもっと面白い企画を考えて欲しいな。サーキットなんだから地方車レースなんてのもいいかも。車券を発行すれば、観客も一体となって盛り上がるはず!

コンテストの結果発表までは長~~~いインターバルがある。その間にあまり選択の余地のない食事をし(笑)、あとはまったり土産屋や野菜売場で時間を潰す。審査結果は以下の通り。グランプリ賞金の50万円は魅力的。でも会場が広すぎて、身の丈に合ってないような。(写真参照/中央に小さく見えるのが演舞中のチーム)

◎審査結果
グランプリ  甲斐◇風林華山
ツインリンクもてぎ特別賞  水戸藩YOSAKOI連
ヨサコイ特別賞  子鳩子兎 横浜百姫隊
しあわせ賞  蔵っこ
元気賞   リズム・オブ・ネイチャー

ジュニアグランプリ  城山Jr.クラブ
グッドパフォーマンス賞  横浜百若連 市ヶ尾玉若子

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

<< まだまだ続く年末のよさこいイベント | ホーム | よさこい東海道レポート(本祭・後編) >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。